輸出入手続

最終更新日:2018年02月20日

輸出入許可申請

インドで輸出入業務を行うためには、輸出入業者コード(Importer-Exporter Code:IEC)の取得が必要。IECは商工省商務局・外国貿易部(DGFT)のウェブサイトよりオンライン申請で入手可能。物品・サービス税(GST)導入後、IECをPermanent Accounting Number(PAN)と関連つけることになった。

商工省商務局・外国貿易部(Directrate General of Foreign Trade:DGFT外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます, Department of Commerce, Ministry of Commerce and Industry
住所:H-Wing, Gate No. 2, Udyog Bhawan, Maulana Azad Road, New Delhi 110 001
Tel:91-011 -23062777
Fax:91-011 23062225

全国の各DGFT地方事務所のコンタクト先リストは、DGFTのウェブサイトから入手可能。

DGFT:List of email address of Zonal offices / RAs外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

輸出入業者コード(Importer-Exporter Code:IEC)は、商工省商務局・外国貿易部(DGFT)のウェブサイトよりオンライン申請した後、2営業日以内に許可の有無が通知される。〔2015~2020年外国貿易政策、項目1.11〕
輸出制限品目のライセンス取得および各輸出促進スキームの利用については、各管轄地域のDGFT事務所(全国に地方事務所あり)に申請する。

なお、物品・サービス税(GST)導入後、輸出入業者コード(IEC)をPermanent Accounting Number(PAN)と関連付けることとなったため、既にIECを取得している輸出入業者に対し、DGFTによってシステム上必要な変更が行われている。今後、輸出入業者がインド当局とのやり取りには、PANを示す必要がある。

必要書類等

輸出入には商工省公示に基づき、輸出入業者コード(IEC)の取得を義務付け。必要書類の詳細はDGFTの「Hand Book of Procedures」に掲載。

インドで輸出入業を行う際には、まず、輸出入業者コード(Importer-Exporter Code:IEC)の取得が義務付けられている。IECは、DGFTよりオンライン申請にて入手可能。
DGFT:オンライン申請フォーム (Information on online application for e-IEC.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

申請先は各管轄地域のDGFT事務所。

その他、輸入通関の際に必要な書類は次のとおり。〔2015~2020年外国貿易政策、項目2.06〕

  1. インボイス(商用)
  2. 税関申告書
  3. パッキングリスト(インボイスと併せることも可能。

    詳細は中央物品関税局:Circulars-2015Merging of Commercial invoice and packing list - reg外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)参照。

  4. 船荷証券
  5. 航空貨物運送状

詳細は商工省:2015~2020年外国貿易政策(Foreign Trade Policy 2015-2020PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(1.96MB))参照。

査証

輸入に際し、査証手続きは必要ない。

その他

特になし

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。