1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 2019年の輸出入、ともに過去最高額を更新(スイス)

2019年の輸出入、ともに過去最高額を更新(スイス)
化学・医薬品の輸出は2020年に入っても拡大基調

2020年8月25日

2019年のスイスの貿易は、輸出入ともに過去最高額を記録した。輸出入双方で最大の貿易品目の化学・医薬品が伸びた。2020年に入ると、新型コロナ禍から多くの品目で貿易が減退した。しかし、化学・医薬品の輸出増は続く。

輸出の増加で貿易黒字が拡大

2019年の貿易(通関ベース)は、輸出が前年比3.9%増の2,423億4,400万スイス・フラン(約27兆8,695億円、CHF、1CHF=約115円)、輸入は同1.6%増の2,051億5,000万CHF。ともに、過去最高額を更新した。貿易収支は371億9,400万CHFの黒字で、黒字幅は2018年より58億1,900万CHF拡大した。

輸出を品目別にみると(表1参照)、最大の輸出品目である化学・医薬品(構成比47.3%)が前年比9.8%増と、大幅に伸びた。医薬品(40.3%)が10.4%増と大きく伸びたのがその原因だ。特に、米国、ドイツ、スペイン、中国、日本向けの増大が貢献した。次いで輸出額が大きい精密機械・時計・宝飾品(20.8%)は、1.7%増だった。中でも、時計(9.0%)が2.5%増となった。時計の輸出先として最大の香港向けが、政情不安定の影響で前年比10.4%減と落ち込んだが、中国向けの16.1%増、日本向けの19.9%増などが相殺し、精密機械・時計・宝飾品全体の輸出増に寄与した。

輸出を国・地域別にみると(表2参照)、輸出全体の約半分を占めるEU(構成比47.4%)は2.6%増と小幅な伸びにとどまった。最大輸出相手国のドイツ(18.2%)は0.4%増と伸び悩んだ。続く米国(17.3%)は、10.7%増と好調であった。医薬品の輸出が大きく増えたことが寄与した。アジア大洋州(18.6%)は4.3%増と前年に続き好調を維持した。中国(5.5%)の10%増と日本(3.3%)の5.7%増が牽引した。一方で、香港(2.3%)は7.1%減だった。

輸入を品目別にみると、全体の4分の1のシェアを占める化学品・医薬品(構成比25.7%)が、前年比5.1%増となった。これは、主に医薬品(18.4%)や原材料(3.7%)の増加によるものだ。しかし、次いで輸出額の大きい機械および電気・電子機器(15.6%)が0.2%減とほぼ横ばい、金属製品(7.3%)が6.1%減などとなり、輸入全体では前年の8.7%増から1.6%増にとどまった。

輸入を国・地域別にみると、輸入全体の6割以上を占めるEU(構成比64.7%)が0.9%減となった。最大の輸入元であるドイツ(26.2%)は1.6%減、続くイタリア(9.1%)が0.1%減、フランス(7.4%)も6.8%減と、ほぼ軒並み減少したことによる。EU域外で最大の輸入元である中国(7.3%)からは、4.6%増となった。輸入額では148億9,400万CHFだった。過去最高額を記録したことになる。機械および電気・電子機器が前年比6.4%増となり、中国からの輸入増の一因となった。続く米国(6.7%)も9.3%増と拡大した。輸送用機器(18.7%)の30.0%増の伸びが貢献したとみられる。このほか、宇宙・航空機器(10.3%)、自動車(8.2%)、がそれぞれ27.7%増、33.4%増と大きく伸びた。

2020年4月に輸出入大幅減も、5月には回復の兆し

2020年に入ると、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、第1四半期は輸出入ともに多くの品目で金額が減少した。しかし、最大の貿易品目で景気サイクルの影響を受けにくい化学・医薬品の輸出が305億7,800万CHFと過去最高額を記録した。この結果も受けて、輸出が577億6,200万CHF。一方で、輸入は494億2,000万CHFだった。差し引きで、貿易黒字が83億4,200万CHFに拡大した。

医薬品の輸出は、主にイタリアやドイツに向けて増えた。しかし、その後、新型コロナウイルス感染拡大や各国のロックダウンの影響がさらに大きくなり、2020年4月に輸出が前月比11.7%減、輸入が21.9%減と歴史的な減少を記録した。ただ、5月には輸出入がそれぞれ前月比1.2%減、9.8%増となり、回復の兆しが見られた。

表1:スイスの主要品目別輸出入(通関ベース)(単位:100万CHF、%)(△はマイナス値)
品目 輸出(FOB) 輸入(CIF)
2018年 2019年 2018年 2019年
金額 金額 構成比 伸び率 金額 金額 構成比 伸び率
化学品・医薬品 104,372 114,575 47.3 9.8 50,159 52,705 25.7 5.1
階層レベル2の項目医薬品 88,340 97,550 40.3 10.4 36,733 37,707 18.4 2.7
精密機械・時計・宝飾品 49,640 50,490 20.8 1.7 28,401 30,297 14.8 6.7
階層レベル2の項目時計 21,180 21,718 9.0 2.5 4,007 3,789 1.8 △ 5.5
階層レベル2の項目精密機械 16,806 17,010 7.0 1.2 8,233 8,436 4.1 2.5
階層レベル2の項目宝飾品・貴金属製品 11,654 11,762 4.9 0.9 16,160 18,073 8.8 11.8
機械および電気・電子機器 33,520 32,064 13.2 △ 4.3 32,079 32,002 15.6 △ 0.2
階層レベル2の項目産業用機械 19,929 18,299 7.6 △ 8.2 12,648 12,580 6.1 △ 0.5
階層レベル2の項目電気・電子機器 11,373 11,214 4.6 △ 1.4 11,893 11,755 5.7 △ 1.2
金属製品 14,402 13,585 5.6 △ 5.7 15,907 14,942 7.3 △ 6.1
農林水産物 10,029 10,057 4.1 0.3 14,823 14,619 7.1 △ 1.4
階層レベル2の項目食品・飲料・たばこ 8,980 9,056 3.7 0.9 10,862 10,784 5.3 △ 0.7
輸送用機器 5,020 5,652 2.3 12.6 19,299 19,503 9.5 1.1
繊維・衣料製品 4,863 4,984 2.1 2.5 11,662 11,975 5.8 2.7
燃料・エネルギー 2,818 2,497 1.0 △ 11.4 9,472 9,312 4.5 △ 1.7
階層レベル2の項目電力 2,068 1,786 0.7 △ 13.7 1,789 1,387 0.7 △ 22.5
階層レベル2の項目原油・石油製品 729 694 0.3 △ 4.7 6,492 6,663 3.2 2.6
合計(その他含む) 233,224 242,344 100.0 3.9 201,849 205,150 100.0 1.6

注:貴金属・宝石、芸術品、骨とう品(加工して貨幣またはその代替品として流通可能なもの)は含まない。
出所:スイス連邦財務省関税局

表2:スイスの主要国・地域別輸出入(通関ベース)(単位:100万CHF、%)(△はマイナス値)
国・地域 輸出(FOB) 輸入(CIF)
2018年 2019年 2018年 2019年
金額 金額 構成比 伸び率 金額 金額 構成比 伸び率
EU 112,076 114,948 47.4 2.6 134,066 132,805 64.7 △ 0.9
階層レベル2の項目ユーロ圏 102,400 104,815 43.3 2.4 124,499 122,802 59.9 △ 1.4
階層レベル3の項目ドイツ 43,923 44,085 18.2 0.4 54,671 53,821 26.2 △ 1.6
階層レベル3の項目フランス 15,212 14,312 5.9 △ 5.9 16,209 15,114 7.4 △ 6.8
階層レベル3の項目イタリア 14,363 14,069 5.8 △ 2.0 18,767 18,748 9.1 △ 0.1
階層レベル3の項目ベルギー 4,150 4,366 1.8 5.2 3,295 3,574 1.7 8.5
階層レベル2の項目非ユーロ圏 9,676 10,133 4.2 4.7 9,567 10,002 4.9 4.6
階層レベル3の項目英国 9,359 9,195 3.8 △ 1.7 7,742 9,427 4.6 21.8
アジア大洋州 43177 45049 18.6 4.3 29,467 31,428 15.3 6.7
階層レベル2の項目ASEAN 7,804 8,330 3.4 6.7 6,393 7,564 3.7 18.3
階層レベル2の項目中国 12,180 13,392 5.5 10.0 14,242 14,894 7.3 4.6
階層レベル2の項目日本 7,643 8,080 3.3 5.7 3,395 3,356 1.6 △ 1.1
階層レベル2の項目香港 5,944 5,524 2.3 △ 7.1 1,198 1,296 0.6 8.1
階層レベル2の項目韓国 3,198 3,432 1.4 7.3 757 798 0.4 5.4
階層レベル2の項目インド 1,728 1,705 0.7 △ 1.3 1,677 1,960 1.0 16.9
米国 37,939 41,989 17.3 10.7 12,563 13,737 6.7 9.3
カナダ 3,673 3,953 1.6 7.6 1,586 582 0.3 △ 63.3
ロシア 2,509 3,106 1.3 23.8 289 253 0.1 △ 12.6
ブラジル 2,617 2,512 1.0 △ 4.0 582 575 0.3 △ 1.2
メキシコ 1,449 1,436 0.6 △ 0.9 685 628 0.3 △ 8.5
合計(その他含む) 233,224 242,344 100.0 3.9 201,849 205,150 100.0 1.6

注:アジア・大洋州は、ASEAN+6(日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド)に香港、台湾を加えた合計値。
出所:スイス連邦財務省関税局

対日貿易黒字も拡大

2019年の対日貿易は、輸出が前年比5.7%増の80億8,000万CHF、輸入が1.1%減の33億5,600万CHFとなった(表3参照)。貿易黒字は、前年より4億7,600万CHF拡大し、47億2,400万CHFだった。最大品目の医薬品(構成比45.6%)が、前年比11.2%増と堅調に伸びた。次いで輸出額の大きい腕時計(19.0%)が20.8%増と増加した。一方、電気・電子機器(1.6%)は42.4%減と大きく落ち込んだ。輸入品目をみると、最大品目の医薬品(22.7%)が20.7%増、一般機械(10.0%)が11.8%増と伸びた。一方、宝飾品(5.5%)が42.4%減と大きく減少。乗用車(15.7%)も12.1%減少した。

表3:スイスの対日主要品目別輸出入(通関ベース)

輸出(FOB)(単位:100万CHF、%)(△はマイナス値)
品目 2018年 2019年
金額 金額 構成比 伸び率
医薬品 3,316 3,688 45.6 11.2
腕時計 1,268 1,532 19.0 20.8
宝飾品 543 576 7.1 6.1
医療機器 457 445 5.5 △ 2.5
一般機械 372 325 4.0 △ 12.4
電気・電子機器 231 133 1.6 △ 42.4
たばこ 185 158 2.0 △ 14.5
化学原材料 148 119 1.5 △ 20.0
検査・計測機器 142 134 1.7 △ 5.8
金属部品 111 101 1.3 △ 8.2
飲料 110 124 1.5 12.7
合計(その他含む) 7,643 8,080 100.0 5.7

出所: スイス連邦財務省関税局

輸入(CIF)(単位:100万CHF、%)(△はマイナス値)
品目 2018年 2019年
金額 金額 構成比 伸び率
医薬品 631 761 22.7 20.7
乗用車 599 526 15.7 △ 12.1
宝飾品 322 185 5.5 △ 42.4
一般機械 300 335 10.0 11.8
電気・電子機器 255 241 7.2 △ 5.8
化学原材料 176 195 5.8 11.1
光学機器 117 123 3.7 5.0
建設機械 81 70 2.1 △ 13.2
自動車部品 58 59 1.8 2.1
検査・計測機器 58 56 1.7 △ 4.8
医療機器 56 59 1.8 6.5
合計(その他含む) 3,395 3,356 100.0 △ 1.1

出所: スイス連邦財務省関税局

対日貿易に関わる主な最近の動きとして、スイス側の植物検疫緩和がある。欧州委員会規則2019/2072に準じ、スイス向けに果実や果物を輸出する際の植物検疫条件について政令が変更された(2020年1月1日から施行)。これにより、ほぼ全ての果実、野菜などに、植物検疫証明書を添付することが必要になった(2020年2月3日付ビジネス短信参照)。

また、2020年7月には、有機認証の相互承認の範囲に畜産物なども含めることについて、スイスと日本両国政府が合意した。それまでその範囲は、農産物に限られていた。スイス政府は、これにより両国間の有機食品の貿易促進が期待されるとしている(2020年7月17日付ビジネス短信参照)。

執筆者紹介
ジェトロ・ジュネーブ事務所
城倉 ふみ(じょうくら ふみ)
2011年、ジェトロ入構。進出企業支援・知的財産部知的財産課、ジェトロ鹿児島の勤務を経て、2018年9月から現職。
執筆者紹介
ジェトロ・ジュネーブ事務所
マリオ・マルケジニ
ジュネーブ大学政策科学修士課程修了。スイス連邦経済省経済局(SECO)二国間協定担当部署での勤務を経て、2017年より現職。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ