1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米国の2019年の対中輸入額は前年比16%減、対中追加関税リスト3の影響大きく

米国の2019年の対中輸入額は前年比16%減、対中追加関税リスト3の影響大きく

(米国、中国)

米州課

2020年03月04日

米国商務省が発表(2月5日)した貿易統計(通関ベース、原数値)によると、米国の2019年の対中輸入額は4,522億4,300万ドルで、前年比16.2%減少した(表参照)。

2019年の対中輸入額を対中追加関税措置のリスト別に試算すると、リスト3の対象品目の輸入額は727億9,600万ドルで、前年比37.5%減少し、対中輸入額全体の減少に最も寄与した(寄与度マイナス8.11ポイント)。続いて、リスト1の対象品目が73億6,700ドルで31.6%減少、リスト2の対象品目が23億9,800万ドルで50.7%減少した。また、企業の申請により適用除外となった品目(注)についても、804億8,400万ドルと21.9%減少した。

他方、リスト4Aの対象品目の対中輸入額は、1,144億5,000万ドルで、前年比2.8%増加した。米中の第1段階合意(2020年1月16日記事2020年1月17日記事参照)の発表に伴い、2019年12月の発動が見送られたリスト4Bの対象品目は、1,531億4,300万ドルで、1.8%の微減となった。

なお、追加関税の対象外品目の対中輸入額は216億700万ドルで、41.8%減となっている。これは、米国通商代表部(USTR)が追加関税対象品目を細分化するために、電話機およびその他の機器(HTS8517項)において、タリフライン(分類の細目数)の一部を廃止し、新たなタリフラインを設定したことが影響している。

表 米国の対中追加関税措置別の対中輸入額(試算)

米国の2019年の対中輸入額上位10品目(HTSコード上位4桁ベース)をみると、電話機およびその他の機器(HTS8517項)が590億2,700万ドルで前年比17.2%減、自動データ処理機械などの部分品および付属品(HTS8473項)が57億3,100万ドルで65.7%減、自動データ処理機械(HTS8471項)が448億5,100万ドルで13.1%減となり、対中輸入額全体の減少に大きく寄与した(添付資料参照)。

一方、上位10品目のうち、輸入額が前年比で増加したのは、玩具(HTS9503項、123億2,900万ドル、3.5%増)、ヘアドライヤー、アイロン、その他家庭用電熱機器(HTS8516項、60億1,600万ドル、0.5%増)の2品目だった。

(注)これまでに発表された各リストの適用除外対象品目の発表日および詳細は以下の記事を参照。

【リスト1】

【リスト2】

【リスト3】

(甲斐野裕之)

(米国、中国)

ビジネス短信 c248c1c63be71332

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp