1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 特集
  5. 欧州に学ぶ、スタートアップの今
  6. 在外ルーマニア人の国内でのスタートアップ起業を支援(ルーマニア)

特集:欧州に学ぶ、スタートアップの今 在外ルーマニア人の国内でのスタートアップ起業を支援(ルーマニア)

2018年6月15日

ルーマニアには、マイクロソフト、オラクル、IBM、NTT DATAを始めとする数多くの外資系IT企業が進出し、開発拠点を構えている。IT人材が豊富で、近年IT分野を中心にスタートアップも盛り上がりを見せている。2018年春には、地方都市クルージュ・ナポカに、中・東欧最大規模のコワーキングスペースが誕生した。

政府は在外ルーマニア人を対象とした支援策も展開

政府によるスタートアップ資金援助プログラムとして、主なものとしては「スタートアップ・ネーション(Start Up Nation)」と「ディアスポラ・スタートアップ・プログラム(Diaspora Start-up programme)」の二つが挙げられる。

まず、ビジネス環境・貿易・起業家精神省が管轄する「スタートアップ・ネーション」は、2017年6月に開始された。最大1万社の中小企業を対象としており、1社あたり最大20万レイ(約560万円、1レイ=約28円)までの返済不要の補助金を付与する。対象となるのは、2017年1月30日以降に新たに個人によって設立された企業。最低2名以上のフルタイム契約の従業員を雇う必要があり、最低3年間は事業を継続する義務がある。申込期間(2017年8月まで)に、1万9,296社の申し込みがあり、最終的に約8,700社が採択された。同プログラムは、2018年も継続される予定。また、2017年のプログラムでは、補助金提供までに時間を要したことから、政府は2018年プログラムでは、手続きや承認プロセスを改善すると説明している。

また、「ディアスポラ・スタートアップ・プログラム」は、欧州連合(EU)基金の人材開発予算プログラム(2014~2020年)を活用したもので、在外ルーマニア人に本国への帰還と起業を支援する補助金制度。ルーマニアでは、国内人口の17%相当の人数が国外に流出しているというデータもあり、近年では特にエンジニア、医師、弁護士などの専門人材の国外流出が問題視されている。本プログラムは国外在住が1年以上で、ルーマニアへ戻り起業を希望する人を対象に補助金を交付する(ただし、ブカレストおよびイルフォブ県での起業は対象外)。採択企業には、起業のための40時間のオンライン・トレーニングおよび最大4万ユーロが交付される。政府は、2020年までに24社のビジネスを軌道に乗せることを目指している。

タクシーアプリは市民の移動手段確保の改善に貢献

ユーアイパス(UiPATH)は、ルーマニア発のスタートアップとして最も注目を集める企業の一つ。2005年にルーマニアで設立され、オフィス内の定型、反復的な業務の自動化ソリューションである「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」を提供する。現在は本社を米国に置き、2017年2月には日本法人を設立したほか、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリアなどに拠点を有する。2017年には既に700社以上への導入実績を有し、日本においてもメガバンクをはじめとする大手金融機関、大手製造業や広告代理店、運輸業、電力会社など100社以上にシステムを提供している。同社は、「中欧スタートアップアワード2017」(Central European Startup Awards 2017)のルーマニア部門において「スタートアップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

タイピングDNA(Typing DNA)は、地方都市オラデアを拠点とし、人工知能(AI)を使用し、ユーザーのキーボードへの入力パターンに基づいて個人を識別する「タイピング・バイオメトリクス・ソリューション」と呼ばれる独自の認証技術を提供する。同社の認証技術を使えば、Eメールアドレスとパスワードのような短いテキストの入力パターンから、ユーザーを識別し、認証することが可能だという。顧客となり得るのは、金融機関からソーシャル・ ネットワーキング・サービス(SNS)企業まで、ログイン作業が発生するサービスを提供するすべての企業だ。個人の入力パターンを他人が盗むことは事実上不可能であるため、高精度なユーザー認証を実現する。中欧スタートアップアワード2017のルーマニア部門で最優新人賞を受賞したほか、2018年には国内有力ビジネス紙「ビジネス・レビュー」の「ベスト・スタートアップ賞」を受賞している。

スタータクシー(StarTaxi)は、ルーマニア独自のニーズをつかみ、急成長しているタクシー配車アプリを提供する。公共交通機関が未発達のルーマニアでは、タクシーが交通の足として重要な役割を持つ。しかし、いわゆる「ぼったくり」による被害や、渋滞でタクシーが捕まらないなどの問題が生じている。こうした問題の解決に目をつけ、タクシー配車アプリを提供し始めたスタートアップ企業の一つが同社で、2012年に設立された。現在は国内7都市のほか、モルドバの1都市、英国の1都市、ベルギーの2都市でもサービスを提供する。これまでのアプリダウンロード数は120万以上、年間1,200万以上のオーダーを誇り、1万2,000人以上の運転手を有する。同社のアプリを使うと、利用客は自動的に検出される位置情報を基に近辺で対応可能なタクシーを検索し、運転手の名前や顔写真、利用客からの評価、1キロメートルあたり料金などを確認した上で、配車を依頼することができる。運転手にとっては、自分で顧客を探し回ることなく近辺のオーダーに対応できるメリットがある。アプリ自体は無料で、収益は運転手が払う毎月の登録料から得るビジネスモデルだ。

同社の開発に関わったメンバーは「これまでルーマニアでタクシーを呼ぶには、タクシー会社に電話で配車を依頼するしか方法がなく、電話がなかなかつながらなかったり住所確認に時間を要したりと、非常に手間がかかった。アプリを使えばたったの2タップでタクシーを呼ぶことができ、手間と時間を大幅に削減することができる。交通渋滞や大気汚染といった問題の改善にも貢献しており、StarTaxiは単なるアプリにとどまらず、ルーマニアにとって大きなインパクトをもたらした」と語る。


交通の足として欠かせないタクシー(ジェトロ撮影)

なお、ルーマニアでは、スタートアップ向けのイベントやコワーキングスペース、ポータルサイトなどがあり、多くが英語でも情報提供をしている(詳細は表参照)。ブカレストでは、南東欧最大と言われるテック起業家向けのカンファレンス「ハウ・トゥ・ウェブ(HowToWeb)」が開催され、会期中には賞金コンテストも実施される。また、北西部のクルージュ・ナポカに2012年に設立されたコワーキングスペース、クルージュハブ(ClujHub)は、2018年春に拡張し、中・東欧最大級の規模を誇る。

表:ルーマニアの主なスタートアップ向けの情報

カンファレンス
名称 概要
HowToWeb外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 南東欧最大規模のテック起業家向けカンファレンス。2010年の開始以来、毎年秋にブカレストで開催されている。2018年の日程は未掲載(2018年3月8日時点)。
Techsylvania外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます クルージュ・ナポカで開催される、中・東欧の先進テクノロジー企業が集まるカンファレンス。2014年に開始され、2018年は6月9~12日の日程で開催予定。
Dev-Play外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 中・東欧におけるゲームに特化したカンファレンス。2013年に設立された「Romanian Game Developers Association」が主催する。開催場所はブカレスト。2018年は10月4~5日の日程で開催予定。
コンテスト
名称 概要
Innovation Labs外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます クリエイティブ技術や起業に関心のある若者を対象に、メンターシップやトレーニングプログラムを提供するコンテストを国内5都市(ブカレスト、クルージュ・ナポカ、ヤシ、シビウ、ティミショアラ)で開催。
Startup Spotlight外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 上述の「HowToWeb」カンファレンスにおいて開催され、欧州から約50社のスタートアップ企業が参加するコンテスト。
Startup Avalanche外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 上述の「Techsylvania」カンファレンスにおいて2016年から開始されたコンテスト。優勝企業には、9日間のシリコンバレーへの滞在が与えられる。
コワーキングスペース
名称 概要
TechHub Bucharest外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 起業家やスタートアップ企業のための会員制コミュニティー。2010年にロンドンで開設され、現在は世界6カ所に展開、ルーマニアではブカレストにオフィスを構える。各種イベント、ネットワーキングを提供する。
Impact HUB外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 2005年にロンドンで開設され、現在世界約86カ所で展開されている世界最大規模の起業家コミュニティー。ルーマニアでは、ブカレストとクルージュ・ナポカにオフィスを構える。(ホームページはルーマニア語のみ。)
ClujHub外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 2012年にクルージュ・ナポカで設立されたコワーキングスペース。2018年春に拡張のため移転し、現在は中・東欧で最大のコワーキングスペースとされる。
ポータルサイト
名称 概要
Start-ups.ro外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 起業家向けのポータルサイト。企業のプレスリリースや公開情報を基にした市場分析やニュースを掲載。(ホームページはルーマニア語のみ。)
Startupcafe.ro外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 起業家同士の情報、アイデア共有のためのプラットフォーム。スタートアップ支援資金に関する情報やニュースも豊富に掲載。(ホームページはルーマニア語のみ。)
150Sec外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 中・東欧地域のスタートアップ、テクノロジー、ビジネスに特化したポータルサイト。
GoalEurope外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 中・東欧地域およびロシアにおけるアウトソーシングとイノベーション産業に特化したポータルサイト。
出所:
各種資料を基にジェトロ作成
執筆者紹介
ジェトロ・ブカレスト事務所
藤川 ともみ(ふじかわ ともみ)
2015年、ジェトロ入構。海外調査部・海外調査計画課(2015~2017年)を経て現職。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

この特集の記事

ご質問・お問い合わせ