1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. タイ
  5. 日本からの輸出に関する制度
  6. アルコール飲料の輸入規制、輸入手続き
日本からの輸出に関する制度

アルコール飲料の輸入規制

品目の定義

本ページで定義するアルコール飲料のHSコード

ビール:2203
ぶどう酒:2204
ベルモット、その他のぶどう酒:2205
その他の発酵酒:2206
蒸留酒、リキュールその他のアルコール飲料:2208

タイの食品関連の規制

1. 食品規格

調査時点:2019年7月

タイにおける酒類の定義は物品税法に次のように規定されています。

「酒類」とは、アルコールを含み、単体で、または水もしくはほかの液体と混合したときに酒類として消費することができる、すべての材料または混合物を意味する。ただし、アルコール度数0.5度以下の飲料は含まない。
「醸造酒」とは、蒸留されていない酒類を意味し、これには、蒸留酒と混合され、アルコール度数が15度以下の醸造酒を含む。
「蒸留酒」とは、蒸留された酒類を意味し、これには、醸造酒と混合され、アルコール度数が15度を上回る蒸留酒を含む。

タイに輸入されるアルコール飲料の品質規格は、物品税局告示「輸入酒類の品質規格」に規定されています。

この品質規格の検査方法では、AOAC(Association of Official Analytical Chemists)法または同等の検査方法が適用されます。

アルコール度数
ラベル表示の度数(許容誤差は±1度)に従うこと。
化学的性質(—は値なし)
検査項目 ビール 醸造酒/ぶどう酒 蒸留酒
メチルアルコール 50mg/dm3 420mg/dm3 1,000mg/dm3
カルバミン酸エチル 500µg/dm3 200µg/dm3 400µg/dm3
アルデヒド(アセトアルデヒドとして) 160 mg/dm3 アルコール度数40度未満
160 mg/dm3
160 mg/dm3 アルコール度数40度以上
220mg/dm3
フーゼル油 5,500mg/dm3
フルフラール 50mg/dm3

その他、「3.重金属および汚染物質」、「4.食品添加物」を参照してください。

2. 残留農薬および動物用医薬品

調査時点:2019年7月

なし

3. 重金属および汚染物質

調査時点:2019年7月

アルコール飲料の汚染物質基準は次のとおりです。

アルコール飲料の汚染物質基準(—は値なし)
検査項目 ビール 醸造酒/ぶどう酒 蒸留酒
ヒ素 0.1mg/dm3 0.1mg/dm3 0.1mg/dm3
0.2mg/dm3 0.2mg/dm3 0.2mg/dm3
0.5mg/dm3
0.5mg/dm3
フェロシアン化物 不検出

4. 食品添加物

調査時点:2019年7月

アルコール飲料に対して使用可能な食品添加物基準は、次のとおりです。

アルコール飲料に対して使用可能な食品添加物基準(—は値なし)
検査項目 ビール 醸造酒/ぶどう酒 蒸留酒
総二酸化硫黄 30mg/dm3 400mg/dm3
安息香酸または安息香酸の塩(安息香酸として) 250mg/dm3 200mg/dm3
ソルビン酸またはソルビン酸の塩(ソルビン酸として) 200mg/dm3 200mg/dm3

5. 食品包装(食品容器の品質または基準)

調査時点:2019年7月

輸入酒類の容器に係る規制は一般公表されていませんが、タイ財務省物品税局によると、ラベル貼付の必要性から容量0.175リットル以上が最低基準とされています。

6. ラベル表示

調査時点:2019年7月

アルコール飲料を日本から輸入販売する場合、タイ財務省物品税局から酒類容器に貼り付けるラベルの使用許可を事前に取得しておく必要があります。ラベル使用許可を取得次第、タイ語、英語またはその両方のラベル印刷を現地で行い、日本での船積み梱包に間に合うように、十分に時間の余裕をもって準備する必要があります。ラベルを日本側で製作した場合でも、タイ側で申請・承認が必要となります。

ラベル表示内容
  1. 酒類名
  2. アルコール度数または%
  3. 内容量
  4. 関連法に基づいた警告文(タイ語)
  5. 第一種酒類販売ライセンス取得者の事業所名と住所
  6. 酒類製造業者名と住所
  7. アルコール度数7度以下かつ容量0.330リットル以下のぶどうまたはぶどう酒の成分を含む醸造酒は「果実酒タイプの醸造酒」と4mm以上のサイズで表記すること。
この7の醸造酒については、ぶどう酒またはぶどうのスパークリングワインであると誤解を招くような、次のような文言、絵図などを使うことが禁止されています。
  1. Wineという文言。ただし、「Fruit wine」または「使用している果物名+wine」は除く。
  2. ぶどうの絵図。ただし、ぶどうの絵図とともに、使用しているほかの果物の絵図を同じサイズで近い位置に配置した絵図は除く。
  3. ぶどうの種類または品種に関する文言。ただし、ぶどうの種類または品種の文言とともに、使用しているほかの果物についての文言を同じ文字サイズで近い場所に配置している場合は除く。
  4. ぶどうの原産地の文言または絵図。ただし、ぶどうの原産地の文言とともに、使用しているほかの果物の成分を含むとの文言を同じ文字サイズで近い場所に配置している場合は除く。
また、アルコール飲料規制法に基づき、ラベルおよび容器上に、品質に関する誇張など消費者にとって不公平となる文言やアルコール飲料の消費を促す文言などの使用が禁止されています。

7. その他

調査時点:2019年7月

なし

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

  1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. アジア
  4. タイ
  5. 日本からの輸出に関する制度
  6. アルコール飲料の輸入規制、輸入手続き

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。