国際知的財産保護フォーラム(IIPPF) プロジェクト紹介

IIPPFでは、以下のプロジェクトチームにおいて具体的な活動を行っています。
また、インターネット上の模倣品対策を目的とした「インターネットワーキング」があります。(非プロジェクト)

第1プロジェクト

幹事: 一般社団法人日本知的財産協会
副幹事: (独)日本貿易振興機構

主な活動内容

(1)官民合同訪中代表団(ミッション)の派遣
中国政府関係機関への協力事業の推進により、国内外関係機関と連携した活動を推進し、中国における知的財産保護の強化に向け、長期的・継続的に取り組んでいます。

  1. 知的財産保護官民合同訪中代表団(ミッション)に関する対応を行うとともに、官民の連携による効果的な派遣の方法を検討しています。
  2. 中国政府関係機関に対し、各種の協力支援プログラムを推進しています。
  3. 北京、上海、広州等の現地に設置された関連団体(Intellectual Property Group)や国内関連企業・団体と連携し、模倣品・海賊版取締効果に向け取り組んでいます。

(2)先進諸国の関連団体との連携、協力関係を強化
知的財産の保護強化に向け、世界各国の健全な発展に向けた活動を行います。

  1. 中国関連法令案等を研究、分析するとともに、国内外関係機関の意見も検討し、知的財産の保護強化に向けた効果的な意見発信を行います。
  2. 諸外国関係機関(欧米等)との連携活動を推進し、グローバルな知的財産保護強化に向けた施策推進を行います。

第2プロジェクト(中東、ASEAN、インド、ロシアCIS東欧)

中国以外の国・地域に関する知的財産保護の問題点の分析およびメンバーニーズを踏まえ、今後の対応を検討し、関係国への改善要請等を行います。

中東WG

幹事:花王(株)、カシオ計算機(株)、セイコーエプソン(株)、トヨタ自動車(株)、(株)日立製作所、本田技研工業(株)

アドバイザー:日産自動車(株)

主な活動内容

(1)中東ミッション団の派遣

  • 中東の主要政府関係機関との関係を構築し、中東における知的財産権保護の強化に取り組んでいます。訪問の際には、メンバーニーズを踏まえ、模倣品・海賊版の効果的な取締り等につながる要望・意見交換等を行います。
  • 必要に応じ、中東関係国機関に対し、真贋判定セミナー等協力支援プログラムを実施しています。

(2)政府関係者、有識者等による情報提供セミナー・意見交換会

  • 中東の主要模倣被害国の政府関係者、有識者等を招へいし、各国の状況について理解を促進する情報提供セミナーおよびメンバーとの意見交換会を開催します。

ASEAN WG

(1)ASEAN関係国政府機関に対する真贋判定セミナー等、協力支援プログラムの実施

  • ASEAN関係国政府機関に対し、真贋判定セミナー等協力支援プログラムを実施しています。
    また、必要に応じ、真贋判定セミナー参加メンバーと現地法律事務所や政府機関への訪問を通じた意見交換を実施しています。
  • ASEAN関係国政府機関が募集するパブリック・コメントに対し、メンバーの意見募集を行います。

(2)政府関係者、有識者等による情報提供セミナー・意見交換会

  • ASEANの主要模倣被害国の政府関係者、有識者等を招へいし、各国の状況について理解を促進する情報提供セミナーおよびメンバーとの意見交換会を開催します。

インドWG

(1)インド政府機関に対する真贋判定セミナー等、協力支援プログラムの実施

  • インド政府機関に対し、真贋判定セミナー等協力支援プログラムを実施しています。
    また、必要に応じ、真贋判定セミナー参加メンバーと現地法律事務所や政府機関への訪問を通じた意見交換を実施しています。
  • インド政府機関が募集するパブリック・コメントに対し、メンバーの意見募集を行います。

(2)政府関係者、有識者等による情報提供セミナー・意見交換会

  • インドの政府関係者、有識者等を招へいし、各国の状況について理解を促進する情報提供セミナーおよびメンバーとの意見交換会を開催します。

ロシアCIS東欧WG

(1)ロシアCIS東欧関係国機関に対する真贋判定セミナー等、協力支援プログラムの実施

  • ロシアCIS東欧関係国機関に対し、真贋判定セミナー等協力支援プログラムを実施しています。
    また、必要に応じ、真贋判定セミナー参加メンバーと現地法律事務所や政府機関への訪問を通じた意見交換を実施しています。
  • ロシアCIS東欧関係国政府機関が募集するパブリック・コメントに対し、メンバーの意見募集を行います。

(2)政府関係者、有識者等による情報提供セミナー・意見交換会

  • ロシアCIS東欧の主要模倣被害国の政府関係者、有識者等を招へいし、各国の状況について理解を促進する情報提供セミナーおよびメンバーとの意見交換会を開催します。

第3プロジェクト

幹事: (独)日本貿易振興機構
副幹事: 日本弁理士会

主な活動内容

業種横断的な情報交換・共有の促進、有用な情報提供を通じた企業・団体の模倣品・海賊版対策等の体制強化を目指します。
プロジェクトメンバーの関心・ニーズにきめ細かく対応したテーマ設定のもと、情報交換会を継続的に実施しています。
なお、情報交換した内容は出席者限りとし、参加メンバーは単に情報提供を受けるだけでなく、自社の対策活動を報告することが求められます。


第4プロジェクト

幹事: 公益社団法人 発明協会
副幹事: 一般財団法人対日貿易投資交流促進協会、BSA│ザ・ソフトウェア・アライアンス

主な活動内容

国内外で行われるアジア諸国の関係機関および民間知財人材の育成を目的とした研修への参画および一般国民に対する知的財産の保護・尊重の重要性に関する認識を高める普及啓発活動を通じ、知的財産権保護の促進に寄与します。

  1. 国内外で行われるアジア諸国の関係機関および民間知財人材育成を目的とする研修事業に協力し、知的財産保護の促進を図ります。
  2. 青少年を含む一般の国民の模倣品・海賊版問題に関する意識の向上を図ります。
  3. IIPPFのウェブサイトを活用し、メンバーによる消費者向けメッセーの発信等を通じ、内外関係者への啓発に努めています。

非プロジェクト

インターネットWG

幹事: (株)ゴールドウイン、(株)タマス、(株)バンダイ、ヨネックス(株)

主な活動内容

世界各国の商取引サイトにおける模倣品流通問題の改善を目的とした、研究会および勉強会です。

  • 中国(タオバオ・アリババ等)、日本をはじめとする各国のインターネット・サービス・プロバイダ ー(ISP)との双方向な情報交換を実施し協力関係を構築します。
  • 日中インターネットシンポジウムを開催します。
  • 調査等を実施し、世界各国でのインターネット上での模倣品侵害の実態把握に努めます。
  • 関連セミナーを開催します。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。