外資系企業動向

ドイツのFactory AutomationソリューションプロバイダーWEISS GmbHが神奈川県に日本法人を設立

2021年11月25日

WEISS外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます は、ドイツ(バーデン=ヴュルテンベルク州ブーフェン市)に本社を有し、自動車、機械、プラントエンジニアリング、ライフサイエンスおよび電子産業向けのファクトリーオートメーション(FA)機器およびソリューションを、製造・提供している。1967年設立で、欧州、米州、アジアの製造、販売、サービス拠点を含む17のグローバル拠点に約500人の従業員を擁する。

創業以来、現在の主力製品であるロータリーインデックステーブル(注)の製造・販売を行っており、独自の特許技術に裏打ちされた高度な技術を誇る、当該分野で世界有数のリーディングカンパニーとされる。

同社製品は主力のロータリーインデックステーブルに加え、リニア搬送システム、ハンドリングユニットを含む、幅広いモーション製品を取り揃え、製造ラインにおける迅速かつ正確な回転、線形、自由な位置決め動作を提供している。同社の製品は自動車の車体溶接・組み立てライン、電気自動車(EV)のバッテリー製造ラインなどを中心に、半導体・電気電子部品製造ライン、ライフサイエンスなど幅広い分野で使用されている。

設立年月
2019/10
進出先
神奈川県 , 横浜市

  • 機械・半導体
  • ドイツ

同社は新規顧客の開拓とアフターサービスによる既存顧客の対応を目的に、2019年10月に神奈川県横浜市にヴァイス・ジャパン株式会社を設立。子会社の設立は日本のOEM、エンドユーザー、システムインテグレーター、ラインビルダーと長期的なパートナーシップを促進し、顧客サポートとカスタマイズされたFAソリューションを提供する同社の取り組みの一環である。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、市場情報、規制・制度情報提供、補助金・インセンティブ情報の提供、地方自治体との面談アレンジを行った。

  1. (注)

    パーツを載せて回転させ、正確な場所に位置決めをするのに使う製品。

リニア搬送システム

ロータリーインデックステーブル


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信