1. サイトトップ
  2. 農林水産物・食品の輸出支援ポータル
  3. 海外における日本産食材サポーター店認定制度

海外における日本産食材サポーター店認定制度

サポーター店認定制度とは

日本産農林水産物・食品の海外発信を強化するため、「海外における日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」に従い、国外にある、日本産食材・酒類を使用しているレストラン・酒専門店、日本食材・酒類を取り扱う小売店を「日本産食材サポーター店」として認定する制度です。

現在認定数が929店舗、認定団体は21団体、認定協力団体は3団体にご協力いただいております。(2017年10月12日現在)

関連データ一覧
サポーター店認定ロゴ:japanese Food Supporterの文字

認定要件について

飲食店

  • 日本産食材・酒類を使用した料理または酒を常に提供していること
  • メニューに食材・酒類が日本産である旨が表示されていること
  • 日本産食材・酒類の魅力や特長をPRしていること

小売店

  • 日本産食材・酒類を常に販売していること
  • 商品棚に日本産食材・酒類である旨が表示されていること
  • 日本産食材・酒類の魅力や特長をPRしていること

認定団体の募集について

ジェトロは、農林水産省が定めた「海外における日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」の運用・管理団体に指定されています。本ガイドラインに基づき、日本産食材を積極的に使用する海外の飲食店や小売店等を日本産食材サポーター店として認定していただく団体を募集しています。申請いただく際は、次の「認定団体募集要領」をお読みいただき、申請願います。

参考

お問い合わせ先 ・申請書提出先

ジェトロ農林水産・食品部 日本産食材サポーター店認定制度担当
Tel:03-3582-4954 Fax:03-3582-7378
メール:afa-supporter@jetro.go.jp