1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 台湾
  5. 外国企業の会社設立手続き・必要書類

外国企業の会社設立手続き・必要書類

最終更新日:2017年03月29日

外国企業の会社設立手続き・必要書類

経済部商業司に会社名称および営業項目調査の事前審査を受けた後、経済部投資審議委員会に投資申請し、認可取得後、会社登記を行う。ただし、加工出口区または科学工業園区の場合、単一窓口で手続きできる場合がある。

華僑・外国人の投資案件の審査、認可の手続きは、制限類に属さない15億台湾元以下の案件が5日以内、制限類に属する、または15億台湾元を超える案件が30日を目安とする。
2016年の外国人・華僑による投資案件は合計3,414件、約110億3,706万1,000ドルで、うち外国人投資約110億2,623万4,000ドル、華僑投資約1,082万7,000ドル。

管轄官庁

  1. 外国人投資申請
    外国企業が台湾で会社を設立する際、まず経済部投資審議委員会に外国人投資を申請し、許可を得る必要がある。

    経済部投資審議委員会外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますInvestment Commission, Ministry of Economic Affairs (MOEA):MOEAIC外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
    住所:10092台北市中正区羅斯福路一段7号8階
    Tel:+886-2-3343-5700
    E-mail:serve@moeaic.gov.tw
    • 第一組(外国人および華僑による投資申請案件の審査)
      Tel:+886-2-3343-5763
      Fax:+886-2-2396-3970
  2. 会社登記申請

    経済部投資審議委員会の許可取得後、資本金または所在地により、次の機関に会社登記を申請する必要がある。

    1. 払込済資本金5億台湾元以上
      経済部商業司:全国商工行政服務入口網外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますCommerce Industrial Service Portal by Dept. of Commerce, MOEA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
    2. 払込済資本金5億台湾元未満
    3. 加工出口区(加工輸出区)、科学工業園区(サイエンスパーク)、屏東農業生物技術園区、海港自由貿易港区、桃園航空自由貿易港区
      これら区内の会社は、加工出口区管理処、科学工業園区管理局、屏東農業生物技術園区準備処、交通部航港局または交通部民用航空局、それぞれで登記申請を行う。
      1. 経済部加工出口区管理処:加工区園区服務版外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますExport Prodessing Zone Administration, MOEA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
      2. 科学工業園区
      3. 行政院農業委員会:農業生物技術園区準備処外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますPingtung Agricultural Biotechnology Park外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます日本語外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
      4. 交通部航港局外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますMaritime and Port Bureau, Ministry of Transportation and Communications (MOTC)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
      5. 交通部民用航空局外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますCivil Aeronautics Administration, MOTC外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます


    進出形態

    営業活動を行わない連絡事務所と代表事務所、営業活動を行う工事事務所、支店、現地法人がある。

    営業活動を行わない 連絡事務所 情報収集など、本社との連絡業務に限定され、法律行為は駐在員個人の名義で行われる。法人格なし。
    代表者事務所 営業は行わないが、本社のための法律行為(台湾にて第三者間との契約交渉・締結、台湾での訴訟・非訴訟事件に関する代理行為等)に限定(銀行、保険業など一部の業種は主管機関の許可が必要)。法人格なし。
    営業活動を行う 工事事務所 インフラ建設関連工事など、一定期間のみ台湾でサービスを提供する際の税金納付の対応手段として利用(一時的な販売やサービス提供の場合もあるため、必ずしも「工事」に限定せず)。法人格なし。
    支店 外国法人の支店。法人格とみなす。
    有限責任組合 法人格あり。人的要素(専門知識)および柔軟な経営体制が重視される小規模事業の利用を想定。
    現地法人(子会社など) 法人格あり。現地法人として「無限公司」「両合公司」「有限公司」「股份有限公司」の4種類が存在し、うち「股份有限公司」形態での設立が多数を占める。
    現地法人および支店設立手続き、必要書類

    原則、まず経済部商業司に会社名称および営業項目調査の事前審査を受けた後、経済部投資審議委員会に投資申請し、認可取得後、会社登記を行う。ただし、加工出口区または科学工業園区の場合、単一窓口で手続きできる場合がある。
    また、2015年11月30日有限責任組合法の施行により、現地法人の形態で、有限責任組合も選択できるようになった。


    原則、外国語による書類は中国語翻訳、委任状や会社登記簿謄本は台湾の在外機関による認証がそれぞれ必要。場合によっては、補足資料の提出が求められることがある。
    また、「営利事業登記証」は法改正に伴い、2009年4月13日より廃止された。

    工場設置

    工場の設置場所によって手続きが異なる。

    華僑および外国人が台湾に工場を設置する場合、工場設置場所が一般工業区、加工輸出区、科学工業園区のいずれかによって、投資申請手続き、工場設置手続きの流れは異なる。

    1. 一般工業区:会社登記までは現地法人設立(または支店設立)と同様。その後、工場登記を申請、取得し、税籍登記(営業登記)をする。なお、営業の都合などにより、先に税籍登記を済ませ、後から工場登記を追加することもできる。
    2. 加工出口区、科学工業園区:投資申請、会社登記申請、工場登記申請、税籍登記申請は、いずれも工場を設置する加工出口区または科学工業園区に対して行う。

    代表者事務所、連絡事務所および工事事務所設立手続き、必要書類

    代表者事務所は設立申請と税籍登記が、連絡事務所と工事事務所は税籍登記が、それぞれ必要である。

    ジェトロ:台湾「外国企業の代表者事務所、連絡事務所および工事事務所設立手続」(2017年3月29日付)PDFファイル(131KB)

    原則、外国語による書類は中国語翻訳、委任状や会社登記簿謄本は台湾の在外機関による認証がそれぞれ必要。場合によっては、補足資料の提出が求められることがある。

外国企業の会社清算手続き・必要書類

外国企業が台湾の投資拠点から撤退し、台湾現地法人を解散する場合、経済部投資審議委員会に対し投資撤退許可を取得し、会社登記の主務機関および税務機関に対し、解散登記手続き、税籍抹消手続きを完了しなければならない。

会社解散に関する手続き

外国企業が設立した台湾現地法人の解散について、次の手続きが必要である。

  1. 株主総会で会社の解散を決議、清算人を選任、清算手続きを開始。
  2. 経済部投資審議委員会に対し、外国人投資撤退を申請し、許可を取得。
  3. 主務機関に対し会社解散登記を行う。
  4. 税務機関に対し税籍(統一番号)登録抹消手続きを行う。
  5. 税務機関に対し当期営業税を申告する。
  6. 清算手続き開始後6カ月以内に清算手続きを完了し、裁判所に清算完了報告を行う。

会社解散、清算手続き必要書類
  1. 経済部投資審議委員会への外国人投資撤退手続き

    〔必要書類〕
    原則、外国語による書類は中国語翻訳が必要。場合によっては、補足資料の提出が求められることがある。
    1. 外国人投資撤退申請書  
    2. 解散決議に関する株主総会議事録のコピー  
    3. 会社登記簿謄本  
    4. 代理人が代行する場合、委任状の原本および代理人の身分証明書のコピー

    投資事業解散註鎖投資申請書(僑外F)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(ダウンロード、126KB) (外国人投資撤退申請書)

    〔問い合わせ先〕
    経済部投資審議委員会外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますInvestment Commission, Ministry of Economic Affairs(MOEA):MOEAIC外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
    住所:10092台北市中正区羅斯福路一段7号8階
    Tel:+886-2-3343-5700
    E-mail:serve@moeaic.gov.tw
  2. 主務機関への解散登記手続き
    株主総会が解散を決議した日より15日以内に、会社設立時の登記機関に対して解散登記を申請する。

    〔必要書類〕
    原則、外国語による書類は中国語翻訳が必要。場合によっては、補足資料の提出が求められることがある。
    1. 解散登記申請書
    2. 解散決議に関する株主総会議事録のコピー
    3. 会社登記簿謄本
    4. 代理人が代行する場合、委任状および代理人の身分証明書

    〔問い合わせ先〕
    会社設立時の登記機関

    全国法規資料庫:公司之登記及認許弁法外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますRegulations Governing Company Registration and Recognition外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(会社の登記および認許弁法)
  3. 税務機関への税籍登録抹消手続き
    主務機関の解散許可を取得した日より15日以内に、税籍登録抹消手続きを行わなければならない。

    〔必要書類〕
    原則、外国語による書類は中国語翻訳が必要。場合によっては、補足資料の提出が求められることがある。
    1. 税籍登録抹消申請書
    2. 統一発票購入証
    3. 当期売上額および税額申告書および営業税納付証明書のコピー
    4. 主務機関の解散許可書

    財政部:税務入口網「営業人註鎖登記申請書(A4直印)」外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(税籍登録抹消申請書)

    〔問い合わせ先〕
    管轄の国税局

    財政部:税務入口網外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますeTaX Portal外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
労務上の注意点

会社を解散する場合、従業員に対して普通解雇退職金を支払わなければならない。
旧制度(労働基準法)適用労働者に対し、勤続年数に応じて1年につき平均賃金(会社解散前6カ月間の平均賃金)の1カ月分を支給、新制度(労働者退職金条例)適用労働者に対して、勤続年数に応じて1年につき平均賃金の0.5カ月分(最高6カ月間の平均賃金)を支給。

駐在員の帰任

現地法人は、駐在員との労働関係または委任関係が終了した日より3日以内に、管轄の主務機関、移民署事務所、警察機関に対して、駐在員の名前、性別、年齢、国籍、入国日、勤務期限、労働許可書番号、外僑居留証のコピーなどを書面で通知しなければならない。駐在員が台湾を出国する前に、管轄の移民署事務所に対し、外僑居留証を返却し、出国手続きを完了しなければならない。

内政部移民署:外国人在台湾外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますLiving in Taiwann外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
当該ウェブサイトの末尾に次の外來人士在室生活諮詢服務熱線(外国人生活ホットライン)
の案内あり。
現地フリーダイヤル:0800-024-111
海外:+886-800-024-111

その他

特になし

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 台湾
  5. 外国企業の会社設立手続き・必要書類

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。