日本からの輸出に関する制度 牛肉の輸入規制、輸入手続き

韓国の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年11月

現在、日本から牛肉の輸入はできません。農林畜産食品部告示の「指定検疫物の輸入禁止地域」によると、日本は牛肉の輸入禁止地域に含まれており、韓国での販売は禁止されています。
指定検疫物の輸入禁止地域から解除された畜産物であっても、食品医薬品安全処から「海外作業所」として登録された施設を通して輸出する必要があります。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2018年11月

食品を輸入・販売する個人または法人は、事前に「輸入食品等輸入販売業の営業登録」を行わなければなりません。
ただし、日本産牛肉は現時点では韓国に輸入できません。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2018年11月

輸入時は、「家畜伝染病予防法」により、指定検疫物を輸入した者は、遅滞なく動物検疫機関の長に検疫を申請して検疫官の検疫を受けなければなりません。その際、輸出国の政府機関が家畜伝染病の病原体を広めるおそれがないと証明する検疫証明書を添付しなければなりません。
検疫の期間は、3日であり、農林畜産食品部令で定める手数料(1件あたり2万ウォン)を支払わなければなりません。
申請書は、管轄の農林畜産検疫本部 地域本部に提出することになっており、輸出者、輸出国、取引品名、金額、重量、到着港、生産国、船積み港、船積み日などの貿易情報を記載して提出しなければなりません。
検疫手続きが終わり、合格を受けた畜産物は、食品として食品検査などの輸入手続きを進めることができます。
外国から動物の伝染性疾病の病原体の流入を遮断するために制定された「家畜伝染病予防法」に基づく農林畜産食品部告示の「指定検疫物の輸入禁止地域」で、畜産物の品目ごとに輸入できる地域などが決められているため、禁止地域からの輸入は基本的に禁止されます。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。