1. サイトトップ
  2. 農林水産物・食品の輸出支援ポータル
  3. 世界の食トレンド
  4. ミラノ
  5. インタビュー:「エコール・ナトゥラシィ」ファビオ・ブレスカチン氏

農林水産物・食品の輸出支援ポータル

2018年11月、ミラノで行われた第35回バイオダイナミック国際コンベンションの開催中、イタリアオーガニック業界最大の流通業者であるEcor-NaturaSì(エコール・ナトゥラシィ)の創立者であり社長のファビオ・ブレスカチン氏へインタビューしてきました。

ー 30年以上前からオーガニックを扱って来られて、これまでの消費者のオーガニック商品に対する傾向について感じていることをお聞かせください。

消費者が意識する大きな転機になったのは、1986年4月に起きたチェルノブイリ原子力発電所事故でした。放射能で多くの食べ物も毒されて、人は一体何を食べることができるのか、と問う機会に直面したことではないでしょうか。その後はBSE問題、そして食品関連のスキャンダルが起きるたびに「できるだけ品質の良いものを」と消費者のオーガニックへの関心が高まってきたように感じています。

ー 近年のオーガニック商品の生産・販売状況をどのように見ますか?

オーガニックの生産・販売が大変伸びていますが、近年の伸びに拍車をかけたのは、大手スーパーマーケットチェーンのオーガニック市場への参入が影響していると言えるでしょう。イタリア全体で約28,000店あるそれらのスーパーマーケットチェーンは、消費者のこのような傾向をトレンドと見たからです。確かに近くのスーパーでオーガニック商品の購入ができると便利ですが、質を求めて遠くても専門店へ赴く消費者もいます。
弊社はここ数年、売り上げは横ばいです。ただ、オーガニック市場はこれからもまだまだ伸びていくと思います。 飲食に関し現在のオーガニック商品のおおよその市場シェアは、イタリア3%、スイス8~9%、デンマーク9%、ドイツ6%と北ヨーロッパのシェアが高いと記憶しています。イタリアは、南イタリアを中心にオーガニック商品の生産へシフトしてきていますが、消費となると南イタリアはまだまだ低いです。私は3~5年くらいの間にイタリアのオーガニック市場シェアは倍になると感じています。

ー オーガニック市場は現在どういった時期にあると言えますか?またトレンド商品などはありますか?

市場は、現在まだまだ成長期であると言えるでしょう。
以前は本当に種類が少なかったのですが、今はほとんどの商品でオーガニックのものが見つかるようになりました。 トレンドについて、ここ数年の大きな動きとしてビーガンブームがあったこともあり、植物性ミルクのシェアがかなり上がりました。また、キヌアなども急に出て来て今では普通に流通しています。最近のトレンドはターメリックとショウガでしょうか、結構長い間ブームが続いています。

ー 輸入商品、日本食材について今注目しているものはありますか?

輸入しているもので欠かせないのは、何と言ってもバナナです。
日本食材については、ずいぶん昔からマクロビオティックの食材として扱ってきており網羅できているように感じているので、新たにというものは特に今は思いつきません。

ー オーガニック商品を扱う上で難しいと思っていること、問題点などはありますか?

まず真のオーガニック商品を生産することは、簡単なことではないということです。
生産者たちが高い知識や技術を持っていること、また信念を持って安心・安全なもの作りができることが重要なのです。
それから、オーガニックをお金儲けだけに利用する狡猾な生産者たちがいることです。オーガニック商品と言えば、通常の値段よりも高く売れるという理由から基準だけを気にし、実際値段に見合わない価値のものを作り、オーガニックの信頼を内側から汚しています。
最後はオーガニックに対する教育、教養の低さです。しっかり作られたオーガニック商品は、大概値段は高いものです。オーガニックは高級品で富裕層のものだと考えるのではなく、いかなる消費者も安心・安全で美味しいものを消費すること意識し、少しづつでも生活に取り入れるようになってほしいと願います。何を食べているのか、誰がどうやって作ったものかなど考えることも重要なのです。

ー オーガニックの認証マークは必要とお考えですか?

弊社の取扱商品は全てオーガニック認証を受けていますし、何を選んで良いのかわからない人たちにとっては特に必要だと思います。確かに真摯な物作りさえしてれば良いと思うところもありますが、まだ今日においては必要だと思っています。

ー 最後にメッセージをお願いします。

私たちはシンプルライフを推奨しています。自分が住んでいる地域で生産される旬なものをいただくことは、新鮮な季節の味わいを楽しめるだけではなく、無駄なコストがかからず健やかな暮らしに直結しているのです。

Fabio Brescacin(ファビオ・ブレスカチン)氏
Ecor-NaturaSì(エコール・ナトゥラシィ)の創立者。Ecorは、オーガニック、バイオダイナミック製品の最大手のディストリビューター、NaturaSìはオーガニック専門スーパーマーケット( 2018年11月現在266の直営店、約250の提携店でイタリア国内に500以上の販売拠点。その他スペイン、ポーランド、スロベニアなどにも展開)。