日本からの輸出に関する制度 ペットフードの輸入規制、輸入手続き

米国の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2019年9月

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、米国政府は、日本で出荷制限措置がとられた品目について、県単位で輸入停止措置を講じるとともに、その他の品目については、米国の食品安全基準に違反していないことの証明または米国側でのサンプリング検査などを課しています。輸入警告(インポートアラート)は米国保健福祉省・食品医薬品局(FDA)のウェブサイトで公開されていますが、その内容は頻繁にアップデートされているため、注意が必要です。

ペットフードは農産物のような本項目に関する直接的な検査対象にはなりませんが、安全な原材料を使って製造することは製造会社の責任となります。

2. 施設登録、輸出事業者登録、輸出に必要な書類等(輸出者側で必要な手続き)

調査時点:2019年9月

ペットフードに関して、FDAによる市販前承認は要求されていません。日本からペットフードを輸入するためには、一般食品と同様にFDAの動物向け食品施設登録と事前通知などが必要となります。手続きについては、関連リンクの米国保健福祉省・食品医薬品局(FDA)「食品施設登録」および「事前通知」を参照してください。

また、輸入通関にあたり輸出者側で用意すべき書類は原材料によって異なりますが、動物由来の原材料が含まれている場合、日本からの輸出検疫証明書が必要なことがあります。

また、次のカテゴリーに入るペットフードについては輸入前の手続きが必要です。米国に輸出する前に、輸出業者、現地の輸入業者、通関業者などに輸入の適否も含め確認してください。

密封容器(レトルトパッケージや缶詰など)入りの低酸性缶詰食品(常温流通)と酸性化食品(常温流通)
  • 水分活性が0.85より高く、pHが4.6より高い、密封・常温で流通する食品は、低酸性缶詰食品として、連邦規則集21CFR Part108および113が適用されます。当該食品を製造/加工、梱包する施設は、食品缶詰施設登録様式FDA-2541、またはオンラインのFDA産業システム(FDA Industry Systems)を通して施設(FCE)登録を行う必要があります。また、それぞれの食品、容器の大きさと種類、製造方法ごとに、殺菌条件などの製造工程に関する情報を様式FDA-2541d、もしくは2541f、2541gの適切なフォームでFDAに提出しなければなりません。
  • 水分活性が0.85より高く、酸または酸性食品を加えることによりpHを4.6以下の酸性状態にした加工食品を密封・常温で流通する場合は、酸性化食品として、連邦規則集21CFR Part108および114が適用されます。当該食品を製造/加工、梱包する施設は、食品缶詰施設登録様式FDA-2541、またはオンラインのFDA産業システム(FDA Industry Systems)を通して施設(FCE)登録を行う必要があります。また、それぞれの食品、容器の大きさと種類、製造方法ごとに、殺菌条件などの製造工程に関する情報を様式FDA-2541eでFDAに提出しなければなりません。
なお、一貫して冷蔵または冷凍で保存・流通させる場合は、FCE登録や製造工程情報の提出は不要です。
原料に牛乳、脱脂粉乳、生クリーム、練乳などを使用した製品
米国輸入通関時に、日本の農林水産省動物検疫所から取得した、原材料が日本産であることを証明する「輸出検疫証明書」の提出を要求されることがあります。パウダーミルクの場合は、通常、そのような証明書がなくても通関できます。詳細はUSDAにお問い合わせください。
原料に畜肉・家禽肉(エキスを含む)由来のものを使用した製品
原則として、米国内外の食品安全検査局(Food Safety and Inspection Service:FSIS)が認可した工場で加工された畜肉、家きん肉および卵製品(液卵、乾燥卵など)以外は原料として使用できないという規則が厳格に適用されています。畜肉・家きん肉にはそれらの小片、エキスも含まれます。日本の畜肉や肉エキスの処理施設はFSISに認定されていないため、これらが含まれるペットフードは米国に輸出できません。
原料に卵由来の原料を使用した製品
FDA所管の卵を含む加工品(egg containing products)や調理済みの卵製品(cooked)に該当するペットフードは、殺菌証明があれば日本産の卵由来のものであっても勾留対象には通常ならないとみられます。
(*)ただし、担当する検査官によっては、卵製品と卵加工品を区別する基準に差があることに留意してください。卵加工品などとして輸入されたということであれば、前述のFDA所管の卵を含む加工品としての対応で問題ありません。
卵を含む加工品例で、FDAが所管するものの例:
【菓子】乾燥カスタードミックス、ケーキミックス、卵・卵製品入りのフレンチトーストなど
原材料に水産物が含まれている場合
だしなど原材料として水産物が含まれている場合は、水産物の米国輸入に関する規制が適用されるため、該当ガイダンスも参照してください。

関連リンク

関係省庁
米国保健福祉省・食品医薬品局(FDA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
米国農務省・動植物検査局(APHIS)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
米国農務省・食品安全検査局(FSIS)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
米国国土安全保障省・税関・国境取締局(CBP)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
農林水産省・動物検疫所外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
バイオテロ法(英語)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(401KB)
連邦食品医薬品化粧品法(Federal Food, Drug, and Cosmetic Act:FD&C Act)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
連邦規則集
その他参考情報
米国保健福祉省・食品医薬品局(FDA)から入手できる主な情報
米国農務省・動植物検査局(APHIS)から入手できる主な情報
ジェトロから入手できる主な情報

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2019年9月

日本からのペットフードの輸出にあたっては、動植物検疫は課されていませんが、動物由来の原材料が含まれている場合、USDA(米国農務省)から、日本側で発行の輸出検疫証明書が求められることがあります。詳細は動物検疫所へお問い合わせください。

  • 印刷する
  • Twitterにツイートする
  • Facebookでシェアする

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。