特集エネルギー安全保障の強化に挑む欧州

新型コロナウイルス禍からの経済活動再開に伴うガス需要増により、2021年秋以降、エネルギー価格が世界的に高騰している。2022年2月には、欧州諸国の多くが輸入元として依存してきた化石燃料大国ロシアがウクライナを侵攻。ロシアからの化石燃料輸入禁止措置により、エネルギー輸入国は二重苦にあえいでいる。本特集では、自給率の向上や、輸入先・エネルギー源の多様化などの喫緊課題に直面する欧州諸国による短期的な対処、ならびにEUと英国が掲げる2050年までの気候中立などの目標の達成に向けた長期的戦略へのエネルギー危機の影響を分析する。

2022年11月25日

この特集の記事

今後記事を追加していきます。

ご質問・お問い合わせ