1. サイトトップ
  2. 農林水産物・食品の輸出支援ポータル
  3. 世界の食トレンド
  4. ミラノ
  5. TERROIR MILANO(テロワール・ミラノ): 日本食材も扱う家族経営のオーガニック専門店

農林水産物・食品の輸出支援ポータル

2017年11月にオープンしたテロワール・ミラノはGabriele Ornati (ガブリエレ・オルナーティ)氏の営む家族経営のオーガニック専門店。

店内は彼が自ら選んだ伝統や高い技術によって作られた厳選商品を一つ一つ仕入れており、大手オーガニックスーパーではカバーしきれないアイテムなども沢山取り揃えています。
「最近では大手スーパーでもオーガニック商品を扱っています。流通のリクエストに応じて生産量を増やすと、品質はどうしても低下すると思っています。」
「当店で扱う商品は、全てがオーガニックの認定を受けていると言うわけではありません。ただ、認定を受けていなくとも、オーガニックの生産工程となんら変わらない、もしくはそれ以上の生産方法をとっている生産者たちの商品を取り扱っています。お客様に品質の良さをご理解いただけるよう、丁寧に説明することに使命を感じています。最近では若い世代の人たちが立ち寄ることも多くなり、様々な年代の方々が来店されます。」
「ミラノの人々のライフスタイルは一から調理する時間が足りないため、サラミやレディミールなど簡単な手順で食べられる商品に人気が集まっています。」とオルナーティ氏。
店内は野菜、果物、チーズなどの乳製品、ジャム、コスメなどの他、自然派ワインやチョコレートなど品揃えが豊富です。また、テイスティングなどのイベントを開催するなど、こだわって選んだ商品が多く並びます。フレッシュジュースやコーヒーなどもその場で作ってもらえます。

日本食材も多彩に揃っており、日本茶は日本から直接輸入しているほか、イギリス、オランダなどの卸業者から仕入れています。干し椎茸、わかめ、白味噌、豆腐などが店内に並びます。
「日本食材を日本から直接輸入する際、イタリアにおける通関が深刻な問題です。5日で終わるような手続きを、1ヶ月以上待たされることもあり、問い合わせや催促等で無駄な時間と体力を費やすことになります。また賞味期限が短いものは販売期間にも大きく影響してしまいます。ゆずや醤油などの輸入販売も考え、生産者へ直接コンタクトを取ってみましたが、現状での輸入は難しい状況です。オランダやフランスなどでまとめて輸入してもらえるところがあれば良いのに、と思います。日本の商品で今後取り扱ってみたいものはふりかけです。」と苦労も交えてお話くださいました。

TERROIR MILANO(テロワール・ミラノ)
Via Macedonio Melloni, 33 – 20129, Milano
+39 02 38246796
https://www.terroirmilano.it外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
営業時間:月曜 15時~19時45分、火曜~土曜 10時~14時 / 16時~19時45分、日曜 10時~13時30分
アクセス:地下鉄M3パレストロ駅から徒歩17分