Reports for Japanese Companies

特集:北米イノベーション・エコシステム 注目の8エリア

カナダのイノベーション・エコシステム、AIに世界が注目

2019年11月22日


カナダのトロントと約100キロ西に位置する研究都市ウォータールーを結ぶトロント・ウォータールー回廊は、世界で最も急速に成長しているイノベーションハブの1つだ。実際、トロント・ウォータールーは、スタートアップ・ゲノムの調査レポート「グローバル・スタートアップ・エコシステム・レポート2019」で、世界第13位、北米第6位に位置付けられている。この地域では、5,000以上のスタートアップを含む2万を超える企業、約80のアクセラレーターなどの支援機関、90以上の資金提供者がエコシステムを形成している。

MaRS:北米最大級の都市型イノベーションハブ
トロント地域はもともと、自動車を中心とした製造業や金融のほか、約600万人の市場を背景とした小売り・サービス業など多様で強力な産業集積がある。その地にインキュベーターとして2000年にMaRSディスカバリー・ディストリクト(MaRS)が誕生した。MaRSの最大の特徴は、トロントの中心街に位置し、大学・研究機関や病院、金融機関、政府機関など、スタートアップを育てる各方面の関係者との物理的な距離が近いことだ。MaRSは14万平方メートルの敷地を誇り、スタートアップ・スケールアップだけでなく、スポンサー企業やベンチャーキャピタル、各種サービスプロバイダー、再生医療や人工知能(AI)、がん研究センターなどの研究機関が集積し、北米最大級の都市型イノベーションハブとして拡大している。当初は医療科学に焦点を当ててスタートした経緯もあり、入居スタートアップの70%がウェットラボを含む研究室を使用している。現在は対象分野も多様化し、医療のほか、クリーンテック、フィンテック、企業向けソフトウエア、さらには第5世代移動通信システム(5G)、AI、自動運転などプラットフォーム技術についても支援を提供する。


総合病院だった歴史的建造物と近代的なビルの複合施設からなるMaRS(ジェトロ撮影)

カナダのAI研究が開花
2012年に開催されたAIの画像認識性能を競う国際大会で、ジェフリー・ヒントン教授率いるトロント大学のチームが圧倒的な勝利を収めたことで、カナダのAI・深層学習(ディープラーニング)研究が一躍、世界の注目を集めることになった。これは、AI研究の不遇の時代にもカナダ政府の助成の下、地道に研究を続けたヒントン教授と、ヤン・ルカン・ニューヨーク大学教授、ヨシュア・ベンジオ・モントリオール大学教授の3人の功績が大きい。3氏は2019年6月にコンピュータ科学分野のノーベル賞と呼ばれるチューリング賞をそろって受賞したことでも知られる。

カナダでは、こうしたトップ研究者を核として、AIのエコシステムがトロントだけでなく、モントリオールや、強化学習の権威であるリチャード・サットン・アルバータ大学教授のいるエドモントンに形成されている。これら地域では、カナダ政府の掲げる「汎カナダAI戦略」により、合計1億2,500万カナダ・ドル(約103億円、Cドル、1Cドル=約82円)の研究資金の助成を受けたベクター研究所(トロント)とモントリオール学習アルゴリズム研究所(Mila、モントリオール)、アルバータ・マシン・インテリジェンス研究所(Amii、エドモントン)が産学連携を含めたAIエコシステムのイノベーションハブとしての役目を果たしている。

AIには企業も注目
こうしたカナダのAI研究の興隆に着目した企業の動きも活発だ。ウーバー・テクノロジーズは2017年、同社の自動運転開発部門アドバンスド・テクノロジーズ・グループ(ATG)の研究所をトロントに立ち上げた。また、ベクター研究所に500万Cドルの投資を行った。グーグルも同研究所のAI人材開発イニシアチブに500万Cドルを投資しており、Milaにも450万Cドルを投資している。2018年には韓国勢のサムスン電子とLGが相次いでMaRSにAI研究所を開設した。日系企業では、富士通研究所がトロント大学、三菱電機がアルバータ大学で共同研究を行うほか、モントリオールではデンソーが2019年1月にAIの研究開発拠点を設置、同年4月に日立がMila と共同研究を開始している。富士通は2018年11月、バンクーバーにAIのグローバルビジネス展開を担う新会社の富士通インテリジェンス・テクノロジーを設立した。

AI関連のスタートアップでは、ベンジオ教授が立ち上げたエレメントAIが急成長している。2016年の設立時にはAIソフトウエアを販売する会社だったが、AI導入の準備ができていない企業に向けたアドバイザリー・サービスや調査にも業務を拡大し、現在では総合的なAIソリューションを提供する。2017年には、AIスタートアップのシリーズAラウンドとしては過去最高額となる1億200万ドルの資金調達に成功し、2019年9月にはさらに1億5,140万ドルの資金調達を発表している。同社はモントリオール本社に加え、トロント、ロンドン、ソウル、シンガポールに拠点を構え、500人以上のスタッフを抱える。

寛容な移民政策と高度技術系人材の集積
カナダは、移民の比率が人口の20%を超える多様な社会であることも特徴だ。トロントやバンクーバーなど都市部では海外生まれの人口が4割台に上る。多様な民族的バックグラウンドがあるうえ、LGBT(セクシャル・マイノリティー)に寛容で、世界から優秀な人材を集めることに成功している。スタートアップビザ(永住権)は、革新的な技術を持つ起業家向けのプログラムで、指定された機関や投資家から資金調達に成功していることや、言語、資金などの条件を満たせば申請できる。また申請者については、一時就労許可が最短10営業日で発給されるというスピード感だ。

また、米商業不動産サービスCBREの「2019スコアリング・テック・タレント」調査の技術系人材市場ランキングで、トロントは米国とカナダの50都市中、第3位となっている(表1参照)。この調査は、高度技術系人材を引きつけ、成長させる能力に基づいて各都市を評価したもので、特にトロントでは、技術系人材の雇用が2013~2018年にかけて54%増加し、技術系人材市場が50都市で最も急速に成長していることが示されている。


表Ⅰ:北米の技術系人材市場ランキング

出所:「2019スコアリング・テック・タレント」(CBRE)

また、同調査によると、オタワ、トロント、バンクーバー、モントリオールのカナダ4都市は、全50都市の中で賃料と給与を合わせた事業コストが最も低い。トロントの年間コストは、コストが最も高いサンフランシスコ・ベイエリアと比べ、約半分となっている。事業者にとってカナダ4都市は、人材の質とコストの両面で価値の高い結果を出しているといえよう。


表2:都市別年間コストの比較


注:技術系企業(従業員500人、事務所面積75,000平方フィート)の場合を想定。
出所:「2019スコアリング・テック・タレント」(CBRE)

ウォータールー大学のCO-OPプログラム
人材の質という点で、カナダの人材育成で特筆すべき例を2つ挙げる。1つは、数学・コンピュータ科学で有名なウォータールー大学のCO-OP(コーオプ)プログラムだ。これは、大学での学究と企業でのインターンシップを学期ごとに交互に繰り返しながら5年で卒業するプログラムで、インターンシップ先には海外の企業も含まれ、現在30人が日本企業で働いているという。同大学工学部の学生はCO-OPが必修で、このプログラムは企業にとって即戦力となる人材を輩出するため国内外から高く評価されている。ウォータールー大学のシステムデザイン工学専攻の卒業生の60%がシリコンバレーやニューヨークなど米国に就職しているという調査結果もある(「グローブ・アンド・メール」紙電子版2018年3月2日)。


ウォータールー大学工学部(左)と同大学のインキュベーション施設「ベロシティー(Velocity)」 (ジェトロ撮影)

研究型インターンシップ・プログラム「アクセラレート」
もう1つの例が、カナダ政府が出資する非営利団体マイタックス(Mitacs)の研究型インターンシップ・プログラム「アクセラレート」だ。学生を4~6カ月、企業の研究プロジェクトに従事させるプログラムが含まれ、学生の人件費を含めた研究費用総額1万5,000Cドルを企業とマイタックスが折半する。大型のプロジェクトに取り組みたい場合は、複数単位を組み合わせて規模を拡張したり、期間を延長したりすることも可能だ。学生にとっては企業の中で自分の専門分野の研究ができ、企業にとっては研究費用の半額をカナダ政府の資金で賄いながら、自社の研究開発テーマに合致する学生や研究者の知見を活用できる。もとはカナダ企業向けのプログラムだが、最近はマイタックスが拠点を持つ国(日本も対象に含まれる)での実施も可能になった。

研究をリードする大学やそこから毎年輩出される優秀で多様な人材、低いコスト、企業との連携、そして政府の支援。こうした多くの要素がカナダのエコシステムを形成する。しかし、先行している複数の例を除いて、日本からの進出企業はまだ少ないのが現状だ。カナダは、日系企業にとって開拓の余地が大きい注目すべき国である。

特集:北米イノベーション・エコシステム 注目の8エリア「シリコンバレーから南東部、カナダまで」全文は、こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ご覧ください。(Japanese)




カスケーディア・イノベーション・コリドー (バンクーバー、シアトル、ポートランド)(2019年9月)


北米西海岸のバンクーバー、シアトル、ポートランドに渡り、国境をまたぐ600kmに及ぶ地域を「カスケーディア・イノベーション・コリドー(Cascadia Innovation Corridor:CIC)」として発展を目指す地域連携がある。

これらの都市は、それぞれテックハブとして発展しているが、その他の都市(テックハブ)より近接していながら、政府・企業・研究大学・人材間の交流レベルが低水準にとどまっているとの分析があり、それに基づく「CICイニシアティブ」は、各都市の潜在的な強みを生かして周辺地域をイノベーションハブとして発展させることを目的として、共同研究/教育活動、交通インフラの整備、国境・州を越えたビジネス投資の活性化といった活動が生まれている。将来的にはCICを『革新的な企業が集まる地域』としてブランディング(branding)し、ライフサイエンス、IT、クリーンテック分野から他のテック分野にも対象を広げることが期待される。

(JETRO/ IPA NY「ニューヨークだより 2019 年 9 月」より)

全文は、
こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)



米(アメリカ、カナダ)におけるスマートシティの取組 (2019年6月)


世界の各都市が掲げるスマートシティ化の動きは、交通やエネルギーの分野だけでなく、以下に記す指標が示すように、市民の生活環境の改善に資する様々な項目を取り上げている。ニューヨーク市の取組等、産業政策として雇用創出につなげようとする動きもある。他方、データの所有権の問題等、解決すべき問題もある。Sidewalk Torontoでは、プライバシーが脅かされるという懸念から、計画の撤回を求める動きがある。他方、NTTグループが、ラスベガス市のスマートシティ化のパートナーに選ばれ、その際、データの所有権にこだわらない姿勢が評価されたという報道もある。

こうした動きの中、日本企業が世界各都市のスマート化の動きの中に、どのようにビジネスチャンスを求めて行くべきか。

(JETRO/ IPA NY「ニューヨークだより 2019 年 6 月」より)

全文は、
こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)



国際ビジネス情報番組「世界は今 -JETRO Global Eye」
のご案内


ジェトロでは、国際ビジネス情報番組ジェトロでは、国際ビジネス情報番組 「世界は今 -JETRO Global Eye」新しいウィンドウで開きますを配信中です。世界の経済・産業の最新動向や貿易・投資などの国際ビジネスに役立つ情報をインターネットを通じ、皆様にお届けしています。

最新の特集は以下の通りです。
ぜひご覧ください(視聴無料)。(Japanese)  

TPP11で広がる新たな可能性 -カナダ・ニュージーランドからの現地リポート-新しいウィンドウで開きます

2018年12月27日


「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定」、いわゆる「TPP11」が12月30日に発効、世界のGDPの13%、人口5億人をカバーする巨大な経済圏が誕生する。加盟11ヵ国のうち、日本と初めて経済連携協定を結ぶことになるのが、カナダとニュージーランドだ。大手自動車メーカーが拠点整備を進めるなか、関連製品の関税引き下げにより日本からの輸出増加が見込まれるカナダ。他方、自動車生産が行われていないニュージーランドへは中古を含む完成車が輸出の中心だったが、人気が高まっている加工食品や化粧品などの伸びが見込まれる。TPP11の発効により関係拡大が期待される両国から、経済の現状と2019年の展望についてリポートする。
(10分56秒)


動画視聴推奨環境について
Microsoft Edge、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefoxでご利用いただけます。ただし、Windows7でご覧いただく場合は、Google Chrome、Firefoxをご利用ください。
Mac OS Xをご利用の場合は、Yosemite以降のバージョンで視聴いただけます。
番組は、YouTubeでも配信しておりますので、「世界は今-JETRO Global Eye」公式チャンネル新しいウィンドウで開きますもあわせてご利用ください。

ご利用にあたって
会社・学校等からご覧のお客様は、ブラウザのセキュリティ設定などによりご覧いただけない場合があります。その場合は社内のネットワーク管理者にお問い合わせください。




AI スーパークラスター トロント、モントリオール


カナダ政府は2018年2月、「イノベーション・スーパークラスター・ イニシアチブ」(2017年5月)に基づき5つの「スーパークラスター」を選定した。 カナダの主要テクノロジー都市において、特にトロントとモントリオールは、 世界をリードするAI研究の中心地として広く認知されるようになっている(AI だけでなく、トロントは、フィンテック、ライフサイエンス/健康、先端製造・ ロボティクス、モントリオールは、先端製造・ロボティクス、ゲーム分野が 知られている。)。

短期間で世界有数のAIハブに成長した両都市のAIエコシステムにみられる共通 の特徴として、主に、(1)優秀なAI人材の供給源及び誘致先としての大学・研究 機関、(2)産学連携によるイノベーションの促進、(3)AI研究やAI人材の育成・ 維持に対する政府及び民間による支援が挙げられる(カナダ全体として割安な 投資コスト(法人税)という特徴もある。)。

カナダにおけるAI産業の基盤は、「AI冬の時代」にも政府が長期にわたり ニューラルネットワーク研究を支援し続けたことで誕生したAIパイオニアを中心 に形成され、国内、特にモントリオール、トロント、ウォータールー、 エドモントンにはディープラーニング等のAI研究を発展させてきた大学や研究 機関があり、優れたAI研究者が集まっている。

(JETRO/ IPA NY「ニューヨークだより 2018 年 11 月」より)

全文は、
こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)



AIに関する動向(ボストン、トロント等)


2017 年 12 月、2018 年 1 月に、ボストン、トロント・ウォータールーを訪ねる機会があり、今回、そ の中から AI に関する部分を取り上げる。

(JETRO/ IPA NY「ニューヨークだより 2017年 12 月 - 2018年1月」より)

全文は、
こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)




スタートアップ、自動走行に関する動向(トロント・ウォータールー等)


2017 年 12 月に、トロント・ウォータールー等を訪れ、そこで触れたスタートアップや自動運転に関する動きを紹介する。なお、トロントとウォータールーは、約 110 キロメートル離れているが、後述の通り、自動車クラスターと IT クラスターが重なる部分として「トロント・ウォータールー回廊」と呼ばれていること、2025 年までに建設予定の高速鉄道がこの二都市を通ること等から一つとして扱われており、The Global Startup Ecosystem Report 20171においては世界ランキング 16 位とされている。

(JETRO/ IPA NY「ニューヨークだより 2017 年 12 月」より)

全文は、
こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)




日加投資ビジネスガイドのご案内 / Investment and Business Guide


Investment and Business Guide


JETROでは、在日カナダ商工会議所の協力のもと、投資ビジネスガイドを作成しました。

同ガイドは、日加間で活躍するカナダの企業や関連団体のリストを含みます。

日本語版には、カナダ全土の様々な業界における投資とビジネスチャンスの詳細等が記載されています。



カナダのAIエコシステム2018プロフィール(要約版)/
Canadian AI Ecosystem Report (Summary)


JETROでは今般、Green Technology Asia Pte Ltd社の協力のもと、同社の調査報告書の和訳を作成しました。

同調査は、カナダのAI(人工知能)企業297社や研究者、研究機関のインタビュー/分析を含みます。また、カナダAI業界、政策立案者、投資家や研究者についても言及されており、今注目のカナダのAIエコシステムを分かりやすくまとめた調査報告書となっています。

ダウンロードはこちらから新しいウィンドウで開きます (Japanese)


報告書英語原本は、Green Technology Asia Pte Ltd社のウェブサイトからダウンロードできます。 http://www.greentechasia.com/the-canadian-ai-ecosystem-a-2018-profile外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます (English)


The following report has been prepared by the research team of Green Technology Asia Pte Ltd. 

The research was carried out over several months in late 2017, and represents the most recently available snapshot of AI activity in Canada. The research included interviews and in depth analysis of 297 of Canada’s AI companies, researchers and research institutes. It will provide industry, policy makers, investors, and researchers with valuable insights and details on Canada’s AI sector.

For more details and to download the report, please go to 
http://www.greentechasia.com/the-canadian-ai-ecosystem-a-2018-profile外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます (English)



地域・分析レポート


AI中心に拡大するイノベーション・エコシステム(カナダ)

レポートはこちらから新しいウィンドウで開きます (Japanese)




ビジネス短信
世界主要国のAI研究者数、2万2,400人に増加、カナダAI企業調べ(カナダ、世界)

レポートはこちらから新しいウィンドウで開きます (Japanese)



カナダの交通インフラ市場調査(2017年2月)


本報告書は、カナダにおける現在のPPP市場の概要について提供するものである。
カナダの近代的なインフラの多くは、官民調達モデルと“PPPの優秀事例=ベストプラクティス”によって実施されており、世界中の事業者の注目を集めている。カナダにおけるPPPの実績は主に交通機関やヘルスケア産業であるが、この分野での成功が、エネルギー、防衛、文化を含む他分野のインフラでのPPPモデルの利用に繋がっている。カナダのPPPセクターで豊富な経験を持つカナダの企業、法律アドバイザー、コンサルタントもPPPプロジェクトのために世界レベルで競争力を持ち、専門知識を提供している。
この報告書は本調査実施時点(2017年2月現在)、ゼネコンなどのコンソーシアムを形成する企業だけでなく、サブコントラクターや機器納入のサプライヤーが参入可能と思われる進行中のプロジェクトを対象とし、その概要を紹介している。

全文は、こちらから外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます ダウンロードできます。(Japanese)




トロント・バンクーバースタイル(2014年3月)


「トロント・バンクーバースタイル」ではカナダを代表する2大都市のライフスタイルを紹介しています。毎年「世界一住みやすい国ランキング」で上位に選ばれるカナダは、多人種・多文化を受け入れてきた国でもあります。トロントは人口約550万人を擁するカナダ最大の都市であり、ビジネス・金融の中心都市です。バンクーバーはカナダ第3の経済都市であり、かつアジア系住民が多く住み、日本との親交も深い都市です。本調査では、意外と知られていないカナダのライフスタイルを様々な角度から紹介すると共に、同地で活躍する日本のビジネスパーソンにも焦点を当てました。   

↓ レポートはこちらから (Japanese)
トロント・バンクーバースタイル(概要)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(美容)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(食)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(住)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(余暇)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(暮)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(駐在員)新しいウィンドウで開きます 
トロント・バンクーバースタイル(全文)新しいウィンドウで開きます