Reason1. 世界3位の経済大国、日本

Reason1. 世界3位の経済大国、日本

GDP総額


世界3

国内市場が持つ競争力

(市場シェアやサービス分野での競争力などを総合的に評価)

世界5

  1. 「The Global Competitiveness Report 2019」(世界経済フォーラム)


  1. (単位:10億米ドル)

順位 国名 名目GDP
1 米国 20,937
2 中国 14,723
3 日本 4,975
4 ドイツ 3,846
5 英国 2,708
順位 国名 名目GDP
6 フランス 2,630
7 インド 2,623
8 イタリア 1,886
9 カナダ 1,644
10 韓国 1,631
  1. 〔出所〕「GDP(Current US$)」(世界銀行)より作成


対日直接投資残高

39.7兆円

2020年の対日投資残高は39.7兆円、対GDP比7.4%。
  1. 〔出所〕「本邦対外資産負債残高」(財務省、日本銀行)、「国民経済計算」(内閣府)から作成


国家レベルのGDPを有する日本の地方経済

日本の経済力は東京にとどまらない。各地方は、ヨーロッパやアジアの国々の国家GDPを上回っている。

日本の地方と各国とのGDP比較。(単位:10億米ドル) 北海道・東北569.1、スウェーデン555.5。 関東2,089.2、ブラジル1,885.5。 中部791.7、トルコ778.4。 近畿776.8、スイス735.9。 中国273.6、チェコ249.0。 四国130.2、スロバキア105.5。 九州470.2、オーストリア455.1。
  1. 〔出所〕内閣府「平成30年度県民経済計算について」2021年8月


外資系企業による評価:最大の魅力は「日本市場」

企業にとって日本に投資する魅力は、
「市場規模の大きさ」と「新商品・新サービスの競争力の検証可能性」。

外資系企業の61.0%が、日本の市場規模の大きさを評価。

所得水準が高く、製品・サービスの顧客ボリュームが大きい
(市場規模が大きい)

61.0%

外資系企業の47.3%が、日本で新製品・新サービスの検証ができると回答。

製品・サービスの付加価値や流行に敏感であり、
新製品・新サービスに対する競争力が検証できる

47.3%

  1. 〔注〕計2,468社が回答。アンケート項目「日本で事業展開する上での魅力」では上位5項目まで選択可。

    〔出所〕 「第54回外資系企業動向調査(2019年度実績)」(経済産業省)から作成


日本は「課題解決先進国」を目指す

日本は少子高齢化や地域間格差など様々な社会課題を抱えていることから、
デジタル革新・多様なビジネスへのニーズが高い。

課題先進国である日本(少子化、高齢化、デフレ、低生産性、地域間格差、人手不足、インフラ老朽化、自然災害)はビジネス革新および多様なビジネス(遠隔医療、シェアリング、物流効率向上、防災管理、建機遠隔制御、電子決裁、自動農場管理、テレワーク)に対するニーズが高い。
  1. 〔参考〕「世界の構造変化と日本の対応(平成30年5月)」(経済産業省)


Reason2. イノベーションハブ

産業クラスター(東京‐横浜)

世界1

Reason2 イノベーションハブとして開かれた日本

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)