1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 特集
  5. アフリカ・スタートアップ:物流・運輸の変革者に聞く
  6. 個人運送業者と連携で独自ネットワーク構築(コートジボワール)

特集:アフリカ・スタートアップ:物流・運輸の変革者に聞く個人運送業者と連携で独自ネットワーク構築(コートジボワール)

2019年11月8日

カンタル(Kamtar外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)は、2018年設立の、陸上輸送サービスを提供するスタートアップだ。現在、コートジボワールとセネガルでサービスを展開。都心部のみならず、国内各地で個人経営の運送会社と提携し、以前よりも効率的な輸送を可能にする独自のネットワークを築いている。最高経営責任者(CEO)のダレス・ンドゥリ氏に同社の取り組みと今後の展望を聞いた(10月21日)。

質問:
会社の概要は。
答え:
顧客からの注文をオンラインプラットフォームや電話、フェイスブック(Facebook)のページから受け付け、提携している各地の運送会社に発注するサービスを展開している。主にBtoBの輸送を請け負っており、現在の顧客数は約450社だ。その分野は通信販売、食品の輸入代理店、農業資機材販売、スポーツ用品小売り、建設業など多岐にわたる。当社には現在、営業やマーケティング担当など40人が在籍している。取り扱い件数は、設立した2018年2月から同年12月までで3,000件を超え、2019年は1万件に達する見通しだ。2019年の売り上げは10億CFAフラン(約1億8,000万円、1CFAフラン=約0.18円)の見込み。

CEOのダレス・ンドゥリ氏(ジェトロ撮影)
質問:
起業の背景と現在展開しているサービス内容は。
答え:
コートジボワールの輸送業界は、一部の運送会社が独占する閉鎖的な市場で、発注できる運送会社と配送地域が限定される傾向にあった。また弊社のように、輸送経路と運送会社の情報を一元管理する企業もこれまで存在せず、各社が自ら手配する必要があった。そこで、効率的で迅速な輸送を提案するワンストップの配送手配サービスに商機があると考えた。運搬距離、貨物量にもよるが、大型荷物の配送が3,000CFAフラン、バイクによる小型荷物の配送は1,000CFAフランから利用できる。大型トラックによる引っ越しは1キロメートル当たり900CFAフランで提供しており、企業オフィスの移転を中心に受け付けている。
輸送車両は、自社では保有しておらず、提携する運送会社の車両で配送している。現在、コートジボワールでは、各地の運送会社との提携により約3,000台のトラック、約500台の小型輸送車、約100台のバイクが配送可能で、運送会社の待機場所は100カ所以上に上る。また、提携している運送会社の約7割は個人事業者だ。各地域の個人事業者とも提携して、従来はなかった輸送ルートを新規開拓することで、独自の輸送ネットワークの構築に成功した。当社が仲介することで、各地の個人運送業者の商機を拡張して市場に取り込むとともに、顧客に対してはニーズに即した効率的で迅速、かつ適切な輸送方法を提案することができている。
質問:
今後の事業展開の見通しや日本企業との連携可能性は。
答え:
事業拡大のため、来年はベンチャーキャピタルからの資金調達を計画している。中長期的計画ではブルキナファソ、マリ、ギニア、トーゴ、ベナンなどの西アフリカのフランス語圏でサービスを展開する予定だ。各国の運送会社と提携して、輸送経路を拡張したいと考えており、日本の運送関連企業との連携にも関心がある。また、顧客からの注文を受け付けるオンラインプラットフォームの改良など、技術的側面での連携にも期待している。
執筆者紹介
ジェトロ・アビジャン事務所
尾山 裕緒(おやま ひろお)
2012年、ジェトロ入構。途上国貿易開発部途上国貿易開発課(2012~2014)、ジェトロ山梨(2014~2017)、対日投資部対日投資課(2017~2019)を経て、2019年3月から現職。主に、西アフリカのフランス語圏地域での日系企業のビジネス支援に従事している。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ