製造業

製造業

日本は2019年に産業用ロボット4万9900台を導入し、これは中国に次ぐ世界第2位の新規導入数でした。

人手不足が深刻化する国内製造業において、産業用ロボットの益々の活躍が期待されています。


デジタル化を促し拡大する日本の製造業


日本が「ものづくり大国」と呼ばれるほどの一大産業である日本の製造業は、GDPで世界第3位の経済大国になるまで日本経済を支えてきた原動力です。2019年度における日本のGDPの業種別内訳では、製造業は全体の2割程度を占めており、自動車メーカーを筆頭に製造業に携わる多くのメーカーが日本経済を牽引しています。


政府主導で製造業の抜本改革と国際競争力強化を推進


本レポートにおいては、製造業における以下の5つの政府の取組を取り上げます。

(1)生産拠点の国内回帰や多元化支援

(2)次世代自動車推進事業

(3)出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正

(4)スマートファクトリー推進事業

(5)地方自治体の取組


本レポートにおいては、製造業における魅力的な市場として以下の4分野を取り上げます。

(1)自動車

(2)産業用ロボット

(3)半導体

(4)工作機械

製造業レポート

  1. 1. 全体概況

  2. 2. 政府の取組

  3. 3. 魅力的な注目市場分野

メールマガジン登録

このメールニュースでは、最新の投資環境情報やジェトロが支援した外国・外資系企業の動向等を紹介します。内容は自治体によるセミナー、インセンティブ、進出事例、規制緩和トピック、産業情報などです。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信