特集:対内直接投資に見る中国の動向(2018年上半期)江蘇省は2桁増を記録、浙江省は前年割れ(華東地域2)

2018年11月9日

江蘇省の2018年上半期の対内直接投資額(実行ベース)は前年同期比10.9%増の152億1,500万ドルとなった。一方、浙江省は7.0%減の93億3,248万ドルと前年割れになったものの、先行指標とされる契約額では23.5%増となった。自由貿易試験区が設立された舟山市への投資案件の急増などが寄与した。

江蘇省:契約額、実行額ともに2桁増

2018年上半期の江蘇省の対内直接投資額(実行ベース)は、152億1,500万ドルとなった。前年同期比の伸び率は10.9%と、上半期ベースでは2015年以来3年ぶりに2桁成長を遂げ、再び拡大傾向に転じた(表1参照)。

表1:江蘇省の対内直接投資(上半期ベース)(単位:件、100万ドル、%)(△はマイナス値)
項目 2016年 2017年 2018年
件数・金額 前年同期比 件数・金額 前年同期比 件数・金額 前年同期比
契約件数 1,372 15.8 1,469 7.1 1,496 1.8
契約額 19,776 23.6 24,712 25.0 28,815 16.6
実行額 14,454 0.0 13,720 △ 5.1 15,215 10.9
出所:
江蘇省統計局

対内直接投資の先行指標とされる契約額も、16.6%増の288億1,500万ドルと増加した。投資案件の大型化が進んでおり、投資額3,000万ドル以上の案件が前年同期比12.4%増の500件、1億ドル超の案件が15.6%増の148件とそれぞれ増加した。

産業別の投資額(実行ベース)をみると、サービス業は前年同期比26.9%増の76億4,000万ドルで、全体に占める割合は前年同期から7.2ポイント上昇して50.2%となった。教育、情報サービス、ソフトウエア、リース・ビジネスサービスなどが軒並み高い伸びとなった。製造業も、情報通信技術などを活用する先進製造業が牽引し、10.9%増の65億8,000万ドルに達した。

国・地域別の投資額(実行ベース)では、ASEAN諸国からの投資が前年同期比68.8%増の10億5,000万ドルとなった。また、「一帯一路」沿線国・地域からの投資が69.7%増の10億9,000万ドルに達したほか、主要国別ではシンガポール75.4%増、韓国73.8%増、英国43.2%増、オーストラリア38.9%増、日本37.7%増と軒並み増加した。

蘇州や無錫など蘇南地区が江蘇省向け投資の6割を占める

省内各市の投資額(実行ベース)をみると、上海市に近い蘇州市をはじめ、外資企業の多い無錫市や南京市、常州市などはいずれも2桁の伸びを示した。これらの都市が含まれる蘇南地区が省全体の投資額に占める割合も6割を超えた(表2参照)。

表2:2018年上半期の江蘇省の市別対内直接投資(実行額) (単位:100万ドル、%) (△はマイナス値)
地域 2016年
実行額
2017年
実行額
2018年
実行額 構成比 前年同期比
蘇南 蘇州市 3,667 2,247 2,685 17.6 19.5
無錫市 1,794 2,002 2,495 16.4 24.6
南京市 1,768 1,865 2,091 13.7 12.1
常州市 733 1,101 1,356 8.9 23.1
鎮江市 925 957 550 3.6 △ 42.5
蘇中 南通市 1,534 1,622 1,727 11.4 6.5
泰州市 933 906 801 5.3 △ 11.6
揚州市 734 563 746 4.9 32.5
蘇北 徐州市 774 938 1,126 7.4 20.0
淮安市 551 603 631 4.1 4.6
塩城市 519 437 519 3.4 18.8
連雲港市 294 319 343 2.3 7.8
宿遷市 234 194 169 1.1 △ 12.9
全省 14,454 13,720 15,215 100 10.9
出所:
江蘇省統計局、江蘇省商務庁

蘇州市の投資額(実行ベース)は前年同期比19.5%増の26億8,500万ドルとなり、年間目標の59.4%に達した。うち、製造業の投資額が全体の57.0%となる15億3,100万ドルに達し、その9割以上は電気自動車(EV)などの戦略性新興産業とハイテク産業であった。

浙江省:実行額の減少の一方で契約額は大幅増

浙江省の2018年上半期の対内直接投資額は、実行ベースで7.0%減の93億3,248万ドルと、通年目標(172億ドル)の54.3%に達したものの、前年同期より減少した(表3参照)。

表3:浙江省の対内直接投資(上半期ベース) (単位:件、100万ドル、%) (△はマイナス値)
項目 2016年
件数・金額
2017年
件数・金額
2018年
件数・金額 前年同期比
契約件数 977 1,409 1,644 16.7
契約額 11,890 15,678 19,365 23.5
実行額 9,283 10,032 9,332 △ 7.0
注:
伸び率はジェトロで算出。
出所:
浙江省統計局

一方、契約額は23.5%の193億6,480万ドルと、2年連続の大幅増になった。うち、1億ドル以上の投資案件が前年同期の34件から53件に増え、同投資額も23.7%増の45億8,000万ドルとなった。主にスマートカー、ICチップ、新エネルギー、情報技術などハイテク産業に関するものが多かった。

「一帯一路」沿線国・地域からの投資件数は464件で、投資額は実行ベースで88.0%増の3億8,000万ドル、契約額では3.9倍の13億9,000万ドルといずれも大幅に増加した。そのほか、英領バージン諸島などのタックスヘイブンや、EU諸国、米国からの投資(実行ベース)は、それぞれ11億7,000万ドル、4億8,000万ドル、9,883万ドルだった。

舟山市は自由貿易試験区の効果で投資急増

都市別では、杭州市の対内直接投資額(実行ベース)が14.5%減の34億7,122万ドルとなったものの、依然として浙江省全体の投資額の3分の1強を占めた(表4参照)。寧波市は2.0%増の22億657万ドルと2年連続の減少から増加に転じ、嘉興市も0.7%の微増とプラス成長を維持した。

舟山市では、2017年4月1日に浙江省内で唯一の自由貿易試験区が発足して以来、対内直接投資が急増している。実行ベースでは80.6%増の2億6,100万ドル、契約額は約23倍の27億8,739万ドルとなった。

表4:2018年上半期の浙江省の市別対内直接投資(実行ベース) (単位:100万ドル、%) (△はマイナス値)
2016年
実行額
2017年
実行額
2018年
実行額 前年同期比 契約額 前年同期比
全省 9,283 10,032 9,332 △ 7.0 19,365 23.5
階層レベル2の項目 杭州市 3,997 4,058 3,471 △ 14.5 7,125 98.3
階層レベル2の項目 寧波市 2,503 2,163 2,207 2.0 2,400 0.7
階層レベル2の項目 嘉興市 1,507 1,662 1,674 0.7 3,506 6.8
階層レベル2の項目 湖州市 483 660 664 0.6 1,156 △ 22.2
階層レベル2の項目 紹興市 441 775 625 △ 19.4 879 △ 35.8
階層レベル2の項目 舟山市 88 145 261 80.6 2,787 22.9倍
階層レベル2の項目 温州市 40 124 145 16.5 465 △ 69.9
階層レベル2の項目 台州市 34 242 123 △ 49.1 272 △ 41.0
階層レベル2の項目 金華市 65 160 112 △ 30.0 305 △ 77.2
階層レベル2の項目 衢州市 31 34 38 12.9 126 2.6倍
階層レベル2の項目 麗水市 91 10 13 29.4 343 6.8倍
注:
2018年の実行額順、伸び率はジェトロにて算出。
出所:
浙江省統計局
執筆者紹介
ジェトロ・上海事務所
劉 元森(りゅう げんしん)
2003年、ジェトロ・上海事務所入所、現在に至る。

ご質問・お問い合わせ