1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 台湾
  5. 日本からの輸出に関する制度
  6. 畜産加工品の輸入規制、輸入手続き

日本からの輸出に関する制度 畜産加工品の輸入規制、輸入手続き

台湾の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2018年11月

日本には台湾向け輸出が認可されている畜産加工品製造施設がないため、輸出できません。
なお、高温で滅菌および包装されたパスタ類(CCCコード1902.20.10および1902.20.90)は、畜産加工品に関する規制の対象になりません。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2018年11月

※ 前述の「輸入規制」「1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)」のとおり、日本から台湾への畜産加工品輸出は不可ですが、本項目以降は、今後輸出可となった場合に必要となる事項について記載します。

畜産加工品を輸出する場合は、農業委員会の「指定食肉加工品施設」の製品に限られます。

畜産加工品の輸入に際して、特別の許可、ライセンスの取得などは必要ありません。
輸入業を行うためには経済部国際貿易局において輸入業者の登録が必要です。また、食品を輸入するためには衛生福利部食品薬物管理署(台湾FDA)に食品輸入業者の登録が求められます。登録には、会社登記、輸入品分類、再包装の有無などについての資料を提出する必要があります。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2018年11月

行政院農業委員会動植物防疫検疫局「動物検疫が必要な品目リスト」により、輸入時に検疫が必要な品目が定められています。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. 台湾
  5. 日本からの輸出に関する制度
  6. 畜産加工品の輸入規制、輸入手続き

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。