日本からの輸出に関する制度

鶏肉の輸入規制、輸入手続き

香港の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2017年1月

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、日本から輸入される5県(福島、茨城、栃木、群馬、千葉)の食品のうち、食肉については、放射性物質検査を行い、香港の放射性物質の基準に適合していることを証明する政府機関発行の証明書が必要です。

また、高病原性鳥インフルエンザの発生により、青森県、新潟県、北海道、宮崎県、熊本県、岐阜県、佐賀県、宮城県、千葉県の家きん肉のうち、一定期間に生産・処理されたものは輸出できません。詳細は動物検疫所のウェブサイト「家きんの畜産物の輸出」を確認してください。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2017年1月

冷凍またはチルドの鶏肉(食用肉類)を輸入するためには「輸入猟獲物、肉類、家禽及び卵規則」(Cap.132AK Imported Game, Meet, Poultry And Eggs Regulations)によって、事前に香港食物環境衛生署 (FEHD)から輸入ライセンスを取得する必要があります。また、このライセンスは香港食品安全センター(CFS)に登録した輸入業者のみ発行されます。冷凍またはチルドの食用肉類を輸入したい業者はまずCFSに企業登録する必要があります。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2017年1月

日本から香港に鶏肉を輸出する場合、動物検疫所が発行する「輸出検疫証明書」の添付が必要です。香港側での輸入検疫はありません。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。