外資に関する奨励

最終更新日:2021年06月07日

奨励業種

制度上の奨励業種はないが、近年香港政府はイノベーション・科学技術産業の振興に力を入れている。

香港投資推進局(InvestHK)は、香港における主要産業として、ビジネス・専門サービス、クリエイティブ産業、消費財、金融サービス、フィンテック、情報通信技術、科学技術・イノベーション、観光・接客業、運輸・物流をあげている。

詳細は、香港投資推進局(InvestHK外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます) ウェブサイト参照。

各種優遇措置

アジアのビジネスハブおよび国際金融センターとしての地位向上、イノベーション・科学技術産業の振興のため、税制上の優遇措置や海外高度人材の優遇措置を講じている。

税制上の優遇措置については、日本からの進出に関する制度「税制」参照。

海外高度人材の優遇措置

2018年6月から一定の要件を満たした海外の人材を対象に、就労ビザの申請手続き簡素化などの優遇策が適用される「科学技術人材入境スキーム」が実施された。同スキームを通じ、海外や中国出身の科学技術人材の香港への獲得を促進し、香港の科学技術、イノベーション分野の競争力の向上が目指された。
2020年1月、「科学技術人材入境スキーム」の強化措置が発表され、対象分野として、従来の7分野(人工知能、バイオテクノロジー、サイバーセキュリティ、データ分析、金融技術、材料科学、ロボット工学)に加え、6分野(5G通信、デジタルエンターテイメント、グリーンテクノロジー、集積回路設計、IoT、マイクロエレクトロニクス)が新たに追加された。
詳細は、創新科技署(Innovation and Technology Commission外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)ウェブサイト参照。

その他

香港貿易発展局(Hong Kong Trade Development Council)のウェブサイト上で、香港でのビジネス展開にあたってのサービスプロバイダー情報、ならびに電子・電機機器、アパレル、ギフト・家庭用品、宝飾品・時計、照明器具、通信機器、玩具・ベビー用品などの製品サプライヤー情報を提供している。

詳細は、香港貿易発展局(Hong Kong Trade Development Council外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)ウェブサイト参照。