1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. ロシア・CIS
  4. ロシア
  5. 外国企業の会社設立手続き・必要書類

外国企業の会社設立手続き・必要書類

最終更新日:2017年03月27日

外国企業の会社設立手続き・必要書類

ロシアへの進出方法としては、現地法人の設立(通常、株式会社または有限会社)あるいは、駐在員事務所、支店の設立が考えられる。具体的な形態については、事業の内容、目的、目標を踏まえて判断するのが適切である。現地法人の登記手続きには会社設立書類(定款など)、出資者の書類(登記簿抄本)等、一定の書類を要し、いずれもロシア語訳が必要。

ロシアにおいて、法人登記(外資の現地法人を含む)は、2001年8月8日付連邦法第129-FZ号「法人および個人事業主の国家登記について」、2012年1月25日付連邦税務局規程MMV-7-6/25@号「法人、個人事業主および農家の国家登記に際し使用される文書の様式およびその文書の作成に関する要件事項の承認について」に基づいて行われる。

必要書類

会社設立にあたって、法人登記を行う機関である税務局(設立される法人の執行機関の所在地を管轄する税務署(モスクワ市とサンクトペテルブルク市では、それぞれ市内の1つの税務署が登記手続きを所管)に対して次の書類を提出しなければならない。

  • 設立事項(社名、資本金、経営陣等)が記載され、提出された設立文書が当該法人形態に関する法令の要件に適合すること、設立文書に含まれる事項が真実であること、法令に定めた設立手続き(資本金の払込手続きを含む)が遵守されたことを証明する申請書(申請書の添付書として、発起人の名前<名称>、納税者番号、出資の金額等の事項が記載される文書の提出が必要)
  • 当該法人の設立に関する決定書(発起人間の会議議事録)
  • 設立文書(定款等)の原本(2部)
  • 外国法人である発起人の法的資格を証明する外国登記簿抄本またはこれに相当する文書
  • 印紙税納付書

なお、上記の書類で、ロシア語が原本でない書類は、ロシア語訳を必要とする。また、ロシア語訳の書類に、公証人による公証を必要とする。さらに外国登記簿抄本に関しては、領事認証またはアポスティーユ(apostille、付箋による証明)が必要(日ロ両国とも外国公文書の認証を不要とする条約(1961年10月5日のハーグ条約)の加盟国であるため、アポスティーユによる証明をすることが可能)。アポスティーユにより証明された文書に関しても公証人により公証されたロシア語訳の添付が求められる。

登記の手順

税務署側は、必要な書類の提出を受けて、5営業日以内に、登記を行うか否かの判断をしなければならない。必要な書類の不提出または管轄を有しない機関への提出の場合、登記申請が拒否される。登記がなされた場合、法人に関する事項を統一国家登記簿に記載し、法人に対して登記証明書が交付される。

株式会社の場合

株式会社の設立に際して、有価証券市場を監督するロシア中央銀行により制定される規定(2014年8月11日付中央銀行428-P号規則「有価証券の発行基準、発効有価証券の発行(追加発行)の国家登録、発行(追加発行)の結果の国家登録、目論見書の登録の手続について」)に従い、株式発行の登記を行わなければならない。一定の場合において、目論見書の作成が義務付けられる。なお、一定の業種(銀行業務、保険業務など)の事業を営む外資企業の現地法人の設立に関しては、特別の手続きが制定されている。 

駐在員事務所、支店の場合

外国企業は、現地法人を設立せずに、駐在員事務所あるいは支店として、ロシア国内において活動を行うことが可能である。駐在員事務所・支店を開設するには、駐在員事務所・支店に関する各種登記手続はロシア税務当局(モスクワ47番税務署)において認証手続き(アクレディテーション:accreditation)を行わなければならない(金融機関の場合はロシア中央銀行)。上記認証を受けた駐在員事務所・支店についてロシア国内において認証された外国法人駐在員事務所・支店の登記が行われ、当該記載を証する証明書が交付される。また、各駐在員・支店員について、別途、ロシア連邦商工会議所において雇用外国人数の認証を受けなければならない。上記の規定は2015年1月1日より発効した(2014年12月26日付連邦税務局規程MMV-7-14/680@号)。

外国企業の会社清算手続き・必要書類

外国企業の撤退方法については、基本的にロシア企業での持分を譲渡する、あるいは、会社を解散・清算させる、または駐在員事務所・支店を閉鎖させるという2つのパターンがある。
法人の解散登記(外資の現地法人を含む)については、1994年11月30日付51-FZ号ロシア連邦民法第1部、2001年8月8日付連邦法第129-FZ号「法人および個人事業主の国家登記について」、2012年1月25日付連邦税務局規程第 MMV-7-6/25@号「法人、個人事業主および農家の国家登記に際し使用される文書の様式およびその文書の作成に関する要件事項の承認について」において規定されている。

会社の解散清算手続きの主な流れは次のとおりである。

株式会社の場合

まず、株主(有限会社の場合社員となるが、便宜上、株式会社の株主と有限会社の社員を以下、合わせて「株主」という。株主総会についても同様である)は、株主総会の決議(単独株主の場合、単独株主決定)をもって会社の解散・清算について決議・決定を行う。
清算委員会(清算人)を設置し、解散・清算の決定および清算委員会の設置について、登記当局(税務署)に通知する必要がある。税務署は当該通知を受け、当該会社の解散手続開始および清算委員会(清算人の就任)について登記を行う。

清算委員会は、会社の解散ならびに会社の債権者による債権の申告手続およびその期間について、国家登記官報(Vestnik Gosudarstvennoi Registratsii)に掲載して公告する。その期間は、公告の時から2カ月以上としなければならない。
上記期間経過後、清算委員会は、会社の財産および債権の金額を特定した上、中間清算貸借対照表を作成する。当該中間清算貸借対照表は株主総会での承認を経て、所定の通知および当該株主総会決議書とともに、税務署に提出する。
債務超過が発生した場合、原則として破産手続を開始する必要がある。
債務超過がない場合、清算委員会は、債務を返済し、その結果として、清算貸借対照表を作成する。当該清算貸借対照表は株主総会での承認を経て、当該株主総会決議書、所定の申請書、印紙税納付証明書、年金基金への通知の証明書とともに、税務署に提出する。

税務署は、上記の書類の提出を受けてから5営業日以内に解散登録を行い、国家登記簿に解散の記載を行う。当該記載の時点から当該法人の法人格が消滅し、会社としての解散手続きが完了する。

なお、上記の書類で、ロシア語が原本でない書類は、ロシア語訳を必要とする。また、ロシア語訳の書類に、公証人による公証を必要とする。

駐在員事務所・支店の場合

駐在員事務所と支店のそれぞれの閉鎖手続きは同様である。
駐在員事務所・支店の閉鎖にあたり、当該駐在員事務所・支店を設置した本社は、認証機関であるモスクワ47番税務署に対して、次の書類を提出する必要がある。

  1. ロシア国内の活動の終了に関する通知書
  2. 当該駐在員事務所・支店の閉鎖について本社の経営機関の決議書(例:取締役会決議書)の公証済みのコピー
  3. 国家登録上の駐在員事務所の記載/支店の認可および記載に関する証明書の原本
  4. 外国人駐在員及びその家族のアクレディテーション・カード
  5. 閉鎖手続を行う代理人の委任状
  6. (駐在員事務所の場合)駐在員事務所開設許可書の原本

また、金融機関および航空会社の駐在員事務所・支店の場合、上記の閉鎖手続に加えて、2014年12月26日付連邦税務局規程第MMV-7-14/682@号「税務当局における外国組織の登記に際して採用される書類の様式、フォーマット並びにその記入について」に従い、税務当局に対して、閉鎖の通知を行う必要があり、また、年金基金にも閉鎖の通知を行わなければならない。

その他

現地での資金調達制度に関連する詳細について。

リファイナンス・レート

ロシア中央銀行のリファイナンス・レートは、課税上、罰金金額の表示上の参考基準として使用されており、金融政策上の手段としてはキー・レートが使用されている(キー・レートとは、中銀が商業銀行を対象に行う1週間物の入札レポレートである)。
2016年1月1日より、リファイナンス・レートはキー・レートと同値とされた(2015年12月11日付ロシア中央銀行通達3894-U)、2017年1月31日現在10%である(2016年9月16日付ロシア中央銀行通達)。

ローン金利の損金算入

2002年1月1日にロシアの企業利潤税(法人税)課税において、ローンの資金使途に拘わらずローン金利の損金算入が可能になった。ロシア国内の資金調達コストが依然として高いことから、多くの外国企業は、ロシアではなく、本国で資金調達をする場合が多い。

新株発行等への増資

現地法人の場合、その形態によって、株式会社法上の新株発行による増資または社債発行、もしくは有限会社法上の増資を行うことが認められている。株式の発行に際して、有価証券関連法令に定める各種情報開示・発行登記の手続きを行う必要がある。ロシア国内での発行の場合、外資企業に関して、特段の制限はない。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. ロシア・CIS
  4. ロシア
  5. 外国企業の会社設立手続き・必要書類

マイリスト マイリスト一覧を開く マイリストに追加する

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで+ボタンを押してください。