イスラエルのスタートアップ ‐日本企業と連携 新ビジネスとは‐

2021年4月8日

シリーズ「売れるパッケージ」 世界が注目! エコに包む新技術

2021年3月25日

海外戦略の強みに! EPA活用 ‐コスト競争力を高めるポイント‐

2021年3月18日

オンライン商談会の歩き方 ‐これからの食品輸出 入門編‐

2021年2月25日

インフルエンサーが架け橋に! ‐イタリアとのオンライン商談会にひと工夫‐

2021年1月28日

指先から広がる海外ビジネス ‐カギはSNSの有効活用‐

2021年1月21日

それでもアフリカビジネスは止まらない

2020年12月3日

千葉県発の医療技術 世界へ挑む ‐国際連携で市場開拓‐

2020年11月26日

ピッチの極意教えます! ‐京都をヘルスケアのゲートウェイに‐

2020年11月12日

こんなところにビジネスの種が! ‐町工場の海外展開‐

2020年11月5日

スタートアップビザで創業都市へ ‐外国人起業家とつくる新たなビジネス‐

2020年10月15日

見えない脅威に挑む! ‐ウイルスから守る独自のノウハウ‐

2020年10月8日

世界に届け日本のプロダクツ ‐目指せ!! 動画で成約率アップ‐

2020年9月17日

不確実性増す世界経済とデジタル化の行方 ‐世界貿易投資報告2020年版より‐

2020年9月10日

おいしい+お得+社会貢献 ‐フードロスをビジネスで解決‐

2020年9月3日

「新しい日常」に技術を活かす ‐進み続けるスタートアップ‐

2020年8月27日

外資と組む! 海の京都のブランド化戦略

2020年8月20日

ドイツ×日本 対日投資で新たな展開へ ‐市場 その先には‐

2020年8月13日

コロナ禍だからって止まらない! ‐商社が探る新たな道‐

2020年8月6日

貿易取引で考えるリスク対策 ‐不可抗力に備えて‐

2020年7月30日

スタートアップの女性たちが描く新たな地図

2020年7月23日

海外進出する企業を守る ‐こんなときに役立つ「投資協定」‐

2020年6月18日

先を見据えた農業に挑む ‐GAPで新たなビジネスを‐

2020年5月7日

10社だからできる! SAGAの挑戦 ‐業種を超えた地域ブランド‐

2020年3月12日

革新のヒントは海外にあり ‐オープンイノベーションで課題解決‐

2020年2月6日

英語版もあります

日本企業の新たな担い手“高度外国人材” ‐選ぶ時代から選ばれる時代へ‐

2020年1月30日

防災に外国企業のアイデアを生かす ‐フィンランドと連携する仙台市の取り組み‐

2020年1月23日

英語版もあります

現代のシルクロードで広がる商機 ‐アゼルバイジャンをパートナーに‐

2019年12月12日

正月は二度来る!? 市田柿の挑戦

2019年11月28日

英語版もあります

発想の転換が生む 北陸の“新たな伝統工芸”

2019年10月31日

世界に羽ばたく 埼玉の麺!

2019年10月17日

世界が発見! 遠州織物 ‐伝統×創造で次世代へ‐

2019年10月10日

アフリカをビジネスのパートナーに! ‐TICAD7に見る新たな可能性‐

2019年9月26日

揺らぐ国際経済秩序とグローバルビジネスの今後 ‐世界貿易投資報告2019年版より‐

2019年9月19日

SDGs ビジネスの新潮流

2019年6月13日

シリーズ「日本のアニメ 次の一手」 VODから広がる“新”海外市場

2019年4月25日

世界へ発信! 福島の今 ‐Jヴィレッジを復興のシンボルに‐

2019年3月28日

和歌山テキスタイルの挑戦 ‐“ここしかできない”技術で世界のニーズをつかむ‐

2019年1月10日

外国人が三重に見つけた日本の魅力

2018年12月20日

英語版もあります

元気です北海道! そのおいしさを世界へ

2018年12月6日

英語版もあります

瀬戸内から世界へ! ‐海外バイヤーに響くデザインとは‐

2018年11月22日

柿くへば… おいしい奈良を再発見 ‐古都の味を世界に発信‐

2018年9月6日

秋田犬と枝豆の魅力を世界へ ‐インバウンドと輸出に地域資源を活かす‐

2018年8月30日

すき焼き応援県 群馬! ‐和牛とこんにゃくを海外へ‐

2018年6月28日

IT大国インドをパートナーに ‐グローバル展開と地域振興‐

2018年6月14日

四万十映画祭で地方創生 ‐映像の力で観光客を呼び込め!‐

2018年6月7日

まぐろの町を“Maguro”で復活! ‐神奈川・三崎が取り組むブランディング‐

2018年5月24日

英語版もあります

伝統を生かす! 新発想の商品で市場開拓 ‐彦根「仏壇」・大垣「木枡」‐

2018年5月10日

世界で輝く! 東京発のグラス ‐明治創業の老舗企業に学べ‐

2018年4月26日

知っておきたい貿易取引のルール ‐最近の改正事項を踏まえて‐

2018年4月19日

日本発のデニムを世界へ ‐伝統と職人技が息づく岡山・広島‐

2018年3月21日

ブランディングで再び世界へ ‐佐賀・うれしの茶の挑戦‐

2018年2月28日

常滑焼の魅力を海外に ‐組合とともに取り組む販路拡大‐

2018年1月17日

英語版もあります

福島から生まれる新たなビジネス ‐震災を越えて世界へ‐

2017年12月6日

アニメの世界を現実に ‐外国人が体験した地域の新たな試み‐

2017年11月22日

「果実王国」和歌山 実を結べ!海外への取り組み

2017年10月18日

安全保障貿易管理 ‐輸出品・技術の軍事転用を防げ!‐

2017年10月11日

輸出が地域農業を再生する ‐有機日本茶で稼ぐ若者たち‐

2017年8月9日

英語版もあります

国際物流ハブを目指す沖縄 ‐アジアへのゲートウェイ‐

2017年8月2日

Win‐Winの関係築く対日投資 ‐外資の経験を日本で活かす‐

2017年7月26日

滋賀から世界へ 世界から滋賀へ ‐郷土の魅力を発信!‐

2017年7月19日

アメリカのBARに日本の焼酎を

2017年6月14日

中小企業こそIoTを!

2017年6月7日

シリーズ「地域ブランド」 ‐堺の技を世界へ 思いを一つに‐

2017年4月19日

シリーズ「地域ブランド」 ‐本物の旨みを世界へ‐

2017年3月8日

“シュガーロード”で再発見! ‐砂糖がつなぐ九州スイーツの旅‐

2017年1月11日

九州ほろ酔い焼酎紀行 ‐アメリカ人が出会ったマリアージュ‐

2016年12月7日

中国ビジネスの進め方 ‐買い手の思い 売り手の思い‐

2016年11月30日

ブームで終わらせない! インバウンド需要を商機に

2016年11月9日

日本酒を世界の酒に! ‐輸出拡大に向けた取り組み‐

2016年11月2日

輸出で地域活性化 ‐下妻梨をマレーシアに‐

2016年10月26日

食は我が田舎にあり! ‐丹波篠山のおもてなし‐

2016年10月5日

旅で出会ったあの味を忘れない ‐インバウンドと食品輸出‐

2016年8月10日

外資とのコラボが生む新たなビジネス

2016年8月3日

今 考える外国人留学生の採用について

2016年6月22日

活かせ!スーパーフード ‐海外発のトレンド 国内発の試み‐

2016年5月25日

外国企業がもたらすもの ‐広がる対日投資‐

2016年5月11日


番組DVDのご提供(有料)について
当サイトでオンデマンド配信中の番組を有料でご提供いたします。(一部、提供対象外のものがございます。予めご了承ください。)ご希望の方はジェトロ情報データ統括課 映像メディア班(E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp、Tel:03-3582-5219)までご連絡ください。
なお、著作権法で定められた例外の場合を除き、番組映像を複製することや不特定の人(外部者)に視聴させることはできません。
リンクバナーについて
banner

「世界は今」のリンクバナーを用意しておりますので、ご利用ください。
なお、利用に関するルールについては、当ウェブサイト「利用規約」をご参照ください。

動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。
ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。
動画の視聴について
本ページに掲載している動画は、都合により削除されることがあります。

次回の番組

4月15日(予定)
テーマ:地方発! スタートアップ・エコシステム ‐世界とつながる機会をつかめ!‐

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ情報データ統括課 映像メディア班
Tel:03-3582-5219
E-mail:PLG-TV@jetro.go.jp

または最寄のジェトロまで、ご連絡ください。