外資に関する規制

最終更新日:2018年01月30日

外資に関する規制

規制業種・禁止業種

石油の探鉱・採掘・生産、メッカとマディーナにおける不動産投資、軍事機器製造など特定分野への外国資本による投資は禁止されている。
その他、外国資本による事業が禁止される分野は、出版物の印刷・発行(例外あり)、ならびにハッジ(巡礼)とウムラ(小巡礼)関連ガイド業などがある。また軍事・治安関係、雇用・人材派遣、不動産仲介などのサービス業も禁止されている。

石油の探鉱・採掘・生産、メッカとマディーナにおける不動産投資、軍事機器製造などの分野や特定のサービス分野への外国資本による投資は禁止されている。主な外資参入の規制・禁止業種(ネガティブリスト)は次のとおり。

    • 製造業分野:石油の探鉱・採掘・生産、軍事機器・装備等製造、民生用爆発物製造。
    • サービス分野:軍へのケータリング、治安・警備、探偵業、メッカおよびマディーナにおける不動産投資、巡礼関連観光業、人材斡旋・採用サービス、不動産仲介業、報道、印刷・出版業(一部)、代理店、音声・映像サービス、陸上輸送(列車による乗客の市内輸送を除く)、助産婦・看護師、漁業、血液バンク・毒物センター・検疫。

SAGIA(サウジアラビア総合投資院):ネガティブリスト "List of businesses prohibited for foreign investmentsPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(506KB)"

ただしこれらの外資規制は、サウジアラビアのWTO加盟にかかる米国との二国間通商合意(2005年9月)とWTOへの正式加盟(同年12月)により、段階的に緩和されている。
WTO加盟に向けて、外資への規制が緩和されたのは次の分野。

        • 禁止されていた卸売業、小売業、フランチャイズ分野への外資参入を、出資比率51%までなら許可し、2008年末には75%まで許可した。輸入販売業も同じく75%まで認められ、2016年には小売・流通・輸入分野の外資出資比率を、条件付きながら100%に引き上げた。
        • サウジアラビアの代理店を通さない輸入品の卸売および小売業での直接取引を許可。貿易業における外資出資比率の上限は、卸売業、小売業と同じく基本的に75%。
        • 外国銀行の出資比率の上限を、40%から60%に引き上げ。
        • 外国保険会社によるサウジアラビア国内への支店開設を許可するとともに、外資出資比率の上限を60%とした。
        • 固定/携帯電話事業における外資出資比率の上限40%を、2007年に51%、2008年には60%に引き上げた。
        • エンジニアリング業における外資比率が、条件付きながら100%へ引き上げられたとの報道が2017年8月にあり、SAGIA(サウジアラビア総合投資院)でも既に受け付けが始まっていることを確認しているが、各種資料には未だ反映されていない(2017年11月現在)。

SAGIA "GENERAL RULESPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(13.69MB)" (14ページ、08:Types of Licenses, Minimum Capital Requirement and Percentage of Saudi Partnership:参照)
SAGIA News“100% Ownership in Engineering Consultancy外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

出資比率

外資100%での現地法人設立も可能だが、代理店業、保険・金融業、通信業、建設施工管理などのEPC(Engineering, Procurement and Construction)については、規制がある。

2016年5月に施行された新会社法により、有限会社(LLC)を設立する場合は、1人以上の株主(法人、個人のいずれでも可)による出資により設立が可能となったほか、資本金の額も引き下げとなった。

2016年4月13日付ジェトロ通商弘報記事「新会社法が5月から施行の見込み、50年ぶりの法改正」参照。

支店設立の場合は、本社100%の出資となる。

卸売業および小売業(輸入業、代理店等を含む)については、2008年末には外資の出資比率上限を75%に引き上げ、2016年6月には小売・輸入・流通業を外資に100%開放する旨の閣議決定を行った。しかしながら外資100%は条件付となっており、対象となるのは、製造工場や新技術を有しサウジアラビア人の雇用を創出する大企業に限定されるなど、完全に外資に開放されているとは言えない。同様にエンジニアリング業についても、10年以上の実績と4カ国以上に拠点があるという条件付きで、100%の外資出資が認められている。

2016年8月19日付ジェトロ通商弘報記事「一定条件の下、小売り・流通・輸入分野で外資100%の投資に道-米企業3社が認可を取得済み-」参照。

SAGIA "Council of Ministers Approves 100 Percent Ownership in the Trading Sector外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます"

SAGIA "GENERAL RULESPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(13.69MB)"
(14ページ、08:Types of Licenses, Minimum Capital Requirement and Percentage of Saudi Partnership参照)

外国企業の土地所有の可否

非サウジアラビア投資家は、「非サウジアラビア投資家の不動産所有及び不動産に関する法律」により、一定の条件の下では、ライセンス当局(内務省)の承諾を得ることを条件に必要な不動産(土地含む)を所有することができる。

非サウジアラビア投資家は、次のいずれかの利用目的のためであれば、ライセンス当局(内務省)の承諾を得ることを条件に、サウジアラビアの不動産を購入することが認められている。

  • 専門的、技術的、または経済的事業活動を実施するための利用
  • SAGIAの外国投資ライセンスを取得したプロジェクトに従事する従業員の個人住宅用不動産としての利用
  • 適法な滞在許可証(イカーマ)を有する個人の住居のための利用

ジェトロ:ビジネス関連法
非サウジアラビア投資家の不動産所有及び不動産投資に関する法律」(日本語仮訳)

資本金に関する規制

サービス業に関しては、金融業と農業を除き、外国企業参入に際しての最低資本金の規定はない。

サービス業における最低資本金

  • 金融業(保険・不動産金融):1億リヤル(再保険は2億リヤル)
  • 農業:2,500万リヤル

その他の分野における最低資本金

  • 製造業:100万リヤル
  • 不動産開発業:各プロジェクトにつき3,000万リヤル
  • 小売・卸売・貿易業:2,000万リヤル(外資出資分)

「サービス業」(金融業・農業以外)については、原則として最低資本金に関する規定はない。

その他規制

サウジアラビア外国投資法の中には細かい規制がある。例えば自国民雇用政策「サウダイゼーション」と同政策をプログラム化した「ニターカート」は、サウジアラビア人の雇用状況に応じたペナルティーを設けている。

詳細はジェトロ:「サウジアラビア外国投資法および外国投資法施行規則」 の日本語仮訳を参照。

サウダイゼーションの詳細は、ジェトロ:「外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用」を参照。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。