日本からの輸出に関する制度

調味料の輸入規制、輸入手続き

シンガポールの輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年7月

1-1. シンガポールの法令により輸入が禁止・制限されている品目

調味料を含む加工食品の輸入は、農食品・獣医庁(AVA)が所管する食品販売法(Sale of Food Act)により規制されています。シンガポールへ輸出しようとする調味料は食品販売法の付属法令である食品規制(Food Regulations)にある食品規格を満たしていなければなりません。調味料の食品規格は食品規制の第Ⅳ部(食品規格と個別ラベル表示要件)第130~142項(ソース、食酢、酢漬け野菜)に記載されています。

1-2. 東京電力福島第一原子力発電所事故にかかる輸入規制

シンガポール政府による輸入停止措置が取られているものは、福島県南相馬市、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村の調味料を含む全食品です。

2. 動植物検疫の有無

調査時点:2017年1月

AVAにより検査強化品目に指定されている醤油、オイスターソース、大豆や牡蠣を原料とするソースを除き、日本の調味料をシンガポールに輸出する際には、動植物検疫証明書を取得する必要はありません。

3. 残留農薬規制

調査時点:2017年1月

シンガポールでは国内販売に供される食品全般の残留農薬をはじめ、残留抗生物質、残留エストロゲン、マイコトキシン、3-MCPD脂肪酸エステル、メラミン、細菌混入等の偶発混入成分に関する基準は、食品規制(Food Regulations)に規定されています。
食品規制第9付表では、食品に残留する農薬の種類が列挙され、農薬ごとに対象となる食品と使用が認められている農薬の最大残留基準値 (MRL) が明記されています(ポジティブリスト方式)。この残留農薬基準を満たさない食品の輸入、販売、広告等は禁じられます。本規定で明示されていない農薬については、原則としてコーデックス委員会(国際食品規格委員会)の勧告に準じ、同委員会が設定した基準値を超えてはならないと規定されています。
残留農薬基準は、原則として農産物、水産物、畜産物を対象とするものですが、これらを原材料とする加工食品は、製造・加工の時点で使用された原材料の残留農薬が食品規制で定められた基準値以内としなければなりません。また、2種類以上の農薬が残留している食品については、それぞれの農薬について、実際の残留量を当該農薬の最大残留基準値で割った数値の合計が1を超えてはならないとされています。

関連リンク

関係省庁
シンガポール農食品・獣医庁(AVA)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
食品規制(Food Regulations)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(第Ⅲ部(General Provisions)第29項~35項(Incidental constituents in food)および第9付表(Food with maximum amounts of pesticides)、第11付表(Microbiological standard for food)に農薬、細菌等の最大残留基準値が掲載)
その他参考情報
農食品・獣医庁(AVA) Commercial Food Imports(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
ジェトロ 加工食品の現地輸入規則および留意点:シンガポール向け輸出(貿易投資相談Q&A)

4. 重金属および汚染物質(最大残留基準値/禁止)

調査時点:2017年1月

調味料は、重金属規制の対象となります。食品に含まれる重金属の残留基準は、食品規制(Food Regulations)」において定められています。調味料における重金属の最大残留基準値は、次のとおりです。

  • ヒ素 1 ppm(スパイス:1.5 ppm、トマトピューレ:2 ppm)
  • 鉛 2ppm(香味料:1.5 ppm)
  • 銅 20 ppm(カレー粉、香味料:30 ppm、スパイス:50 ppm、トマトピューレ:100 ppm)
  • 水銀 0.5 ppm
  • スズ 250 ppm
  • カドミウム 0.2 ppm
  • アンチモン 1 ppm

関連リンク

関係省庁
シンガポール農食品・獣医庁(AVA)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
食品規制(Food Regulations)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(第Ⅲ部(General Provisions)第31項(Heavy metals, arsenic, lead and copper)および第10付表(Maximum Amounts of Arsenic, Lead and Copper Permitted in Food)に重金属の最大残留基準値が掲載)
その他参考情報
農食品・獣医庁(AVA) Commercial Food Imports(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
ジェトロ 加工食品の現地輸入規則および留意点:シンガポール向け輸出(貿易投資相談Q&A)

5. 食品添加物規制

調査時点:2017年1月

シンガポールでは食品に使用することが認められる食品添加物は14 の機能に分類されており、食品規制(Food Regulations)で規定されている水準に従って使用されている場合、食品への使用が認められます。AVAは、その使用が原則認められている物質をポジティブリスト形式で規定していますが、風味増強剤など一部については、使用が認められていない物質をネガティブリストとして掲げています。食品規制で明示されていない食品添加物については、原則として、コーデックス委員会による国際食品規格に関する勧告に準じるものとされています。認可食品添加物および最大使用基準値は食品規制第3~8付表および13付表に掲載されています。
食品添加物のうち人工甘味料の使用については厳しく制限されています。食品規制では、使用が認められた人工甘味料以外の人工甘味料を含有する食品については、輸入、販売、広告等が禁じられています。人工甘味料および人工甘味料を含む製品に関しては、2011年3月のAVA公報「Food(Amendment)Regulations 2011」に基づき、ライセンスの取得が不要となりました。同公報で従来のサッカリン、アセスルファムK、スクラロースに加え、ステビオールグルコシド、ネオテーム、サイクラミン酸、サイクラミン酸ナトリウムおよびサイクラミン酸カルシウムが新たに人工甘味料として認可されました。

関連リンク

関係省庁
シンガポール農食品・獣医庁(AVA)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
食品販売法(Sale of Foods Act)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
食品規制(Food Regulations)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(第Ⅲ部(General Provisions)第15項~第28項(Food additives)、第3~8付表および13付表に食品添加物の最大基準値が掲載)
その他参考情報
農食品・獣医庁(AVA) Commercial Food Imports(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます・農食品・獣医庁(AVA)
ジェトロ 加工食品の現地輸入規則および留意点:シンガポール向け輸出(貿易投資相談Q&A)

6. 食品包装規制(食品容器の品質または基準)

調査時点:2017年1月

食品に触れる容器包装は食品規制(Food Regulations)に一般規格基準が定められており、その規格基準に適合していなければなりません。個別食品に対する包装容器の規定は特に定められていません。
食品規制では、食品容器包装において、塩化ビニルモノマーの残留限度1 ppm以下を規格とし、塩化ビニルモノマーを0.01ppm以上食品中に溶出させるとみられる容器包装、あるいは発がん性、変異原性、催奇性または他の毒性または有害性のある物質であることが知られている化合物を食品中に溶出する可能性のある容器包装の使用を禁じています。塩化ビニルモノマーの残留限度1 ppmは、2012年9月の食品規制改訂で新たに加えられ、かつ溶出限度は0.05ppmから0.01ppmに引き下げられていますので、注意が必要です。
また、食品規制では、食品の貯蔵、準備、調理の段階で、鉛、アンチモン、ヒ素、カドミウム、その他の毒性物質を食品に付与する可能性のある器具、容器、食器の使用を禁じています。

関連リンク

関係省庁
シンガポール農食品・獣医庁(AVA)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
食品規制(Food Regulations)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(第Ⅲ部(General Provisions)第37項(Containers for food)に容器包装・食器の規格が掲載)
その他参考情報
農食品・獣医庁(AVA) Good Food Safety Practices(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

7. その他

なし

シンガポールでの輸入手続き

1. 輸入許可、輸入ライセンス、商品の事前登録等(登録に必要な書類)

調査時点:2017年1月

調味料を含む加工食品をシンガポールへ輸出しようとする海外(マレーシアを除く)の食品事業所は、輸出国の政府管轄機関の適正な監督を受けている、あるいはAVAが認める品質保証システムを導入している事業所でなければなりません。輸入者はAVAから要請があれば提示できるように、輸出国の食品事業者から工場ライセンス、輸出証明書、衛生証明書、HACCP認証、GMP認証等の書類を事前に取得していることが望ましいです。
また、調味料のうち醤油、オイスターソースおよび、大豆または牡蠣を原料とするソースは検査強化品目に指定されており、これらの製品を初めて輸入する者は、事前に3-MCPDの試験検査報告書および分析報告書をAVAの検疫検査グループ(QIG)に提出することが求められます。

a-1. 輸入事業者登録

輸入者は、事前にAVAに対し「加工食品および食品容器の輸入に関する事業者登録」をする必要があります。登録に必要となる書類は、(1) 会計・法人規制庁(ACRA)に会社を登記した際に発行され、シンガポール税関に登録・有効化された個別企業登録番号(UEN)、(2) 輸入許可手数料をAVAが自動引き落しするための銀行口座(GIRO)開設申請書です。輸入事業者登録はAVAのライセンス申請サイトLicenceOne (AVA e-Licencing)を通じて申請を行います。登録には1営業日を要し、登録費用は無料です。

a-2. 輸入許可

あらゆる食品の輸入者は、輸出入規制法に基づき、貨物がシンガポールに輸入される前に、貿易物流業界の電子情報交換ポータル「TradeXchange」内の「トレードネット・システム」を通じて、船積みごとに事前申告を行い、輸入許可を取得しなければなりません。輸入申告には船荷証券(B/L)またはエアウエイビル(AWB)、インボイス、パッキングリスト(P/L)、必要に応じて衛生証明書などが必要となります。申告から輸入許可取得まで通常、1営業日を要します。シンガポール税関とAVAにより輸入が許可されると、貨物通関許可(CCP)が発行されます。輸入者はCCPを印刷して、通関の際に税関チェックポイントにて提示することで貨物を引き取ることができます。
輸入者はCCPの承認コードに特別な条件が付いていないかをチェックしなければなりません。何らかの条件が付いていると、貨物は封印され、貨物を開梱して販売に供することができません。例えば、CCPの承認コードがA03となっていると、輸入貨物は政府認定試験所による検査を受けなければならないという意味です。その場合、輸入者は政府認定検査・試験所eサービスを通じて検査を予約し、AVAの検査官によるサンプリングおよび検査を受けます。検査で不合格となれば、輸入業者は輸入した貨物を輸出元へ返送するか廃棄処分しなければなりません。違反した場合、その性質によっては、当該製品の生産者あるいは輸出者からの輸入停止措置が取られることもあります。
調味料を輸入する場合、輸入許可手数料は無料ですが、輸入時点の為替レートで換算し、財・サービス税(GST)をシンガポール税関に支払います。GSTの支払いは、輸入者(代理人)があらかじめシンガポール税関に対して開設している専用口座から自動的に引き落とされます。

a-3. 商品の事前登録

調味料を含む加工食品をシンガポールに輸入する際には、原則として、輸入者が農食品・獣医庁(AVA)に商品を事前に登録する必要があります。
必須ではありませんが、輸入者は輸入しようとする商品を分析のためAVA認定試験所に送り、品質管理チェックを自主的に行うことが奨励されています。

事前登録制度にかかわらず、輸出入規制法に基づき、輸入許可が発行され、次の項目の情報が輸入許可に反映されている場合、その商品は登録されたものとみなされます。

  1. 商品のブランド名または生産者名
  2. 輸入者の会社名
  3. 輸入者の住所
  4. 商品明細
  5. 原産国
  6. 数量、単価
  7. 到着日

2. 輸入通関手続き(通関に必要な書類)

調査時点:2017年1月

調味料の輸入通関にあたり、B/LまたはAWB、インボイス、パッキングリスト(P/L)に加え、必要に応じて、原産地証明書、衛生証明書、輸出証明書、製造元工場ライセンス、製造元工場で取得している品質管理システム、分析試験検査報告書といった書類が必要になります。

3. 動植物検査検疫、残留農薬検査、重金属等検査

調査時点:2017年1月

AVAにより検査強化品目に指定されていない食品を輸入する際には、輸出国からの動植物検疫証明書や試験検査報告書等書類の提示は求められませんが、AVAは体系的監視プログラムを導入しており、このプログラムのもと、食品安全性試験のための食品のサンプリングに加え、記述内容を含めた表示要件への順守に関する食品の検査を実施しています。
各食品の試験項目は、食品に関連するリスクに依存します。AVAは基本的な試験検査項目として以下のリストを公表しています。このリストは網羅的なものではなく、AVAは以下のリストに記載されていない追加項目について試験を実施することもあります。

[1] 理化学試験検査項目

  1. 残留農薬:有機塩素、ピレスロイド、N-メチルカルバメート、ジチオカルバメート、有機リン酸塩
  2. 保存料:安息香酸、ホウ酸、ソルビン酸、二酸化硫黄、メチルパラベン、メチル-p-ベンゾエート、プロピルパラベン、プロピル-p-ベンゾエート、ホルムアルデヒド
  3. 重金属:ヒ素、アンチモン、カドミウム、銅、鉛、水銀、スズ、セレン、無機ヒ素
  4. マイコトキシン:アフラトキシン(B1&2、G1&2)、オクラトキシンA、フモニシン、デオキシニバレノール、ゼアラレノン
  5. 着色料:パラレッド、スーダンI、II、III&V、クリソジン、ベーシック黄色
  6. 甘味剤:アセスルファム-K、スクラロース、ステビオシド、サッカリン、シクラメート、レバウジオシド
  7. その他:ブロメート

[2] 微生物試験検査項目

コロニー数/プレート数、大腸菌、糞便性大腸菌、大腸菌O157、サルモネラ、枯草菌、バチルスエンテロトキシン、クロストリジウムパーフリンジェンス、リステリア・モノサイトゲネス、ブドウ球菌、ブドウ球菌エンテロトキシン、クロストリジウムボツリヌス菌

4. その他

なし

シンガポール内の流通・小売における注意事項

1. 販売手続き

調査時点:2017年1月

調味料を含む食品をシンガポール国内で販売する際は、農食品・獣医庁(AVA)が所管する食品販売法(Sale of Foods Act)の食品販売(食品事業所)規制、ならびに国家環境庁(NEA)が所管する環境公衆保健法の環境公衆保健(食品衛生)規制の適用を受けます。食品販売(食品事業所)規制では、食品の卸売りを目的とする貯蔵倉庫、食品加工工場等の食品事業所に対するライセンス規定、施設登録等に関する基準を定めています。一方、環境公衆保健(食品衛生)規制ではレストラン、フードコート、スーパーマーケット等の食品小売事業所のライセンス規定、施設登録、衛生証明書、食品取扱者の登録および健康診断規定、食品の貯蔵・保存等に関する基準を定めています。

2. 販売時の表示義務

調査時点:2017年1月

シンガポールでの販売時の表示義務は食品規制(Food Regulations)に規定されています。食品規制では、食品全般の一般表示義務項目として、包装済み食品のラベルに以下の項目を英語で表示することが求められます。1~4については印字の高さが1.5mm以下であってはなりません。

  1. 商品名または一般分類名
  2. 成分(2種類以上の成分から成る食品の場合、重量の大きい順に表示)
  3. 合成着色料名(合成着色料タートラジン等を含有する食品の場合のみ)
  4. 内容量(正味容量または重量)
  5. 原産国および輸入者(代理人)名と住所
  6. アレルゲン表示(表示義務特定原材料8分類:グルテンを含む穀類、甲殻類、卵・卵製品、魚介類、ピーナッツ・大豆類、牛乳・乳製品、ナッツ類、亜硫酸塩濃度10mg/kg以上の食品)
  7. 人工甘味料アスパルテームを含有する食品の場合の記載

上記の一般表示義務項目に加えて、期限表示、ある種の甘味料を含む場合の注意事項、無糖食品や低カロリー食品等特別目的食品の表示、栄養表示等、追加表示義務に該当する食品があります。期限表示義務のある食品に関しては、食品規制第2付表に記載されています。期限表示は以下のいずれかの方法によるとされています。日付印は明確に表示しなければならず、文字サイズは3mm以上とされています。なお、食品規制では、消費期限と賞味期限は同義と定義されています。

  1. 「消費期限日(USED BY 日・月・年)」
  2. 「販売期限日(SELL BY 日・月・年)」
  3. 「有効期限日(EXPIRY DATE 日・月・年)」
  4. 「賞味期限日(BEST BEFORE 日・月・年)」

調味料のうち、サラダドレッシングおよびマヨネーズは期限表示が義務付けられています。賞味期限が保存条件に依拠する場合には、その保存条件をラベル上に記載しなければなりません(例:「BEST BEFORE: 31 Dec 17, Store in a cool, dry place」)。

栄養表記/カロリー表記は食品規制第8A~9B項および第11項に規定されています。シンガポールでは、エネルギー価(kcalまたはkJ)、タンパク質(g)、炭水化物(g)、脂質(g)、その他の栄養素の含有量(g、ナトリウム、カリウム、コレステロール等の分量はmcgまたはmg)を、食品規制第12付表で規定された「栄養情報パネル」(nutrition information panel、栄養情報パネルはビタミン、ミネラルの表示には使用できません)、あるいはAVA食品管理部が承認した類似書式を用いて、ラベル表示していない限り、「エネルギー源」「タンパク質源」「低カロリー」「シュガーフリー」などと、当該食品に関する栄養面での強調表示を行うことができません。一方、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、C、D、葉酸、ナイアシン、カルシウム、ヨウ素、鉄分、リンなどビタミンおよびミネラルの栄養表示を行う場合には、それぞれの食品に含まれるべきビタミン、ミネラルの含有成分量が1日当たり摂取目安量の6分の1以上含まれていなければならず、ビタミンおよびミネラルの強調表示を行う場合には、含有成分量が1日当たり摂取目安量の50%以上を満たさなければなりません。
調味料の品目別食品規格および個別ラベル表示要件については、「食品規制」の第Ⅳ章 第130項~142項(Sauce, Vinegar and Relishes)を参照してください。

関連リンク

関係省庁
シンガポール農食品・獣医庁(AVA)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
根拠法等
食品販売法(Sale of Foods Act)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
食品規制(Food Regulations)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
(第Ⅲ部(General Provisions)第5~12項(General requirements for labelling等)および第2付表(Date-marking of prepacked food)、第12付表(Form for nutrition information panel)に食品全般の一般表示要件、第Ⅳ部(Standards and Particular Labelling Requirements For Food)第130項~142項(Sauce, Vinegar and Relishes)に個別ラベル表示要件が掲載)
計量法(Weights and Measures Act)(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
その他参考情報
農食品・獣医庁(AVA) Labelling Guidelines for Food Importers & Manufacturers(英語)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
農食品・獣医庁(AVA) A Guide to Food Labelling and Advertisements(英語)PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(619KB)

3. 販売許可のための要件

調査時点:2017年1月

c-1. 食品小売販売許可のための要件

レストラン、カフェ、バー等外食店、ケータリング事業者、スーパーマーケットを含む食品小売事業所は、環境公共衛生法(Environmental Public Health Act)のもと、国家環境庁(NEA)より食品店舗ライセンス(Food Shop Licence)を取得しなければなりません。ライセンスは1年間有効で年間ライセンス料が195 Sドル(レストラン、カフェ、バー、ケータリング事業者等)または250 Sドル(売り場面積が200平方メートル以下のスーパーマーケット)または500 Sドル(売り場面積が200平方メートル超のスーパーマーケット)かかります。ライセンス取得までに1週間から数カ月を要します(「環境衛生上の行動規範(Code of Practice on Environmental Health)」に基づく実地検査、コンプライアンス対応等で所要時間が変わります)。ライセンスはシンガポール政府ライセンス申請サイトLicenceOneから申請できます。申請に必要な書類は次のとおりです。

  1. 建物や土地を管理する政府機関からの使用許可
  2. 賃貸仮契約書
  3. 申請者の会社登記簿謄本
  4. 食品取扱者の保有する食品衛生証明書
  5. 食品衛生責任者の保有する食品衛生責任者証明書
  6. 清掃プログラム
  7. 物件のレイアウト図面
  8. 委任状(申請者に代わって第三者が申請する場合)
  9. ライセンス期間中にゴキブリ、ハエ等害虫駆除を外部委託する場合の契約書
  10. 営業時間、店舗名、販売品目などに関する補足情報
  11. 食品安全管理計画または相当する研修コースへの参加申込(ケータリング事業者)
  12. 食品運搬車の登記証明書と清掃プログラム(ケータリング事業者)

c-2. 食品加工工場や食品貯蔵・保管施設等の運営許可のための要件

調味料を含む食品の卸売りを目的とする食品貯蔵・保管倉庫、食品加工工場(セントラル・キッチン、容器包装の詰め替えを含む)等の食品事業所は、食品販売法のもと、AVAより食品事業所ライセンスを取得しなければなりません。なお、食品貯蔵倉庫は施設登録のみが必要となります。許可申請に当たり、次の書類が必要となります。

  1. 施設のレイアウト図面
  2. 食品加工フローチャート
  3. 製品の明細
  4. 施設メンテナンス・プログラム
  5. 清掃・衛生プログラム
  6. ごみ処理プログラム
  7. 害虫管理プログラム
  8. 最終製品の搬送車
  9. 食品衛生責任者の氏名・経歴等明細
  10. 食品取扱者の氏名等明細
  11. 施設の賃貸仮契約書

ライセンス取得までに2週間から数カ月を要します(加工・貯蔵する品目により施設要件、実地検査、コンプライアンス対応等ライセンス要件が異なります。)ライセンスはAVAライセンス申請サイトLicenceOne (AVA e-Licensing)から申請できます。許可申請には申請手数料(初回のみ)が157.50 Sドル、年間ライセンス料が次のとおりです。

  1. 食品加工工場の運営ライセンス
    • 食品加工工場で敷地面積が200平方メートル未満:180 Sドル
    • 食品加工工場で敷地面積が200~750平方メートル未満:360 Sドル
    • 食品加工工場で敷地面積が750平方メートル以上:600 Sドル
  2. 食肉・水産物保管用冷凍・冷蔵倉庫を除く食品貯蔵・保管倉庫の登録:無料

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。