1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 自動車製造関連を中心に広がるFA市場(ハンガリー)

自動車製造関連を中心に広がるFA市場(ハンガリー)
77億ユーロ規模のビジネス機会

2019年4月24日

ハンガリーではここ数年、経済が好調な一方で、労働者不足や賃金上昇が進み、生産性の低さも指摘されている。経済を支える自動車産業では、ファクトリーオートメーション(FA)関連の投資により、自動化がさらに進む可能性が高いとされる。ジェトロ・ブダペスト事務所が調査を委託したハンガリーPwCによると、ハンガリーのFA市場には今後最大77億ユーロ規模のビジネスチャンスがある。ハンガリーのFA環境や課題などについて報告する。

ハンガリーの経済は2013年以降、EU平均を超える成長を続けている(図1参照)。それを支えるのが自動車関連産業で、外資による新規の進出や、既存企業による生産設備のアップグレードを含む拡張計画が相次いで発表されている。他方、政府はリーマン・ショック後の2010年から雇用機会の創出を経済政策の柱の1つに掲げ、活発な企業活動により失業率は体制転換後の1991年以来最低の水準となっている。この結果、労働現場での賃金上昇を招き、政府は投資誘致の軸足を雇用創出型から高付加価値ビジネス型に移しつつある。

図1:実質GDP成長率の推移
2013年、EU0.3%、ハンガリー2.1%。2014年EU1.8%、ハンガリー4.2%。2015年ハンガリー2.3%、ハンガリー3.5%。2016年EU2.0%、ハンガリー2.3%。2017年EU2.4%、ハンガリー4.1%。2018年EU1.9%、ハンガリー4.9%。

出所:EU統計局(ユーロスタット)

大手コンサルのマッキンゼー(ハンガリー)が2018年5月に公表したハンガリー経済の自動化への移行に関するレポート(Transforming our jobs: automation in Hungary)によると、自動化の導入は生産性を0.8~1.4%引き上げ、さらなる経済成長を促す。2030年までに100万人分の雇用が自動化されるという。

労働力不足や生産性の低さがFA化を後押し

ハンガリーにおけるFA化進展の背景としては、以下の4点が挙げられる。

  1. 労働力不足
    2018年6月に公表されたPwCハンガリーのレポート「ハンガリー自動車部品サプライヤー調査2018」によると、回答者の25%が労働力不足のため受注を断った。自動車部品サプライヤーは、可能なところから製造工程を自動化することに関心を示し始めている。実に78%が自動化は「労働力不足の解決策」と回答している。また、雇用のミスマッチの顕在化や、雇用の拡大が限界に達していることから、一部産業では生産性の低下を招いている。
  2. 労働コストの上昇
    ハンガリーの労働コストはEU加盟国の中で下から5番目(図2参照)だが、政府の賃上げ政策もあり、2017年、2018年はいずれも平均賃金上昇率は前年比で10%を超えた。
    図2:1時間当たり労働コスト(2017年)
    EU平均26.8%、デンマーク42.5ユーロ、ベルギー39.6ユーロ、スウェーデン38.3ユーロ、ルクセンブルク37.6ユーロ、フランス36ユーロ、オランダ34.8ユーロ、ドイツ34.1ユーロ、オーストリア34.1ユーロ、フィンランド32.7ユーロ、アイルランド31ユーロ、イタリア28.2ユーロ、英国25.7ユーロ、スペイン21.2ユーロ、スロベニア17ユーロ、キプロス16ユーロ、ギリシャ14.5ユーロ、ポルトガル14.1ユーロ、マルタ13.8ユーロ、エストニア11.7ユーロ、チェコ11.3ユーロ、スロバキア11.1ユーロ、クロアチア10.6ユーロ、ポーランド9.4ユーロ、ハンガリー9.1ユーロ、ラトビア8.1ユーロ、リトアニア8ユーロ、ルーマニア6.3ユーロ、ブルガリア4.9ユーロ

    出所:EU統計局(ユーロスタット)

  3. 生産性と競争力
    生産性の低さは企業レベルそして国家レベルでの課題だ。EU加盟国中では下から4番目、同時期にEUに加盟した近隣のポーランド、チェコ、スロバキアよりも低い(図3参照)。その理由として、低付加価値なビジネスを展開する企業が多く、また公共部門での雇用が多いことが挙げられる。
    図3:労働生産性(2017年、EU平均を100とした場合の水準)
    アイルランド189.2、ルクセンブルク160.2、ノルウェー129.9、ベルギー129.1、スイス122.1、オーストリア116.8、デンマーク115.1、フランス115.1、スウェーデン112.1、オランダ110.9、フィンランド108.7、イタリア106.6、ドイツ106、アイスランド105.7、スペイン105.5、EU平均100、英国99.8、マルタ95.1、ギリシャ81.1、スロベニア80.9、スロバキア80.8、チェコ80.4、ポルトガル76.4、ポーランド75.8、リトアニア75.4、エストニア74.7、クロアチア71.2、ハンガリー68、ラトビア67.9、ルーマニア61.8、ブルガリア45.3

    出所:EU統計局(ユーロスタット)

  4. 製造業偏重
    GDPに占める工業生産の割合は23.6%(2017年)で、EU平均の19.6%を上回っている(ハンガリーより割合が大きいのは、アイルランド32.3%、チェコ27.1%、スロベニア23.8%)。政府は2020年までにこの割合をさらに30%に引き上げることを目標としている。

FA市場の可能性

ハンガリーでは、2019~2025年に38億~77億ユーロのFA化需要が見込まれる。世界のFA市場成長率(CAGR:年平均成長率)は、2025年までに40%を超えるとみられるが、ハンガリーはこれを上回るとされている。

具体的には、自動車製造分野でFA投資が進むという。企業数はそれほど多くないものの、生産額は他の産業を上回り、雇用創出でみると食品加工に次ぐ規模で、ハンガリー経済を支える柱となっている(表1参照)。

表1:ハンガリー主要産業の規模(△はマイナス値)
産業部門 生産額
(100万フォリント)
企業数 従業員数
(1,000人)
自動車 8,195 714 103
食品加工 3,593 6,785 107
コンピュータ、電子および光学 3,408 1,385 50
金属および金属製品 2,508 8,563 100
プラスチック、ゴム 2,425 3,867 78
重機 2,132 2,343 64
エネルギー 1,891 9 6
化学品 1,640 671 16
電気機器 1,337 872 45
木材、紙および印刷 1,056 6,934 50
医薬品 1,001 92 19
衣類、レザー 467 4,687 48
その他 1,056 13,783 73
製造業 合計 30,707 50,705 757

出所:ハンガリー中央統計局

前述のマッキンゼー調査によると、国内の総労働時間の49%分の業務、国内の業務の60%分は自動化が可能だという。そして、2018年の労働人口435万人の労働時間の24%に相当する業務が2030年までに自動化されると試算している。

産業別でみると、自動車製造分野は自動化の可能性の高い分野といえる(図4参照)。PwCハンガリーの「自動車部品サプライヤー調査2018」では、回答企業は、導入が必要な自動化技術として、ロボットをはじめ生産活動のデジタル化、データ分析、クラウドやセンサーなどを挙げている。

図4:ハンガリーの産業部門における自動化の可能性
円の大きさは雇用者数(単位:1,000人)
製造業572、卸売業・小売業289、輸送・倉庫152、公共サービス138、建設業122、農林水産業106、管理・サポート97、医療・福祉94、宿泊・飲食92、教育サービス75、学術研究・専門技術サービス63、電気・ガス・熱・水道48、その他サービス43、情報通信36、金融・保険33、芸術・娯楽・レクリエーション25、不動産・物品賃貸9、鉱業6

出所:マッキンゼー「Transforming our jobs:automation in Hungary, May 2018」

ハンガリーにおけるFA投資の分類

ハンガリーの自動車産業におけるFA投資を、完成車メーカー、グローバルサプライヤー、地元中小企業に分けて分類した。前の2者は大規模な自動化が可能だが、地元中小企業は技術力や資金の不足もあり、小規模な投資にとどまる。

表2:自動車関連企業の投資の特徴
項目 完成車メーカー グローバル自動車部品
サプライヤー
地場中小企業
投資規模 平均10億ユーロ 1,000万~1億ユーロ 100万~1,000万ユーロ
投資内容
  • 大規模グリーンフィールド投資
  • 全生産工程
  • 新設備または新製造ラインの導入
  • 高度な自動化
  • 生産工程でのロボット導入
  • 一部生産機械の自動化
投資理由
  • 労働力不足
  • 需要拡大
  • 西欧系外資企業は生産性の最適化。
  • アジア系外資企業はEU市場へのアクセスおよび生産性の最適化。
  • 生産性向上
  • 労働コスト上昇
  • 労働者不足
投資決定者 本社。現地拠点の意思決定への関与はわずか。
  • 全体の33%は現地拠点
  • さらなる27%は現地拠点も決定に参画。
自社
企業例 メルセデス・ベンツ ボッシュ、SKイノベーション ハイドゥ・オートテクニカ、レゴ・プラスト
備考 本社がFA導入を決定するため、地場FA企業の参入(受注)は容易ではない。 EU基金などの公的資金補助が必要。

出所:PwCハンガリー

政府のFA投資サポート

ハンガリー政府は、主に「セーチェニ開発計画」と「イリニー計画」で企業のFA投資をサポートしている。

  1. セーチェニ開発計画2020
    EU補助金を活用した経済発展の推進を目的としたもので、複数のメニューがあるが、「GINOP」(経済開発・イノベーション創出計画)が知られている。製造業やサービス産業がイノベーション開発力や能力を高めることを目標とする。多くのハンガリー企業がインダストリー4.0技術の取り入れのため、この資金を活用している。
  2. イリニー計画
    工業化政策で、産業の強化、高付加価値化による国内産業の近代化、イノベーションが牽引する経済への移行を目指すもの。FA化の支援ツールである「イリニー・ベンチャーキャピタル・ファンド」は、ハンガリー中部地域の中小企業のために2,500万ユーロを投じたもの。同ファンドは、中小企業の発展、特にインダストリー4.0技術導入を推進する目的で設立された。

FA投資の課題

FAの導入を進めていく上の課題としては、以下の4点が挙げられる。

  1. ハンガリーでは、特にエンジニア、IT分野での人材不足や、高い離職率といった労働市場上の問題はあるものの、FA化のコストが大きいことから、賃金の低い労働力を活用する方がコストメリットがある。
  2. EU基金を原資とするファンドからの資金調達には、時間を要する申請手続きが必要で、利用者には安定的な資金環境や雇用創出に向けたコミットメントが求められることから、多くの中小企業にとってハードルは高いとされる。
  3. 欧州委員会の調査(2017年)によると、ハンガリー人の38%は自動化[ロボット、人口知能(AI)]に否定的な回答をしている(図5参照)。ハンガリー経済が製造業に偏重しているため、自らの雇用への懸念がその背景にあると思われる。
  4. 外資企業の意思決定プロセス
    外資系大手製造業は意思決定を本社に仰ぐ。ハンガリー拠点に投資の意思決定の余地は少ないことから、現場の意向が迅速・適切に実行されない恐れがある。
図5:ロボットとAIに懐疑的な人の割合(%)
デンマーク14%、オランダ16%、スウェーデン18%、ブルガリア19%、エストニア19%、ポーランド20%、フィンランド23%、リトアニア25%、アイルランド26%、英国27%、ラトビア28%、イタリア29%、スロバキア29%、EU平均30%、チェコ30%、マルタ30%、ポルトガル31%、ルーマニア31%、ドイツ32%、スペイン34%、オーストリア36%、ベルギー37%、スロベニア37%、ハンガリー38%、フランス39%、ルクセンブルク40%、キプロス42%、クロアチア43%、ギリシャ48%

出所:欧州委員会

執筆者紹介
ジェトロ・ブダペスト事務所長
本田 雅英 (ほんだ まさひで)
1988年、ジェトロ入構。本部総務部、企画部、ジェトロ福井、ジェトロ・ハンガリー事務所、ジェトロ静岡に勤務。お客様サポート部を経て2015年6月から現職。
執筆者紹介
ジェトロ・ブダペスト事務所
バラジ・ラウラ
2000年よりジェトロ・ブダペスト事務所に勤務、ハンガリー国内の市場調査を担当。現地進出日系企業を対象としたセミナー運営なども行う。英語、数学の修士号のほか、日本語検定1級、経済貿易大学の学士を有する。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ