農林水産物・食品の輸出支援ポータル

1. オーガニック市場規模(国別、推移等)

<ドイツの市場規模>

2018年のドイツのオーガニック食品市場の売上は109億ユーロ(約1兆3625億円)を超えた。

市場全体は2014年からの5年間で約40%増加している。特に一般のスーパーマーケットでの売上が大きく増加している。スーパーマーケットだけでなくディスカウンターでもオーガニック食品の品ぞろえが広がっている。

2014年は77.6億ユーロ、2015年は86.2億ユーロ、2016年は98.4億ユーロ、2017年は103.4億ユーロの売上、2018年は109.1億ユーロの売上である。

Aはパン屋、野菜果物屋、肉屋などの専門店など

Bはオーガニック食料品店・スーパー(年商5万ユーロ以上の業者)

Cは一般の小売業者(スーパーマーケット、ディスカウンターなど)

市場全体は2014年からの5年間で約40%増加している。

特に一般のスーパーマーケット、ディスカウンターなどの小売業では5年間で約53%も増加している。これはオーガニック食品の需要が拡大することによって、一般のスーパーマーケットやディスカウンターでもオーガニック食品を幅広く売り始めたからである。

一般の小売業でのオーガニック食品の売上は市場全体の約6割を占めている。

(データの出所):
【ドイツ有機食品業界団体】
https://www.boelw.de/fileadmin/user_upload/Dokumente/Zahlen_und_Fakten/Broschüre_2018/ZDF_2018_Inhalt_Web_Einzelseiten_kleiner.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)

2. オーガニック商品の市場シェア・推移

オーガニック食品の小売業全体に占める割合は全体の5.1~5.2%である。(2017年)

(データの出所):
【AMI】
http://orgprints.org/32712/7/schaack-2018-german-market.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)

3. 消費傾向に関するデータ

ドイツの消費者は一人あたり年間116ユーロ(2016年)をオーガニック食品に支出。

(データの出所):
【ドイツ有機食品業界団体】
https://www.boelw.de/fileadmin/user_upload/Dokumente/Zahlen_und_Fakten/Broschüre_2018/ZDF_2018_Inhalt_Web_Einzelseiten_kleiner.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)

欧州ではスイス274ユーロ、デンマーク227ユーロ、スウェーデン197ユーロ、ルクセンブルク188ユーロ、オーストリア177ユーロ、リヒテンシュタイン171ユーロ、に次いでいる。EU28か国の平均は60ユーロである。

4. オーガニックを取扱う飲食店・小売店のシェア

最大のオーガニックのスーパーマーケットチェーンはAlnatura外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますでグループ全体の売上は8億2200万ユーロ(2017年10月〜2018年9月)、2位はDenn's外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで4億400万ユーロ(2017年)、3位はBio Company外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで1億5700万ユーロ(2017年)、4位がBasic外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで1億4200万ユーロ(2016年)、5位がEbl Naturkost外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで7890万ユーロ(2017年)、6位がSuper Biomarkt外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで5740万ユーロ(2017年)である。

(データの出所):
Alnatura:https://www.alnatura.de/de-de/ueber-uns/presse/daten-und-fakten外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Denn's:連邦官報(Bundesanzeiger)
BioCompany:https://www.biocompany.de/downloads/bio-company-factsheet-2018.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)
Basic:https://basicbio.de/de-DE/TopNavigation/Unternehmensportrait外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
Ebl Naturkost:連邦官報(Bundesanzeiger)
Super Biomarkt :連邦官報(Bundesanzeiger)

5. オーガニック食品と一般食品の価格差、売れ筋情報に関するデータ

ドイツ連邦統計庁が2015年に発表したレポートによると、オーガニック食品は平均して70%(1.7倍)価格が高い。本レポートでは、241品目についてオーガニックとそうでないものの価格差を調査。お茶、コーヒー、カカオについては40%、乳製品や鶏卵に関しては46%、果物は60%、野菜は90%、砂糖、ジャム、はちみつ、菓子類に関しては145%(2.45倍)であった。

(データの出所):
【連邦統計局発表レポート】
https://www.destatis.de/DE/Publikationen/WirtschaftStatistik/2015/01/OekologischerKonsum_012015.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)

売れ筋商品に関しては、乳製品の売上が一番伸びている。
穀物やシリアル、機能性食品のようなドライの商品は特にドラッグストアチェーンでよく売れている。
(データの出所):
【ドイツ有機食品業界団体】
https://www.boelw.de/fileadmin/user_upload/Dokumente/Zahlen_und_Fakten/Broschüre_2018/ZDF_2018_Inhalt_Web_Einzelseiten_kleiner.pdfPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)