1. サイトトップ
  2. ジェトロのサービス
  3. 海外進出支援

海外進出支援

ステップ別支援サービス

方針の決定→F/S事業計画→会社設立→現地経営 方針の決定 F/S事業計画 会社設立 現地経営

モデル事例1

○○農機株式会社(本社:長野県長野市、従業員:90名)
現地のニーズに合った農業機械の生産を目指す中堅機械メーカー
アジア向け取引の拡大を見据えて、製造拠点をアジアに設けることを計画。

最寄りのジェトロ長野に、東南アジアでの製造拠点設立について相談。あわせて、海外展開におけるグローバル人材の採用・育成の支援に応募し、今後の海外ビジネスの中核を担う人材の発掘を図る。

ベトナムへのビジネス環境視察ミッションへ参加し、現地の生産現場や工業団地を視察。加えて、ミャンマーにも出張。海外ブリーフィングサービスを利用し、ジェトロ・ヤンゴン事務所にて現地法人設立の手続きや現地駐在員の生活環境について情報収集。

ヤンゴンへ進出するにあたり、当面の活動拠点としてビジネス・サポートセンターに入居。専門家によるコンサルティングサービスを受けながら、現地法人の設立手続きを終える。

その後も、ジェトロの海外における支援サービスを通して、税務や労務等に関する疑問を専門家に相談。あわせて、市場に出回る模倣品対策として、知的財産保護関連サービスを活用。

モデル事例2

株式会社○○フーズ(本社:愛知県名古屋市、従業員:950名)
市内を中心に日本全国に展開して15年が経つ和食チェーン
3年間で海外に10店舗の設立を目指す。

ジェトロウェブサイト「国・地域別情報」海外ビジネス情報にて現地の情報を収集。あわせて、ジェトロ名古屋の紹介で、新輸出大国コンソーシアム事業の個別課題に対応した専門家とともに海外展開の戦略を練る。

米国への進出を決めた同社は、新輸出大国コンソーシアム事業のハンズオン支援に応募し、採択。担当専門家と出店候補地であるサンフランシスコを訪問し、現地パートナー候補企業と面談。

サンフランシスコへの進出に際して、法務や労務等の課題を解決すべく、海外における支援サービスの一つである中小企業海外展開支援プラットフォームを活用。現地パートナー候補企業の1社と契約し、無事1号店を出店。

担当専門家の助言をもとに現地の食文化に合わせたメニューの開発に励み、現地の人々にも好評。あわせて、ジェトロ・サンフランシスコ事務所の支援を受けながら、2号店の出店計画を練る。

ジェトロの会員制度「ジェトロ・メンバーズ」のご紹介

信頼の海外ビジネス情報とジェトロのサービスをお得にご活用いただけるサービスです。 ご紹介している有料サービスの割引制度やセミナーの無料席などをご用意しています。 詳しくは「ジェトロ・メンバーズ」をご覧ください。

ジェトロ活用事例

ジェトロのサービスを活用して海外ビジネスに取り組まれた企業の事例をご紹介します。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。