日本からの輸出に関する制度

豚肉の輸入規制、輸入手続き

品目の定義

本ページで定義する豚肉のHSコード

0203.11:生鮮および冷蔵の豚肉(枝肉および半丸枝肉)
0203.12:生鮮および冷蔵の豚肉(骨付きのもも肉および肩肉ならびにこれらを分割したもの)
0203.19:生鮮および冷蔵の豚肉(その他のもの)
0203.21:冷凍の豚肉(枝肉および半丸枝肉)
0203.22:冷凍の豚肉(骨付きのもも肉および肩肉ならびにこれらを分割したもの)
0203.29:冷凍の豚肉(その他のもの)

タイでの輸入手続き

1. 輸入許可、輸入ライセンス等、商品登録等(輸入者側で必要な手続き)

調査時点:2019年11月

タイ保健省食品医薬品局(FDA)、タイ農業協同組合省畜産局で事前手続きを行います。

  1. FDAでの手続き
    食品は「食品法(Food Act 1979)」に基づき、特別管理食品(Specific Control Food)、品質規格管理食品(Quality or Standard Control Food)、表示管理食品(Label Control Food)および一般食品(General Food)の4種に分類されます。豚肉は一般食品に該当します。販売目的で輸入する場合は、輸入者が食品輸入許可書(3年間有効)を取得しておくことが必要となります。
  2. 畜産局での手続き
    販売目的で輸入する場合は、動物伝染病法に基づき、畜産物取引許可書(1年間有効)(Ror.10/1)を取得し、船積みごとに畜産物輸入承認通知書(Ror.6)を取得しておく必要があります。
1.食品輸入許可書取得(Orr.7)
申請場所:
タイ保健省食品医薬品局(FDA)内ワンストップサービスセンター1階
審査後約7~10日で許可書が発行される。
必要書類:
  1. 申請書チェックリスト
  2. 輸入許可申請書(様式Orr.6): 法人登録証明書と同じ署名権限者が署名
  3. 添付書類
    • 申請者の身分証明書および住居登録証(タビアンバーン)コピー:外国人の場合はパスポートと労働許可証のコピー
    • 法人登録証コピー:6カ月以内に発行されたもので、販売目的の食品輸入に関する目的が記されたもの。
    • 株主名簿(BorOrrJor5)コピー:外国籍の法人の場合は外国人事業許可証のコピーまたは投資奨励カード(BOIカード)を添える。
    • 委任および実施者任命書:収入印紙30バーツを添付
    • 法人の署名権限者の身分証明書/パスポートコピー
  4. 食品輸入場所・保管場所に関連する書類
    • 食品輸入場所および保管場所の住居登録証コピー
    • 場所利用同意書の原本または賃貸契約書コピー(あれば)
  5. 食品輸入場所・保管場所に関する図表
    • 場所利用同意書の原本または賃貸契約書コピー(あれば)
    • 保管場所内のレイアウト
  6. 食品輸入許可申請書類の内容保証書(施設の検査を受けない場合のみ:施設の条件を満たしていることを保証する書類)
  7. 委任状(法人代表者が他者に申請を委任する場合)
2-1 畜産物取引許可書(Ror.10/1)の取得
手順:
  1. 畜産局e-Movement上で許可申請書を提出する。
  2. 審査後、許可書が発行される。
申請先:
畜産局e-Movement外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
必要書類:
  • 畜産物取引許可申請書(Ror.2/1)
  • 身分証明書複写
  • 法人登録証コピー
2-2 動物・畜産物輸入承認通知書(Ror.6)の取得
手順:
  1. 輸入者は動物・畜産物の輸入許可申請書(様式Ror.1/1)を輸入の7日以上前にe-Movementシステムを通じて提出する。
  2. 検疫所が申請内容、輸出国の疾病の発生状況を確認し、問題がなければ動物・畜産物輸入承認通知書(様式Ror.6 Import Permit)とRequirementを獣医検査検疫部長に提出する。
  3. 獣医検査検疫部長が通知書に署名し、Requirementの内容を確認した後、通関用に同通知書をシステム上で発行する。
  4. 輸入者は通知書とRequirementを受け取り輸出国に送付する(通知書の有効期限は60日)。
  5. 輸入者は貨物到着の3日前までに輸入港の獣医師に到着日時、船名または便名を通知し、検疫所は通関用に通知書の原本を発行する。
申請先:
畜産局e-Movement外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
必要書類:
  • 動物・畜産物輸入許可申請書(Ror.1/1)
  • 畜産物取引許可書(Ror.10/1)
  • 身分証明書複写
  • 法人登録証コピー
  • 委任状、委任者および受任者の身分証明書複写(申請を委任する場合)

2. 輸入通関手続き(通関に必要な書類)

調査時点:2019年11月

通関手続きの概要は次のとおりです。

  1. 輸入日に輸入者は動物・畜産物輸入承認通知書(Ror.6)と衛生証明書(Health Certificate)を動物検疫所に提出する。
  2. 輸入申告書に関する情報を端末上(NSWシステム)で関税局に送付する(Ror.6の番号が必要)。
  3. 内容が確認された後、検査要否の指示(Green Line/Red Line)と輸入申告書番号が発行される。
  4. 納税する
  5. 検疫、衛生検査。
  6. 動物・畜産物輸入許可書(Ror.7)が発行される。
  7. 3.の検査指示に従い、貨物の受け取り手続きに進む。
必要書類
食品輸入許可書(Orr.7)
動物・畜産物輸入承認通知書(Ror.6)
日本側発行の衛生証明書(Health Certificate)
輸入申告書
船荷証券(B/L)もしくは航空貨物運送状(Air Waybill)
インボイス
パッキングリスト
特定原産地証明書(EPA税率の適用を受ける場合)

3. 輸入時の検査・検疫

調査時点:2019年11月

タイ農業協同組合省畜産局管轄の動物検疫所で、動物伝染病法に基づく検査、および食品法に基づく残留農薬検査、重金属などの検査が行われます。

豚肉は動物検疫が必要です。販売目的で豚肉を輸入する場合は、輸入者が動物・畜産物輸入許可申請書(検疫)(Ror.1/1)を貨物到着の7日前までにタイ農業協同組合省畜産局獣医官検査検疫部に提出し、動物・畜産物輸入承認通知書(Ror.6)を取得しておかなければなりません。貨物が到着したら、動物・畜産物輸入承認通知書と輸出国発行の衛生証明書(Health Certificate)を輸入港の検査官に提出し、検査による問題がなければ、動物・畜産物輸入許可書(Ror.7)が発行されます。有効期間は7日間です。これは貨物の引き渡しの際に必要となります。

4. 販売許可手続き

調査時点:2019年11月

食肉を販売する者は、タイ農業協同組合省畜産局にe-Movementシステムを通じて畜産物取引許可を申請(様式Ror.2/1)し、畜産物取引許可書(様式Ror.10/1)を取得する必要があります。この許可の有効期限は発行日から1年となります。

5. その他

調査時点:2019年11月

なし

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。