輸出入手続

最終更新日:2017年09月14日

輸出入許可申請

輸出入許可申請は不要だが、商業目的の輸入には事前に輸入者登録が、輸出には事前に輸出者登録が必要(「貿易管理制度」のページ参照)。
なお、輸出入法(1975年法律118号)施行規則(貿易・産業省令2005年770号)で品質検査などが義務付けられている品目については、事前に輸出入管理公団の承認が必要である。

商業目的の輸入には事前に輸入者登録が、輸出には事前に輸出者登録が必要(「貿易管理制度」のページ参照)。

輸出入法(1975年法律118号)施行規則(貿易・産業省令2005年770号)

第102条:輸入に際して品質検査が必要な品目は、次の条件を満たしていることが必要。

  1. 機械・装備
    本体および包装に原産国名が、アラビア語・英語・仏語のいずれかで刻字されていること。
  2. 加工された鶏肉・家禽・肉
    1. 貨物は、原産国からエジプトへ直送されること。
    2. 商品は衛生基準を満たし、きちんと包装されていること。包装ごとに、アラビア語で次の情報が記載されているラベルが貼られていること。
      1. 原産国
      2. 生産者名
      3. 食肉処理場名
      4. 加工日
      5. 輸出者の氏名および住所
      6. シャリーア(イスラム法)に基づいて加工工程を監督した団体名(原産国の商務部で認可されていること)
  3. 衣服・家具・カーペット・織物・キリム(靴下で、医療用・工業安全用のものを除く)
    商品ごとに、アラビア語で次の情報が縫製されていること。
    • 生地の種類
    • 原産国
    • 輸入者名

必要書類等

通関には、船荷証券、インボイス、パッキング・リスト、原産地証明書が必要。

原産地証明書については、担当当局(機関)発行のものが必要とされる。

ただし次の場合には、原産地証明書の提出は免除される。

  • 輸出入法 [1975年法律118号] 施行規則 [貿易・産業省令2005年770号] 付表2に掲げられた中古物品
  • 保健・人口省、および農業・土地造成省の担当部局によって認められた物品
  • メーカー(Producing Company)が作成した、原産国が明記されたインボイスがある物品

根拠法:輸出入法施行規則「2005年貿易・産業省令770号第14条項」

詳細は、輸出入法(1975年法律118号)施行規則(貿易・産業省令2005年770号)および関税法(1963年法律66号)施行規則(2006年大統領令10号)に記載。

査証

領事査証が必要な場合がある。

中東アフリカ地域の多くの国に向けて輸出する場合、輸出に先立ち、輸出者は輸出国における最寄りの大使館や領事館で、インボイスおよび原産地証明書に査証を受ける必要がある。
在日本エジプト大使館は、エジプト向け貨物については査証を受ける必要があるとしているものの、エジプト側の輸入者によっては不要ということも多く、実際、領事査証なく通関できているケースも多い。ついては、その都度、現地の輸入者等に確認することが必要である。

その他

外国工場・企業のエジプト輸出入管理公団への事前登録義務(貿易・産業省)

貿易・産業省は、2016年43号省令により、外国の工場や企業が同省令指定の食品・家電・生活雑貨を含む25分類に該当する品目をエジプト向けに輸出する場合、事前に同工場・企業をエジプト輸出入管理公団に登録することを義務付け、2016年3月16日から施行された。

ジェトロ通商弘報「外国工場・企業のエジプト向け輸出制度が変更に-貿易・産業省、3月16日から施行-」(2016年3月2日付)を参照。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。