1. サイトトップ
  2. ジェトロのサービス
  3. クールジャパン海外需要開拓プログラムTakumi Next

クールジャパン海外需要開拓プログラムTakumi Next

ジェトロはクールジャパン政策の一環として、地域資源を活用したクールジャパン商材の将来的な海外販路拡大を支援することを目的として、日本全国から次世代を担う100社の企業を募集し、工芸品・伝統産品・生活雑貨等の魅力発信ならびに輸出支援する海外需要開拓プログラムを実施します。
本プログラムでは、(1)海外EC事業者との商談・匠モールでのネット販売、(2)デジタルメディアを通じた日本商材と産地の魅力発信、(3)海外展開サポートメンバーによるメンタリングを通じて、デジタルトレード時代に対応した「匠」の海外展開を、経営面、販売面、広報面から総合的に支援します。
海外を目指す皆さまは奮ってご参加ください。

支援期間

2019年度 10月~2020年3月

1.事業概要

主催
ジェトロ
共催
経済産業省
事業内容
海外から有力なEC事業者やメディア等を招へいし、商談会ならびに生産地の取材等を実施します。あわせてプロジェクト・サポートメンバーが海外展開に向けた個別メンタリングを行い、日本各地の魅力ある工芸品、伝統産品、生活雑貨等の海外展開を支援します。更に、海外のウェブメディア・SNS等を通じ、日本の匠の魅力ならびに産地のビジネスインバウンド情報を世界へ発信します。
支援内容
  1. メンタリング:商談会に向けた準備として、プロジェクト・サポートメンバーによる現地マーケットや売れ筋商品等、生の情報を提供します。
  2. 商談会:海外EC事業者との商談マッチングを実施します(買取り方式)。
  3. デジタルメディアによる取材:商談商品のストーリーや背景を正確に伝えるため、デジタルメディア・インフルエンサー等が取材を行い、商品情報を含め世界に発信します(取材先はメディア・インフルエンサー等が希望する企業のみを予定)。

(※本事業への参加条件として、上記メンタリング、商談会、ウェブメディアによる取材に参加・対応いただくことは必須となります。)

参加費
無料
主な対象企業
「日本らしさ」「匠の技」など、日本の各地域の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材を生産・販売し、海外への販売を希望する中小企業・小規模企業者。
※中小企業の定義については、中小企業庁ウェブサイト「中小企業・小規模企業者の定義外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」をご参照ください。
(業種が不明な場合はお問合せください。)
募集企業数
100社程度
対象品目
生活雑貨(工芸品、日用品、文具)、家具、アクセサリー、テーブルウェア、食器、カトラリー、キッチン用品、ファッション衣類・小物、その他(プロダクト製品)。メイドインジャパン製品であり、「ジャパンラグジュアリー」をイメージできるようなデザイン性の高いもの。※但し、化粧品・食料品を除く。
選定
ジェトロ、経済産業省、海外展開サポートメンバーが行います。

※採択通知は、11月1日(金曜)を目処にご連絡します。

スケジュール

ステップ 活動内容 時期 開催場所
募集 参加企業の募集 2019年
9月
決定 参加企業の審査・決定通知 11月1日頃
準備 キックオフミーティング
―有識者によるメンタリング―
11月11~15日 全国5都市
(東京、大阪、仙台、名古屋、福岡(予定))
広報 海外招へいデジタルメディア・インフルエンサーによる取材「Industrial Tourism in Japan」(英語)での広報 11~12月 WEB
商談 海外EC事業者との商談会 12月~2020年1月 全国5都市
(東京、大阪、仙台、名古屋、福岡(予定))
販売 EC事業者による「匠モール」等での販売(※) 2020年1~2月 ECならびに海外店舗
報告 最終報告会 3月中旬 全国2都市(東京・大阪(予定))
課題評価 処方箋の提供/販売結果還元 ―海外展開サポートメンバーによるフィードバック― 3月下旬 個別提供

主催者の都合により、上記スケジュールは変更になる場合があります。
※匠モールは、商談会でEC事業者との商談が成立した企業のみ参加可能です。

2.海外展開サポートメンバー

プログラムでは、世界で活躍する有識者達が、日本の匠の海外展開を総合的にサポートします。
※招へい者は予告なく追加・変更されることがあります。

1.有識者

川又俊明氏
シンクシンク株式会社 CEO/クリエイティブプロデューサー

DESIGN ASSOCIATION NPOで統括プロデューサーとして、TOKYO DESIGNERS WEEKのクリエイティブ・プロジェクトのプランニング、プロデュース、ディレクションを担当。地方創生プロジェクト「JAPAN DESIGN WEEK」では、福島県クリエイティブ伝統工芸創出事業のプロデュースや青森県弘前市や佐賀県嬉野市でのプロジェクト等に総合プロデューサーとして携わる。LEXUS NEW TAKUMI PROJECTの全体設計を手掛け、メンターとしても日本の若き匠をサポートしている。

2.デジタルメディア・インフルエンサー

ELLE Taiwan外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan
Chief Operating Officer & Publisher, Ellen YANG Ms.

中国文化大学新聞学科を卒業後、飛碟電台、台北之音等のラジオ局をはじめ天下雜誌集團、康泰納仕集團、城邦集團等の雑誌製作会社、出版社等で20年以上にわたり広告業、ブランドマーケティング、デジタルマーケティング、映像製作など多方面にわたって活躍。「台灣赫斯特」のChief Operating Officer & Publisherを務める。「台灣赫斯特」は全世界最大の月刊出版社「アメリカHearst」の子会社として台湾で活動。「台灣赫斯特」では全世界の女性から支持を受ける、ELLE/Harper’s Bazaar/Cosmopolitan.com等を含むブランドの、中国語版女性ファッションブランドを製作。得意技能分野としては、広告戦略、デジタルマーケティング戦略、プロモーションイベント企画・実施、ブランディング、異業種協力及び策略、チーム管理等。

民視外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan
Diverse Marketing Dept. Chief Executive Officer, Ariel Chen Ms.

1997年6月11日に民間全民電視公司(略称:「民視」「FTV」)は台湾における最初の民営の地上波テレビ局として開局。台湾全土をカバーする放送網を有し、日本のアニメ作品の番組や日本に関する旅番組なども放送している。平均視聴率、最高視聴率および視聴者数の各項目ついて台湾の放送局において一番の実績がある。
CEOのChen氏は、国立芸術大学ラジオテレビ学科卒業後、同大学院応用テレビ学科を卒業。その後2年間、吳祥輝公關暨吳念真影視文化公司で勤務。2000年からは、民視FTVにて事業企画を始め、番組制作部チーフなど多方面にわたって活躍。得意分野としては、番組制作企画全般、プロダクトプレイスメント、商業顧客統合マーケティング、協賛招へい等。

3.バイヤー(有力EC事業者)

未来市(The Gala Asia)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan
President, Grace Wang Ms.

1999年にVVG好樣を設立し、台北市内を中心にレストランやセレクトショップ等を数多く手掛け、「台湾におけるセレクトショップ界のパイオニア」である。2018年に台北のトレンドをリードする華山1914に「未來市」をオープン。台湾だけではなく日本や中国等アジアの良いデザインをつなぐプラットホームを作りたいという思いから、様々な地域の33社の質の高いブランドを紹介する店舗を展開。

小器生活道具(xiaoqi), Taiwan
CEO, Chiang Ming-Yu Ms.

2012年、日本の成熟した工芸や民芸を台湾に紹介することを目的に赤峰街に小さな店をオープン。その後、100件以上の日本のクリエーター・ブランドとのコラボレーションを実践し、生活雑貨から、食品、お酒、家具、料理教室の運営、日本文化を発信する書籍出版に至るまで幅広いビジネスを展開している。2019年7月現在、台北を中心に16の店舗を運営している。

 

治器(dotsuwa)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan
Director, Hide Lin Mr.

日本の東海大学で建築を学んだHide Lin氏を中心に3名の若者により設立。生活雑貨から家具インテリア、置物芸術、空間設計までこなすデザイン事務所(現在、12名の若手クリエイターにより経営)。日本製品を積極的に輸入し、EC展開やイベント展開を数多く実践している。近年は台湾の高級リゾートホテルの内装に工芸品を導入して注目を集めている。

 

WAVENET外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan
Managing Partner, Joe Lou Mr.

台湾・上海・北京・深圳・マレーシアでAIを駆使した需要予測・購買分析等のデジタルマーケティングを展開するIT企業。グーグル・Facebook・オラクルの正規代理店。日本の楽天や西武鉄道、トヨタ、パナソニックとも取引実績を有する。傘下には、科学サイエンスメディアや旅行会社、学習玩具のECを有し、今回「Japan Takumi Mall」を立ち上げ、未来市や小器と連携した販売促進活動を展開する予定。

 

ELLE TAIWAN外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Taiwan

1945年に創刊された、フランスを本国とする女性ファッション雑誌「ELLE」。ハイファッションの最先端を行く雑誌のひとつとされ、世界的名門ファッションブランドの商品を多数掲載する。台湾においては月間PV数8000万~1億2000万、 毎月のビジター数が450万~480万を誇る台湾No.1のファッション・トレンド オンラインマガジン。SNSもFBファン数134万、いいね、インスタフラム フォロワー数は179,000と、台湾で最も影響力のあるネットマガジン。主なリーダーは、25から45歳の女性。同社ELLE台湾オンラインのECショップにおいて販売予定。

 

PINKOI外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Hong Kong

Pinkoiは、アジアで月間200万人が利用するアジア屈指のオンライン・デザイナーズマーケット。現在、5言語・12通貨でECサービスを展開中しており、世界77カ国で販売実績があり、香港ではECだけでなく、リアル店舗でも販売中。世界中のデザイナーの活躍の機会を広げ、「作る人と使う人の新たな繋がりをつくっていきたい」をモットーに日本メーカーとの連携も活発に行っている。

 

Midway外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Hong Kong
Director, Pan Tang Mr.

2015年に週刊誌として発足し、2016年以降日本のクリエイターや各地の芸術祭等との連携を深めている。香港のレストランや旅行会社、自社メディアを含む各種媒体との連携をしたポップアップストアの展開に定評がある。社長のPan氏は、香港のインテリアショップの共同創始者の一人で、日本の商品を扱うためMIDWAYを立ち上げる。また、香港の人気ライフスタイル雑誌での連載をはじめ、メディアにおいて、日本製品及び産地を紹介し、商品の背景やストーリー等を伝える記事の執筆を多数手掛けている。

 

S.K.Y 21 Marketing Pte Ltd外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Singapore

1999年の設立以来、シンガポール市場での事業拡大に関心のある企業に卸売取引と輸入サービスを提供している。自社ECサイトでの販売に加え、高島屋シンガポールでの店舗販売を行っている。

応募要領

共通条件

  1. MOQ(最低発注数量)が少量(数箱程度)から対応可能な商品であること
  2. 一般消費者向けの商品であること
  3. 商品の製造物責任が取れること

応募の条件

対象商品
工芸品、日用品、生活雑貨等
応募商品の条件
  • Made in Japanであること
  • 海外に訴求し得る「商品背景」「こだわり」「歴史的背景」等のストーリーを明確にご説明いただけること(別紙「商品情報シート」の「商品の特徴・PRポイント」に記載いただく、あるいは別紙にて資料をお送りいただくことも可能とします。その場合はPDF等電子媒体での送付をお願いいたします)
  • 商品の付加価値が高いこと
  • 商品価値に相応しい価格設定であること
  • 希少性が高いこと
  • 商品メーカー、ブランドまたは商品そのものが、日本で商標登録されていることが望ましい
その他応募の条件

お申込みの方は以下をご了承いただいた上で、応募ください。

  • 商社や代理店など、製造者/生産者以外による申込みの場合は、製造者/生産者の承諾を得た上での共同提案とすること。
  • 「日本らしさ」「匠の技」など、日本の各地域の技術や生活文化の特色を生かした魅力ある商材を生産・販売し、海外への販売を希望する中小企業・小規模企業者であること。

免責事項(必ずご確認ください)

  • 本事業にて万一、採択者様や購入者様が損害や不利益を被る事態が生じたとしても、ジェトロはその責任を負いません。
  • 提示する条件に合わない場合や、お申込み頂いた内容が本事業の趣旨にそぐわないと考えられる場合は、内容を確認したうえで、決定通知後においても参加決定を取り消す場合がございます。
  • 天災、現地の政情その他ジェトロの責任に帰する事のできない事由により本事業の一部又は全部を中止せざるを得ない場合は、ジェトロは参加申込み受領後であっても、本事業の一部又は全部を変更または中止することがあります。その際に参加者にお支払い頂いた費用やその他の経費・損害をジェトロが補填することはできません。
  • EC事業者等の都合により、商談マッチングができない場合がございます。

お申し込み方法

募集要項をご確認ください。
募集要項PDFファイル(2.3MB)

申し込みフォームの画面に従い、必要事項を入力・確認・登録の順に手続きを行ってください。

応募フォーム(商品情報及びIndustrial Tourismウェブサイト用情報)に必要事項をご入力いただき、送信してください。

応募締切り
2019年10月04日(金曜) 11時00分

免責事項(必ずご確認ください)

  • 本事業にて万一、採択者様や購入者様が損害や不利益を被る事態が生じたとしても、ジェトロはその責任を負いません。
  • 提示する条件に合わない場合や、お申込み頂いた内容が本事業の趣旨にそぐわないと考えられる場合は、内容を確認したうえで、決定通知後においても参加決定を取り消す場合がございます。
  • 天災、現地の政情その他ジェトロの責任に帰する事のできない事由により本事業の一部又は全部を中止せざるを得ない場合は、ジェトロは参加申込み受領後であっても、本事業の一部又は全部を変更または中止することがあります。その際に参加者にお支払い頂いた費用やその他の経費・損害をジェトロが補填することはできません。
  • EC事業者等の都合により、商談マッチングができない場合がございます。

お問い合わせ先

ジェトロ・デジタル貿易・新産業部 デジタルプロモーション課 (担当:吉澤、大里、吉田)
Tel:03-3582-5238
E-mail:dna-project@jetro.go.jp

ジェトロの支援サービス一覧