1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米USTR、新型コロナ対策として医療分野で対中追加関税の除外を検討、パブコメ募集開始

米USTR、新型コロナ対策として医療分野で対中追加関税の除外を検討、パブコメ募集開始

(米国)

ニューヨーク発

2020年03月25日

米国通商代表部(USTR)は3月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、医療関連製品について対中追加関税の適用除外に向けたパブリックコメントを募集することを明らかにした外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。正式には3月25日の官報で公示予定だが、既に多くのコメントが寄せられており、同ウイルス対策として医療関連製品について関税上の緩和措置が期待される。

今回USTRがコメントを受け付けるのは、1974年通商法301条に基づき中国に課している追加関税の対象品目のうち、新型コロナウイルスに対応するための医療関連製品に限られる(注1)。なお、これまでの除外申請プロセスで審査中または否認された製品でもコメントが可能であり、コメントの提出期限は6月25日までとしているが、必要に応じて延長される可能性がある。

USTRはこれまで、人工呼吸器や酸素マスクなどは追加関税の対象から外し、追加関税の対象となっている医療関連製品についても200件近い適用除外を承認してきたと説明しつつ、新型コロナウイルスの感染拡大へのさらなる対応として、今回、国民や産業界などから意見を募るとしている。米国でのコロナウイルスの感染拡大が顕著となった3月以降、USTRは医療用衣類や使い捨てマスクなどについて追加関税の適用除外を発表している(2020年3月11日記事2020年3月17日記事参照)。

パブリックコメントは、米国連邦政府のポータルサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで受け付けており(注2)、377件のコメントが既に提出されている(2020年3月23日時点)。コメントを行う際は、製品詳細(該当するHTSコード10桁や製品の機能、仕様など)や新型コロナウイルスとの関連性について説明を提示することが必須となっている。

(注1)対中追加関税の対象品目については、USTRウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますにおいて検索が可能。

(注2)米連邦政府のポータルサイトregulations.govのドケット番号がUSTR-2020-0014となる。

(注3)各リストの品目別適用除外制度の概要については以下の記事を参照。

(注4)これまでに発表された各リストの適用除外対象品目の発表日および詳細は以下の記事を参照。

【リスト1】

【リスト2】

【リスト3】

【リスト4A】

(藪恭兵)

(米国)

ビジネス短信 8f7783761e5c8db7

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp