輸出入手続

最終更新日:2019年06月20日

輸出入許可申請

イランで輸出入活動に関わる上で必須となる貿易業者登録は、イラン商工鉱業農業会議所に申請し、産業鉱山貿易省によって認可される。また関係省庁による輸出入許可申請も必要であり(基本的には産業鉱山貿易省許可のみ)、イラン向け輸出品に対しては船積前検査も必要となる。

イランで輸出入活動に関わるには、貿易業者登録は必須である。
申請はイラン商工鉱業農業会議所で行い、産業鉱山貿易省による認可によって登録が完了する。

輸出入管理の対象となる品目に関しては、当該品目を所管する監督省庁に対する輸出入許可申請が義務付けられている。

イランで輸入品を供給・販売する企業に対しては、消費者保護法により、次のことが義務付けられている。

  1. 商品の供給について、外国企業はイランで支店ないし正規代理店を指名し、産業鉱山貿易省に登録する。
  2. 販売後にアフターサービスを提供する(サービスの期間は、製品によって異なる)。
  3. 商品と一緒に、ペルシャ語で書かれたマニュアル類、保証証、商品ごとに定められた年数のアフターサービス証を提供する。

また、イラン向け輸出品に対しては、船積前検査が必要となる場合がある。
家電製品などの一部製品については、イラン技術工業院(The Institute of Standard and Industrial Research of Iran:ISIRI)の指示に基づく検査が必要であり、この検査では消費者や環境に対する安全性の観点から、国際規格に適合しているかどうかを確認する。
検査の手順、送付先、検査証明書の内容・処理方法には検査機関による違いがあり、詳細については次の指定検査機関に要照会。

  • IEI(Industrial and Engineering Inspection Company of Iran): TEL 03-6450-3304(日本支社)
  • SGSジャパン:TEL 045-330-5000(代表)
  • 海外貨物検査(OMIC):TEL 03-3669-5186(プラント・機械部)
  • 一般社団法人 日本海事検定協会:TEL 03-3552-1386(検査第1サービスセンター)
  • ビューローベリタスジャパン:TEL 06-6205-5540(大阪事務所:国際貿易検査)

必要書類等

プロフォーマ・インボイス、商品カタログ、パッキングリスト、船積検査証明、信用状(L/C)、船荷証券(B/L)、原産地証明、保険加入証明、輸出入ライセンス、その他各省庁要求書類等。

査証

イラン向け輸出貨物関係書類の領事認証手続き。

その他

特になし

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。