備考

最終更新日:2021年12月24日

備考

2021年から2025年の5カ年計画となる「第12次マレーシア・プラン」は、当初2020年8月に議会提出の予定だったが、新型コロナウイルス流行や首相の交代などの影響により、2021年9月27日に提出された。経済の再生、治安・福祉・包摂性の強化、持続可能性の追求を3つの基本的な柱とし、2030年までの高所得国入りを目指している。政策面では、将来に向けた人材育成、技術導入の加速と技術革新、コネクティビティ拡大と交通インフラ、公共サービスの強化の4つを中心に据えている。

マレーシア首相府:第12次マレーシア・プラン "TWELFTH MALAYSIA PLAN 2021-2025外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます"