1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 日本の食と文化を発信するニューヨークのストリートイベント「JAPAN Fes.」(米国)

日本の食と文化を発信するニューヨークのストリートイベント「JAPAN Fes.」(米国)

2018年12月26日

さまざまな情報の発信地として、世界中から注目を集める米国のニューヨーク市。この地で日本の食と文化をテーマにしたさまざまなストリートイベント「JAPAN Fes.」が注目を集めている。

テーマは日本の食と文化

JAPAN Fes.は、ニューヨークを拠点に日本の食と文化をテーマにした、等々力雅彦氏と山本竜也氏が主催する一連のイベントの名称だ。元々は、2009年に等々力氏によって「Japan Block Fair」という名称で開始された。開始当初は、イベントの頻度が年間1~3日程度であったが、2016年に山本氏が運営に加わって以降、名称をJAPAN Fes.と変更し、イベントの頻度が年間10日を超えるようになった。2018年には、日米のラーメン店が競う「ラーメンコンテスト」を4カ所、日米のお好み焼きとたこ焼きの店が競う「粉もんコンテスト」を2カ所のストリートで行ったほか、沖縄音楽をコンセプトにした「沖縄ミュージックフェスティバル」、夏祭りをコンセプトにした「サマーフェスティバル」、中国および韓国の団体とコラボレーションしたイベント「Asia Bites Times Square」など、合計11日間のさまざまなイベントを行った。最も開催実績が多く、人気になっている「ラーメンコンテスト」では出店企業8社で1日に4,500食、「粉もんコンテスト」では出店企業8社で1日に4,000食が提供された。来場者の多くはフェイスブックでイベントを知った米国人で、20代から30代が多い。


2018年9月のラーメンコンテストの様子
(山本氏提供)

2018年7月の「Asia Bites Times Square」の様子
(山本氏提供)

日本企業の進出の足掛かりに

山本氏によれば、日本企業がJAPAN Fes.に出店する理由は、イベント出店自体が日本で宣伝になるから、または、米国進出に関心があるから、との2つだという。米国進出に関心がある企業にとっては、このイベントが絶好のテストマーケティングの場になっている。さらに、その先の進出サポートについては、JAPAN Fes.と関連のある会社などを通して、物件探し、会社設立、営業許可取得などのサポート、弁護士、会計士などの紹介、プロモーション、そしてニューヨークでレストラン経営をしている自身の経験に基づくコンサルティングも可能だという。

2018年にJAPAN Fes.のストリートイベントに出展したある日本の企業は、「今回のイベントで大変良い経験をさせてもらい、出店意欲が高まった」と語る。

実際に2016年のラーメンコンテストへの出店をきっかけにニューヨーク進出に至ったのが、鹿児島県に本店を構える「麺屋二郎」だ。2016年のラーメンコンテストの開催が決まった当時、山本氏は、北は北海道から南は沖縄まで、さまざまなラーメン店にフェイスブックなどでコンタクトを試みていた。そうした中、麺屋二郎の社長の安間二郎氏から返信を受け、東京で面会して出店が決まった。そして、コンテスト当日の結果は、麺屋二郎が優勝。フェイスブックでの返信から優勝までの間はわずか2カ月であった。その後、麺屋二郎は2017年にニューヨークでの第1号店を開店し、現在では3店舗を経営するに至っている。山本氏は「JAPAN Fes.は1日や2日のイベントにすぎないが、このイベントをきっかけに1人でも多くの日本人の方々に海外挑戦に踏み出していただけると本望」と語る。

現在も、JAPAN Fes.のイベントに参加したラーメンやお好み焼きの複数の企業が、ニューヨークへの進出を具体的に検討しているという。

数々の「想定外」を乗り越えてきたストリートイベント

ストリートイベント、それもニューヨークでとなるとトラブルは付き物だ。天候不順で客足が伸びないというストリートならではの問題をはじめとして、地場の業者が時間通りに来ない、ガスボンベが正常に働かない、購入したばかりのホースが穴だらけだったなど、日本では想定できないことが次々に起こる。それでも何十日、何十回とストリートイベントを経験してきたからこそ、現在では大抵のことは想定内となり、安定した運営ができるようになったという。

日本人のチャレンジを応援したい

「多くの日本人がニューヨークで店を持ちたいという夢を持っており、自分たちはそれをかなえる手伝いをしたい。海外での挑戦の機会を少しでも多く提供できるよう、イベント数を増やしていきたい。2019年は18日ほどに挑戦する」と山本氏。

「イベントをきっかけに1人でも多くの日本人、日本企業がニューヨークに進出されることを願っている。将来はそうした集大成のイベント、数万人規模のイベントを開催できるようにしたい」。山本氏自身も大きな夢を抱く1人のチャレンジャーとして、JAPAN Fes.を成長させようと日々奮闘している。

執筆者紹介
ジェトロ・ニューヨーク事務所
沼田 茂仁(ぬまた しげひと)
2006年、農林水産省入省。2016年8月より現職(出向)。農林水産・食品関係業務を担当。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ