技術・工業および知的財産権供与に関わる制度

最終更新日:2021年11月24日

技術・工業および知的財産権供与に関わる制度

諸条件につき、技術獲得・促進国家委員局(NOTAP)への確認が必要。パテント有効期間は通常は最大10年だが、例外も認められる。ナイジェリアは、2005年5月に、特許協力条約(PCT)締約国となっている。

外国企業と新設会社との間で技術移転に関する契約(経営または技術サービス契約、商標契約、ライセンス契約など)の締結を予定している場合は、それらの契約書を技術獲得・促進国家委員局(NOTAP)に登録する。
NOTAPの主な役割は、外国技術のナイジェリア国内移転を継続的に監視すること。

これらの技術サービスに対する費用やロイヤルティーもNOTAPの規制対象で、その金額は次のとおり。詳細は、NOTAPウェブサイト参照。

  1. 技術支援にかかる純売上げの1~5%
  2. 経営サービスにかかる税引前利益の2~5%
  3. ロイヤルティーについては、純売上げの1~5%。製品が輸出向けである等の条件あり。
  • 技術獲得・促進国家委員局(National Office for Technology Acquisition and Promotion:NOTAP外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

    所在地:4 Blantyre Street Wuse 2, off Adetokunbo Ademola Crescent Wuse 2, P.M.B. 5074 Wuse, Abuja, Nigeria
    Tel:+234-09-4611189, +234-90-3477-6654
    E-mail:info@notap.gov.ng

    • Zonal Office(Lagos)
      所在地:No19, Kingsway Road, Ikoyi, Lagos, Nigeria