Reason4. 安定したインフラ

Reason4. 安定したインフラ

公共交通機関サービスの
効率性

世界1

電力へのアクセス

世界2

空港における接続性

世界3

  1. 「The Global Competitiveness Report 2019」(世界経済フォーラム)


停電継続時間および停電回数が極めて少ない日本

電力の安定・安全供給が定着しているため、安心してビジネス活動ができる。

平均停電継続時間指標と平均停電回数指標の国際比較

平均停電継続時間指標(SAIDI):日本0.0375、韓国0.04、シンガポール0.06、ドイツ0.25、英国0.28、フランス0.35、中国0.896、カナダ0.98、米国1.28、イタリア1.3。平均停電回数指標(SAIFI):日本0.024、韓国0.05、シンガポール0.11、ドイツ0.3、英国0.14、フランス0.29、中国0.188、カナダ1.48、米国0.378、イタリア2.22。
  1. 〔注〕2020年の値。平均停電継続時間指標(SAIDI)は1年あたりの停電継続時間数、平均停電回数指標(SAIFI)は1年あたりの停電回数を示し、ともに値が低いほど良い。

    〔出所〕「Getting electricity: System average interruption duration index (SAIDI) (DB16-20 methodology)」、
    「Getting electricity: System average interruption frequency index (SAIFI) (DB16-20 methodology)」(世界銀行)より作成


インターネット利用率

(人口に占める割合)

91%

携帯電話加入者数

(100人当たり)

141

携帯電話加入者数(100人当たり)

携帯電話加入者数(100人当たり)。日本141、韓国134、イタリア133、米国129、ドイツ128、中国120、英国118、フランス111、カナダ93
  1. 〔注〕携帯電話加入者数における日本と英国は2018年、その他の国は2019年の値。

    〔出所〕「Individuals using the internet (% of population)」、「Secure Internet servers
    (per 1 million people)」、「Mobile Cellular subscriptions (per 100 people)」(世界銀行)より作成


アジアの主要ビジネス地区にアクセスが便利

関西国際空港からアジア主要ビジネス地区へのフライト圏内。2時間圏内:釜山(韓国)1時間3分、ソウル(韓国)1時間50分。3時間圏内:大連(中国)2時間3分、上海(中国)2時間25分。4時間圏内:台北・桃園(台湾)3時間10分、台南(台湾)3時間45分、香港(香港)3時間50分、広州(中国)4時間

全国に行き渡る便利な交通インフラ

新幹線での所要時間:仙台―東京 1時間33分、東京―新大阪 2時間23分、 新大阪―博多 2時間25分
飛行機での所要時間:東京―福岡 2時間、東京―札幌 1時間30分、札幌―福岡 2時間35分

・新幹線: 北海道新幹線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線。 ・駅名: 新青森、八戸、秋田、盛岡、新庄、山形、仙台、福島、新潟、長野、高崎、大宮、東京、新横浜、名古屋、京都、新大阪、岡山、広島、小倉、博多、熊本、鹿児島中央。・拠点空港: 稚内、旭川、釧路、帯広、新千歳、函館、秋田、山形、新潟、仙台、成田国際、東京国際、中部国際、大阪国際、関西国際、高松、高知、松山、広島、山口宇部、北九州、福岡、長崎、熊本、鹿児島、宮崎、大分、那覇。


Reason5.暮らしやすい社会

都市の安全性

世界1

Reason5.暮らしやすい社会

WHY JAPAN? 日本に投資すべき5つの理由

  1. Reason 1 世界3位の経済大国、日本

  2. Reason 2 イノベーションハブとして開かれた日本

  3. Reason 3 優れたビジネス環境

  4. Reason 4 安定したインフラ

  5. Reason 5 暮らしやすい社会

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信