日本からの輸出に関する制度

コメの輸入規制、輸入手続き

カナダの輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年9月

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、カナダ政府は2011年4~6月にかけて日本からの輸入食品・飼料の定期検査を行うとともに、安全性を証明する書類の提出を求めていましたが、2011年6月13日以降はこうした上乗せ規制は撤廃されており、輸入禁止(停止)は行われていません。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2018年9月

カナダの輸入業者は、事前に事業者番号(Business Number)をカナダ歳入庁(Canada Revenue Agency)から取得し、カナダ国境サービス庁事務所に輸出入口座を開設します。その後、電子取引プログラム(Electronic Data Interchange: EDI)により輸入手続きを行います。コメは 2012年1月から自動輸入システム(Automated Import System: AIS)の対象品目になり、輸入業者および通関業者はEDIによりカナダ食品検査庁にコメの輸入を通知しなければ、税関で貨物を引き取ることができません。

また、カナダ食品検査庁(Canadian Food Inspection Agency: CFIA)は2018年6月13日に、2012年施行のカナダ食品安全法(Safe Food for Canadians Act)の下、カナダ食品安全規則の最終版を官報で公示し、2019年1月15日の施行となることを発表しました。新規則は食品の種類別に設けられている14の現行規則を統合し、すべての食品にかかわる輸入、輸出、カナダ国内の州間の移動を規制するもので、輸入食品の安全に対する輸入業者の責任の強化、カナダ食品検査庁による輸入業者の把握、安全性に疑いのある輸入品の迅速な確認・対応と当局への連絡などが求められ、当該輸入食品の輸入業者はライセンスが必要となります。

ただし、ライセンスの取得日には食品群に応じて猶予期間が設けられており、コメを含む「穀物、油脂、豆類、砂糖、飲料」の輸入事業者のライセンス取得日は2020年7月15日以降に設定されています。同ライセンスの取得要件については、「食品関連の規制」の「6.その他」(食品安全・衛生規則)を参照してください。
また、農林水産省では、販売などの目的でコメを輸出する場合には、事前に地方農政局などへ輸出数量の届出を行うことを義務付けています。 届出を行わなかったり、虚偽の届出によりコメを輸出したりした場合には、20万円以下の過料に処せられることがあるので注意が必要です。詳細は関連リンクの「米麦等を輸出される方へ」(農林水産省)を確認してください。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2018年9月

日本からコメを輸出する場合は、植物検疫証明書なしで輸出できます。ただし、病害虫(キバチの一種、キクイムシ類、マツノマダラカミキリなど)が梱包材に付着して侵入してくることを防止するため、カナダ食品検査庁では輸入貨物の木材梱包材(クレート、木箱、ダンネージ(荷敷き)、パレット、ケーブルドラム、スプール/リールなど)に、「植物検疫措置に関する国際基準No.15(ISPM No.15)」(以下、国際基準No.15)に沿った消毒処理を要求しています(厚さ6mm以下の木材や、プライウッドやパーティクルボード、OSB(雑木破砕接着合板)、ベニヤ板などは対象外)。

その他

調査時点:2018年9月

有機認証制度
2012年以来、日本とカナダの間で有機制度に関する協議を続けてきた結果、2014年9月17日、日本とカナダは、日本の「農林物資の規格化等に関する法律」に基づく有機JAS制度と、カナダのCanada Organic Regime(COR)が同等であると相互に認めることについて合意しました。これにより、2015年1月1日以降は、日本-カナダ間において、自国の有機制度による認証を受けた有機農産物および有機農産物加工食品に「organic」などと表示して、相手国へ輸出できるようになりました。
コメのパッケージなどに「有機」として表示販売する場合、有機JAS制度に基づき、最終的に日本国内で生産、加工または包装され、格付がされた有機農産物および有機農産物加工食品(原材料の原産国は問わない)であれば、有機製品としてカナダに輸出することが可能です。
JAS認定事業者がカナダへ輸出証明書を入手するには、有機JAS登録認定機関にカナダへ有機製品を輸出する意向があることを伝えます。有機JAS登録認定機関は、JAS認定事業者に、輸出する有機農産物および有機農産物加工食品がJAS格付されたものであるか、日本国内で生産、最終的加工または包装および表示されたものであるか、カナダの表示要件を満たしているかなどについて確認し、カナダへ輸出するための証明書を発行します。日本国内のすべての有機JAS登録認定機関は、カナダへ輸出するための証明書の発行が可能です。なお、調査時点ではカナダの輸入様式が準備できていないため、正式なカナダ輸入証明書が準備できるまでは、農林水産省発行の暫定的な輸出証明書を使用することになっています。輸出証明書については関連リンクの「同等性を利用した有機製品の対カナダ輸出入に関するQ&A」を参照してください。
なお、根拠法の「有機商品規則2009」は2019年1月15日をもって「カナダ食品安全規則」に統合されます。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。