外資に関する奨励

最終更新日:2018年09月03日

奨励業種

2007年法律第25号投資法にて、奨励条件を規定。

新投資法

インドネシア政府は、2007年4月に投資法を制定し、次の条件を一つでも満たす事業を奨励する目的で、各種便宜を供与すると定めた。〔2007年4月26日付法律第25号第18条(3)項〕

  1. 多くの労働者を雇い入れる。
  2. 高い優先分野に含まれる。
  3. インフラ開発を含む。
  4. 技術移転を実施する。
  5. 先駆的な事業を実施する。
  6. 辺境地、後進地、境界地域またはその他必要とみなされる地域への投資。
  7. 自然環境保護の維持を行う。
  8. 研究開発、革新活動を行う。
  9. 零細・中小企業または協同組合とパートナーシップを締結する。
  10. 国産の資本財、機械または設備を利用。

各種優遇措置

特定の投資に対する法人所得税一時免税(タックスホリデー)、特定業種・地域への投資に対する法人所得税便宜(タックスアローワンス)、保税区内の優遇措置、税制上の優遇措置に関する変更、自由貿易地域および自由貿易港、経済統合開発地域(KAPET)に所在する企業に対する優遇措置、経済特区

その他

特になし

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。