1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. ロシア・CIS
  4. ロシア
  5. 外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用

外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用

最終更新日:2018年01月30日

外国人就業規制

外国人がロシアで働く場合、労働許可の取得を必要とする。2002年11月に施行された2002年7月25日付連邦法第115-FZ号「ロシア連邦における外国人の法的地位について」により、労働許可の取得に関する規制が強化された。

概要

ロシア憲法第62条第3項では、外国国籍および無国籍者は、ロシア国内において、連邦法または国際条約に特段の定めがある場合を除き、ロシア国籍者と平等の権利を享受し、義務を負うとしている。特段の定めにおける制限の一例として、外国人の労働許可制度が挙げられる。ロシアにおける労働許可の法制度は、2002年11月1日に発効した2002年7月25日付連邦法第115-FZ号「ロシア連邦における外国人の法的地位について」により規定されている。

また、2014年10月30日付連邦移民局通達第589号「連邦移民局による、外国人労働者の採用および使用に関する鑑定書と許可証、外国人および無国籍者の就労許可証の交付に関する国家業務の提供についての行政規則の承認について」では、外国人に対する労働許可の取得手続きについて、必要書類をはじめとする変更を加えている。

2002年7月25日付連邦法第115-FZ号「ロシア連邦における外国人の法的地位について」によると、ロシアにおける外国人の滞在には、一時的滞在、一時的居住、長期的居住という3種類があり、労働を目的とする滞在の種類は、一時的滞在(通常は1年以内の滞在、ただし3年以内の滞在の場合もある)および一時的居住(3年以内の滞在)である。

労働許可申請の手続き

労働許可の通常の手続きの流れは、次のとおりである。
外国人を雇用するには、招待状(事業主の申請で内務省移民総局が発行)、外国人雇用許可(一定の人数内において外国人を雇うことを認める書類)、外国人雇用契約に基づく個別の労働者の雇用許可の3つの書類が要求される。雇用許可を取得するためには、内務省移民総局に申請書を提出し、外国人を使用する予定の連邦構成体における雇用当局の意見書および雇用予定の企業の税務登記証明書などを提出しなければならない。
雇用許可書の交付を受けた場合、各被雇用者ごとに個別の許可証を受領する必要がある。すなわち「労働許可証」は2種類あり、外国人を雇用する予定の法人名義の外国人使用許可、および被雇用者自身の外国人名義の労働許可をともに取得しなければならない。
ロシア入国ビザを必要としない国の国籍を有する人については、簡易手続きが適用される。

2015年1月1日より、外国人は、居住証明、一時的居住許可、労働許可、労働パテント(CIS諸国からの労働者について適用される労働許可の一種)の取得を申請する際、ロシア語、ロシア歴史、ロシア法基礎の試験合格証明書を提出する必要がある(旧ソ連・ロシアの教育機関を卒業した外国人は上記試験が免除され、当該卒業証明書等を提出する)。

招待状の割当枠(クオータ)

ロシア政府は、連邦法「ロシア連邦における外国人の法的地位について」の第18条および第18.1条第3項に従い、毎年、前記の招待状について最大限の割当枠(クオータ)を設定(2017年12月8日付連邦政府決定第1479号に基づき、2018年の招待状のクオータは14万423件、CIS諸国からの外国労働者はロシア入国ビザが不要なため、前記制限の対象外)するとともに、労働許可についても、必要に応じてロシア全国または特定の地方を対象として、最大限のクオータを設定することができる。しかし、クオータが適用されない職業もあり、それは主に企業のトップの役職および特定のエンジニアである(当該職業のリストは、労働・社会保護省命令により規定)。また、ロシア政府は、2017年12月4日付連邦政府決定第1467号に基づき、野菜栽培、たばこ・アルコール・医薬品小売り販売等の一定業種について、2018年における外国労働者の最大割合を決定した。

雇用許可取得要件の免除

  • 高度熟練専門家
    外国からの高度熟練専門家(High Qualified Specialist:HQS)の採用を簡素化するため、2010年7月1日より、高度熟練専門家を対象とする労働許可制度が採用された(2010年5月19日付連邦法第86-FZ号)。
    高度熟練専門家とは、月々の所得が16万7,000ルーブルを超える外国専門家である(2015年3月8日付連邦法第56-FZ号により従来の年間所得200万ルーブルより基準が変更)。また、特別経済区の入居企業により雇用されるHQSについては、月額8万3,500ルーブルの所得基準(研究開発型特区の場合月額5万8,500ルーブル)が適用される。雇用者としては、過去2年間に外国労働者の不法使用の罰則歴のない、ロシアの営利団体、科学・教育・保健組織、外国法人の駐在員事務所・支店が認められる(駐在員事務所・支店については2015年1月より適用)。当該の高度熟練専門家の雇用に際しては、雇用許可が不要であり、クオータの適用がなく、前述のロシア語、ロシア歴史、ロシア法基礎の試験を受ける必要もない。
  • イノベーションセンター・スコルコヴォ
    研究開発の促進策であるイノベーションセンター・スコルコヴォ(モスクワ郊外)を中心とする奨励体制の一環として、2010年9月28日付連邦法第244-FZ号「イノベーションセンター・スコルコヴォについて」と2010年9月28日付連邦法第243-FZ号「『イノベーションセンター・スコルコヴォについて』の採択に関するロシア連邦法令の改正について」に従い、イノベーションセンター・スコルコヴォの入居企業による外国人の雇用については、雇用許可の取得要件およびクオータ適用が免除され、高度熟練専門家に関する前記の最低給与額の要件の適用から除外される。
  • WTO加盟国における営利企業のロシア子会社等
    ロシアにおける労働許可の取得ルールが、2014年より、WTO加盟国における営利企業のロシア子会社(サービスを提供する会社のみ)、駐在員事務所、支店の外国人従業員については簡素化された。1.のHQS制度と同様、雇用許可が不要となり、クオータも適用されず、ビザの最長期間が3年となった(通常は1年)。ただし、対象となる外国人従業員については、役職や給与額、その他の要件がある。

不法就労取り締まりの厳格化

近年ロシアでは、不法労働者に対する取り締まりが強化され、当該法律違反に対する処分の厳格化傾向が強まっている。改正後の2001年12月30日付第195-FZ号「行政違反に関する基本法」では、使用許可を取得せずに外国人を使用する法人に対しては、100万ルーブル以下の罰金または90日以内の業務停止が命じられ、労働許可なしでロシア国内において労働を行う外国人に対しては、7,000ルーブル以下の罰金または国外追放が命じられることがある。

在留許可

査証の種類や発給手続きなどについては、連邦法第114-FZ号「ロシア連邦からの出入国手続きについて」が規定する。外国人がロシアで働く場合、「普通労働ビザ」の取得が必要である。

概要

ビザの発給、入国、その他の在留手続きについては、1996年8月15日付連邦法第114-FZ号「ロシア連邦からの出入国手続きについて」で規定される。

ビザの取得には、ロシアの個人・法人などの申請によって関係機関(通常、外務省または連邦内務省移民総局)が交付する招待状が必要である(2002年7月25日付連邦法第115-FZ号「ロシア連邦における外国人の法的地位について」第16条、2012年11月30日付ロシア連邦移民局命令第390号「外国人および無国籍者のロシア連邦への入国に際する招待状の作成および発給に関する行政規則の承認について」)。

また、2003年1月10日付連邦法第7-FZ号「ロシア連邦からの出入国手続きの修正について」第26条によると、外国人で就労を目的としてロシアに入国する場合は、「普通労働ビザ」が必要となる。

普通労働ビザ申請手続き

具体的な交付手続きは、2003年6月9日付連邦政府決定第335号「査証様式、および査証の作成、その交付有効期間の延長、紛失の場合の再交付、査証の取消手続きならびに要件の制定の承認について」によって規定されている。
同決定第35項では、「普通労働ビザ」は、ロシアの外交機関または領事機関が、外国国籍の人に対して有効期間を3カ月とするビザを交付し、当該ビザを受け取った本人がロシア国内での滞在登録を行った地域を管轄する連邦内務省移民総局の地方局が、雇用契約等の期間(ただし、1年以下、なお、高度熟練専門家(High Qualified Specialist:HQS)およびWTO加盟国における営利企業のロシア子会社(サービスを提供する会社のみ)、駐在員事務所、支店の一定の外国人従業員については3年以下)を有効期間とする数次ビザを交付することができる。

また、外国人は、その滞在地を管轄する連邦内務省移民総局の地方局に登録しなければならない(2002年7月25日付連邦法第115-FZ号「ロシア連邦における外国人の法的地位について」第20、21条)。
2017年5月9日付202号大統領令「ロシア連邦における2018年FIFAワールドカップと2017年FIFAコンフェデレーションズカップの実施期間中の安全対策強化について」に従い、2018年FIFAワールドカップの実施期間中(2018年5月25日~7月25日)には、開催都市(モスクワ、サンクトペテルブルグ、エカテリンブルク、カザン、ニージュニー・ノヴゴロド、ソチ等)を訪れた外国人は、特別措置として、到着後1日以内に登録手続を行う必要がある。

2012年1月28日に署名された日露査証簡素化協定(日本国およびロシア連邦の国民に対する査証の発給手続の簡素化に関する日本国政府とロシア連邦政府との間の協定)は、2013年10月30日に発効し、特に、経済・商業活動を行うための入国手続きが簡素化された。
具体的には、新規則に基づき両国民は、最長3年有効な商用数次ビザを受領することができる。90日間有効な一次入国ビザの取得手続きも、簡素化された。加えて、ロシアに所在する法人・団体は、ロシア関係機関に招待状申請をすることなく、直接要望書を発行できるようになった。また、2016年12月の日ロ首脳会談を受けて、2017年より、日本人に発給される入国ビザの有効期限延長等の緩和措置が講じられた。

現地人の雇用義務

現地人の最低雇用人数については、特に定めはなく、現地法人の社長にも外国人が就任できる。ただし、禁止・制限業種に関しては、その限りではない。

現地人の最低雇用人数は特に定められておらず、現地法人の社長に外国人も就任できる。
ただし、「外資に関する規制 規制業種・禁止業種」の項目に記載したとおり、企業の最高責任者やその他の経営陣に関し、ロシア人の雇用義務が規定されている業種もある。なお、企業の会計担当者(会計部長等)は、ロシア国内の滞在資格として、一時滞在または一時居住の資格を持つ必要がある。

生産物分与協定制度に関しては、1995年12月30日付連邦法第225-FZ号「生産物分与協定について」第7条において、生産物分与の条件下で実施されるプロジェクトに従事する従業員総数の80%以上はロシア国籍でなければならず、外国の労働者および専門家の雇用は、プロジェクトの実施にかかる作業が初期段階にある場合または当該技能を有するロシア国籍の労働者および専門家がいない場合に限る、とされている。

その他

特になし

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. ロシア・CIS
  4. ロシア
  5. 外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。