輸出入手続

最終更新日:2019年09月18日

輸出入許可申請

輸出入許可申請には、事前に商業登記番号が必要。
特定の品目については、ライセンスや事前申告が必要。2015年5月から輸出入手続きが電子化。一般の輸入申請、輸入ライセンス申請、輸出ライセンス申請は、オンライン申請窓口「PortNet」を利用する。

商工業・投資・デジタル経済省

オンライン申請窓口:PortNet外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

輸入

輸入禁止品目、および輸入ライセンス・事前輸入申告が必要な品目以外の輸入については自由。
火薬・爆薬、再生・中古タイヤ、古着、炭化水素のハロゲン派生製品、CFC(フロン類)の入った中古品、ハロゲン派生品を使った冷蔵設備、自動車のシャーシ、再生・中古タイヤを備えた車輪に関しては、輸入量制限がある。

  1. 申請前の手続き
    モロッコへの輸入に際しては、商業登記番号が必要となる。商業登記番号は、輸入業者の主要な事業所あるいは本社所在地の第一審裁判所から付与される。
  2. 一般の輸入申請

    輸入業者は、オンライン申請窓口「PortNet」を利用して利用者登録を行い、輸入契約(engagement d’importation)を作成、インボイス(単価(工場出荷価格、FOB、FASまたはFCA)、輸入量、輸入される品目の商品名、納入条件、原産国、支払条件を記入)を添付し、取引銀行に開設した口座を手形支払い先としてオンラインで指定する。手形支払い先の指定ができると、輸入契約は、為替局、貿易担当省、管轄の税関、輸入業者にオンラインで自動的に通知される。輸入契約の有効期間は、手形支払い先指定完了後から6カ月。
    代金支払いを伴わない輸入には、輸入契約は不要。
    商業登記していない事業者、自然人・法人(農協、大学、大使館、観光客など)による輸出の際には、税関で商業登記番号に代わる番号が与えられる。これらは、すべてオンラインで可能。

  3. 輸入ライセンスが必要な品目の輸入申請

    輸入業者は、オンライン申請窓口「PortNet」を利用して利用者登録を行い、オンラインで取引先銀行の手形支払先を仮指定(Pré-domiciliation)する。輸入ライセンス(Licence d’importation)申請を作成し、インボイス(前記2.一般の輸入申請を参照)を添付して、オンラインで貿易担当省に提出する。同省からライセンス付与の可否が通知される。ライセンスが下りると、輸入業者の取引銀行において手形支払い先が指定(domiciliation)され、輸入ライセンスが為替局、貿易省、管轄の税関にオンラインで自動的に通知される。輸入ライセンスの有効期間は、貿易担当省の査証発行日から6カ月。これらは、すべてオンラインで可能。

  4. 事前輸入申告が必要な品目の輸入申請

    貿易に関わる法律第13-89号とその適用法に基づき、国内産業に大きな損害を与える可能性がある品目の輸入には、事前輸入申告が必要となる場合がある。大量輸入、輸出国で補助金を受けている品目の輸入、ダンピングに相当する価格で輸入される品目などに対して、追加関税や輸入量制限(contingent)を導入するかどうかを審査する間(通常9カ月~18カ月の間)に当該品目に対して申告が義務化されている。申告は、輸入量制限や輸入許可を課すことではなく、実際の輸入者、量、輸入元、価格などの詳細なデータを取ることを目的としている。
    一方でオンライン申請窓口「PortNet」が導入され、自動的に当該品目の輸入に関するデータが収集・分析できるようになってから、事前輸入申告は実質的に必要なくなり、制度としては形骸化している。

  5. 免税の対象となる品目の輸入申請

    自由貿易協定/関税・貿易協定の枠内で、輸入は自由であるが(ライセンスの対象とならないが)輸入量割当の対象となる品目に関しては、免税措置について書面での申請が必要となる。関税免除申請書(Demande de Franchise Douanière:DFD)4部を作成し、インボイス(前記2.一般の輸入申請を参照)4部とともに貿易担当省に提出する。関連省による見解を聴取した後、貿易担当省により免税査証付与の可否が通知される。免税許可の有効期間は、査証発行から最長で6カ月間。当局は免税の対象となる品目の輸入申請に関してもPortNetでの申請を進める意向だが、今のところまだ実用化されていない(2019年9月現在)。

  6. 輸入品の審査・検査
    1. 工業製品の規格順守証明(必要に応じて)および検査

      規格適用が義務付けられる工業製品の輸入には、産業担当省交付の規格順守証明(Attestation de conformité aux normes)の提出が必要な場合がある。規格適用が義務付けられる工業製品は、品質に関するサンプル検査の対象となることもある。対象品目リストについては、2019年4月29日付通達第5930-311号(CIRCULAIRE N° 5930 /311)を参照。

    2. 動物・動物性食品・水産品等の原産国の衛生証明

      生きた動物、動物性食品、動物由来の製品、水産品の輸入に際しては、原産国(あるいは通過国)による公式な衛生証明書が必要。また、保健衛生上の検査や輸入量の検査ができる港湾・空港でのみ、通関が可能。検査当局は食品安全衛生局(ONSSA)で検査費用は輸入者が負担する。食品の輸入に際して必要な検査・証明書発行の費用は食品安全衛生局(ONSSA)サイトのPDF"Liste et prix des services et prestations rendues aux tiers par l'ONSSA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(14.30MB)"で確認可能。

    3. 植物検疫

      1927年9月20日の王令(Dahir)にて、一部植物の輸入に際しては、無条件かつ強制的に衛生検査が行われることが決められている。同王令は後年の王令や省令により改変され、現在の衛生検査対象の植物性品目のリストは税関・間接税規則第12編3章1節に掲載されている。植物保護当局による証明書の発行をもって、輸入が許可される。また、保健衛生上の検査や輸入量の検査ができる港湾・空港でのみ、通関が可能。

  7. 貨物申告書(Déclaration unique des marchandises:DUM)の作成・提出

    輸入品が到着すると、運送業者により、通関用システム「BADR」を通じて税関への簡易申告(déclaration sommaire)が行われる。輸入業者あるいはその代理人は、簡易申告から60日以内に、「BADR」を通じて詳細申告(déclaration en détail)を行う(2018年12月26日の通達N°5885/312をもって詳細申告は完全にペーパーレス化)。詳細申告では、インボイス、輸入契約関係書類、品目によって必要とされるその他の書類をオンラインで提出する。

輸出

輸出禁止品目と輸出ライセンスが必要な品目以外、輸出は自由。

  1. 輸出申請前の手続き

    モロッコからの輸出に際しては、商業登記番号が必要となる。商業登記番号は、輸出業者の主要な事業所もしくは本社がある場所の第一審裁判所から付与される。
    商業登記していない事業者、自然人・法人(農協、大学、大使館、観光客など)による輸出の際には、税関で商業登記番号に代わる番号が与えられる。
    手工業品を輸出するにあたっては、手工業担当省に手工業品輸出業者としての登録を申請しなければならない。

  2. 一般の輸出申請

    以前必要だった所定フォーム「為替契約・輸出ライセンス(Engagement de change, Licence d’exportation)」は廃止され、輸出ライセンスが必要な品目以外の一般的な輸出に関しては通関以外の手続きは必要なくなった。

  3. 輸出ライセンスが必要な品目の輸出申請

    輸出ライセンスが必要な品目については、1994年4月19日付貿易・外国投資・手工業省令第1308-94号のリスト2を参照。
    オンライン申請窓口「PortNet」の利用者登録を行い、輸出ライセンス申請を行う。申請内容が貿易担当省に送付され、関連省での検討を経て、オンラインでライセンス査証付与の可否が通知される。

  4. 原産地証明書の作成
    貿易・関税協定および自由貿易協定などによって免税の対象となる品目には、所定の書式を利用した原産地証明が必要となる。書式は輸出先によって異なる。
  5. 輸出品の検査・審査

    輸出品は、税関による検査の対象となる場合もある。
    植物由来の輸出品目(青果、加工果物・野菜、水産品、加工水産品、ワイン類、穀物、豆類、ナッツ類、薬草類)については、輸出先の国からの要請がある場合には、植物保護当局の検査官による植物検疫証明書が必要になる。動物性の輸出品目には、獣医学上の衛生保護検診が必要、また場合によっては食品輸出検査機関(EACCE外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)の技術検査証明書が必要となる。
    手工業品に関しては、手工業担当省が検査を担当し、査証を付与する。検査対象の手工業品は、包装に検査済みの査証が付与される(必要によって原産地も記載)。
    輸出用食品の製造・加工・包装を行う事業所は、EACCEの認可を得る必要がある。輸出にあたってEACCEの検査済みの査証が必要とされる食品については、税関・間接税規則第12編2章2節に掲載されている。

  6. 貨物申告書(DUM)の作成・提出
    輸出時にはDUMを作成し、通関用システム「BADR」を利用して詳細申告(déclaration en détail)を行う。詳細申告では、インボイス、輸出契約関係書類、品目によって必要とされるその他の書類をオンラインで提出する。

問い合わせ先:
商業保護・規制局(Ministère du commerce extérieur - direction de la politique des échanges commerciaux - division de la défense et de la réglementation commerciale外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
所在地:Parcelle 14, Business center, aile Nord bd Riad, Hay Riad. BP 610, Rabat Chellah, Maroc
Tel:212 (0)5 37 70 18 46

税関・間接税局(Administration des douanes et impôts indirects
所在地:Avenue Annkhil, Hay Riad, Rabat
Tel:212 (0)5 37 57 90 00
Fax:212 (0)537 71 78 14 (または15)

税関の地方局については「関税制度」の項を参照。

必要書類等

輸入には、輸入契約または輸入ライセンスの申請(オンライン申請)、輸出には、輸出ライセンス申請(オンライン申請)が必要。
その他必要書類としては、インボイス、貨物申告書(DUM、オンライン申請)、輸送証券・運送状、原産地証明(免税対象品目の場合)、包装明細書(パッキングリスト)、各種検査・認可証明書などがある。

査証

一部の輸出者、一部の輸出入品に関しては、査証が必要となる。

輸入品に関わる査証

輸入ライセンスと事前輸入申告の対象となる輸入業務には、貿易担当省の査証が必要。

輸出品に関わる査証

輸出ライセンスの対象となる輸出業務には、貿易担当省の査証が必要。
手工業品の輸出には、手工業担当省による品質査証も必要。

代価のない輸出に関しては、基本的には為替局の事前許可が必要となるが、次の場合は事前許可の必要はない。

  • 価格が1万ディルハム以下の製品を代価なしで輸出する場合
  • 価格が2万ディルハム以下のサンプルを代価なしで輸出する場合
  • 不良品の欠損部品や不良品の代替品を輸出する場合
  • 発注に適応していない製品や不良品の返品を輸出する場合

事前許可の必要がないケースは税関・間接税規則第7編2章2節(Titre 7, Chapitre 2, Section2外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)に列挙される。

その他

特になし。

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。