特集 サプライチェーンと人権

サプライチェーンが世界に張りめぐらされる今日、自社のビジネスが各国の人権にもたらす影響を認識・把握していないことは、大きな経営リスクとなりつつあります。これまで「人権」は国家と私人の文脈で捉えられてきましたが、ここのところ、企業活動の過程で生じる人権リスクに注目が集まりつつあります。海外で人権を理由とした企業のサプライチェーンに影響する規制を導入する動きが広がる中、ジェトロでは国内外の日本企業に対して、海外の主要国の対応の動向や企業としての留意点をご紹介します。

「サプライチェーンと人権」に関する政策と企業への適用・対応事例

EU、英国、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スペイン、米国、カナダ、豪州における法制化の動きや、法制化を受けた企業への適用・対応事例をまとめました。

サプライチェーンと人権に関する関連法令(参考和訳)

「サプライチェーンと人権」に関する政策と企業への適用・対応事例PDFファイル(1.7MB)(改定第四版 2022年4月26日掲載)

WEBセミナー

新時代の「サプライチェーンと人権」 ―世界の潮流と日本企業の役割と責任―

本ウェブセミナーでは、人権をめぐる内外の動向を概観するとともに、我が国政府の取り組みや法務の視点からの実務的な留意点、企業への期待などについて、専門家を招いてそれぞれの立場から解説しています。(収録日:2021年8月5日)

動画を視聴する(1時間58分)

海外ビジネス情報(海外主要国の動向)

ビジネス短信

地域・分析レポート

もっと見る

調査レポート

調査研究(アジア経済研究所)

ご相談

海外ビジネスにおけるサプライチェーンと人権に関するご相談は以下の窓口まで。

貿易投資相談

国際的な取り組みと日本政府の対応

参考資料

国内外の関連ウェブサイト