日本からの輸出に関する制度

水産物の輸入規制、輸入手続き

品目の定義

本ページで定義する水産物のHSコード

030191~030299
:魚(生鮮・冷蔵品)
030311~030399
:魚(冷凍品)
030431~030499
:魚のフィレ、その他の魚肉(生鮮・冷蔵・冷凍品)
030510~030579
:魚(乾燥・塩蔵・塩水漬け)、くん製した魚、魚の粉、ミールおよびペレット(食用)
030611~030699
:甲殻類(活魚・生鮮・冷蔵・冷凍・乾燥・塩蔵・塩水漬け)、くん製した甲殻類、蒸気または水煮による調理をした殻付きの甲殻類、甲殻類の粉、ミールおよびペレット(食用)
030711~030799
:貝類・軟体動物(活魚・生鮮・冷蔵・冷凍・乾燥・塩蔵・塩水漬け)、くん製した軟体動物、蒸気または水煮による調理をした殻付きの軟体動物、軟体動物の粉、ミールおよびペレット(食用)
030811~030890
:貝類・軟体動物以外の水生無脊椎動物(活魚・生鮮・冷蔵・冷凍・乾燥・塩蔵・清水漬け)、くん製した貝類・軟体動物以外の水生無脊椎動物、粉、ミールおよびペレット(食用)
041000
:イカ墨
160411~160419
:気密容器入りの魚(缶詰・瓶詰など)
160420
:魚肉かまぼこ・練り製品
160431
:キャビア(缶詰・調製品)
160510~160569
:甲殻類、軟体動物およびその他の水棲無脊椎動物(調製しまたは保存に適する処理をしたものに限る。)

2019年4月1日より、農食品・獣医庁(AVA)が解体され、シンガポール食品庁(SFA)が新設されたことで、AVAが所管していた輸入食品および動植物の管理・検疫業務が三つの組織へ分割移管されました。食品関連はSFAが、非食品関連は国立公園局(NParks)の管轄となり、非食品のうち動物・家畜部門はNParks内の組織である、動物・獣医サービス(AVS)が担当となっています。

輸入食品の品質・安全管理を所管するシンガポール食品庁(SFA)は、輸入管理品目である食品のHSコードをさらに細かく分類したSFA独自の商品コードを規定しており、輸入者は輸入許可申告の際に、HSコードとともにこの商品コードをシンガポール税関およびSFAに申告することが求められます。