1. サイトトップ
  2. 出版物
  3. アジア

デジタル化がつなぐ国際経済

世界全体と主要国・地域の経済・貿易・直接投資動向を豊富なデータを用いて解説。
「第1部 総論編」は、急速に進む「デジタル化」をキーワードに、「貿易」「直接投資」「通商ルール」それぞれの切り口からの注目点を各章でまとめている。第Ⅰ章で「世界と日本の貿易」、第Ⅱ章で「世界と日本の直接投資」について、2017年以降の貿易と直接投資の動向と特徴を最新データを踏まえて分析、第Ⅲ章「世界の通商ルール形成の動向」ではFTAを中心とした通商政策の最新動向などを概説する。
「第2部 国・地域別編」は、60カ国・地域の経済、貿易・投資動向について、現地統計を基に分析する。


ジェトロ 編
発行日:2018年10月31日
価格(税込):3,132円

深化するASEAN・中国の分業構造

地域経済統合が進むASEAN。日本企業のASEAN向けの直接投資額は2013年から3年連続で3兆円を超す。東アジアでの事業展開はどうあるべきか?二部構成の本書は、総論編でASEAN主要国に中国を加えた東アジア地域の貿易構造を考察し、深化する国際分業構造を検証する。続く各国編ではASEAN各国の貿易動向と産業を分析し、産業育成の課題と将来を展望する。同地域に関わるビジネスパーソンや政府関係者にとり、海外事業計画や政策決定に有用な情報を得られる一冊。


池部 亮・藤江 秀樹 編著
発行日:2016年09月28日
価格(税込):3,024円

ナレンドラ・モディ・インド人民党政権の成立
インドでは2014年の総選挙で国民会議派の与党連合が大敗し、ナレンドラ・モディが率いるインド人民党連合が政権に就いた。与党大敗の原因を探り、新政権の行方を展望する。
近藤則夫 編
発行日:2015年03月10日
価格(税込):2,160円

拡張、不安定と管理メカニズム
都市化に伴う利害の衝突がいかに解決されるかは,その都市または国の政治のあり方に大きく影響する。本書は,中国の都市化過程で,異なる利害がどのように衝突し,問題がいかに解決されるのかを政治学と社会学のアプローチで考察したものである。
天児 慧・任 哲 編
発行日:2015年03月12日
価格(税込):2,376円

アイディア・言説の視点から
新興諸国等において貧困緩和政策として新たな現金給付政策が重要性を増している。本書では、アイディアや言説的要因に注目して新たな政策の形成過程を分析している。
宇佐見耕一・牧野久美子
発行日:2015年03月05日
価格(税込):3,132円

機能と影響に関する実証分析
中国で強大な権限を有する国家発展改革委員会。市場経済化とともに変容する機能や影響を制度の分析とケーススタディーを通じて明らかにする。
佐々木智弘 編
発行日:2015年02月20日
価格(税込):2,052円

資源・環境政策の形成過程
後発の公共政策である資源・環境政策の後発国での形成を「二つの後発性」と捉え、東・東南アジア諸国と先進国を事例に「後発性」が政策形成過程に与える影響を考察する。
寺尾忠能編
発行日:2015年02月23日
価格(税込):2,916円

インクルーシブ教育実現の課題
アジア7カ国の障害者教育法制に焦点を当て、障害者権利条約が謳っている教育の権利、差別の禁止、インクルーシブ教育の実現に向けての各国の実態と課題を考察する。 
小林昌之 編
発行日:2015年02月05日
価格(税込):3,132円

「新・新興国」バングラデシュ。その成長の源泉は製造業にある。世界第2のアパレル以外にも芽吹き始めた医薬品、造船、ライト・エンジニアリング、食品、皮革、IT、小売等、各産業の現状と課題を分析する。
村山真弓・山形辰史編
発行日:2014年12月04日
価格(税込):5,832円

アジアは大きく変化しています。『アジア動向年報』は変動するアジアの動向を一次資料にもとづいて分析し、アジア情勢理解のために基礎的な資料と分析を広く社会に提供することを目的にするものです。
2014年版では、アジアの24の国・地域を網羅し、新聞、雑誌等の現地資料、現地調査にもとづき、2013年の動向を政治、経済、対外関係にわたって分析しております。また、各国・地域編に加え、「主要トピックス編」で、アジア・アメリカ関係、南沙問題、朝鮮半島の南北関係をとりあげ、アジア情勢の総合的な把握も行っております。

発行日:2014年05月30日
価格(税込):6,804円

送出国と受入国の共通基盤の構築に向けて
東アジアがASEANを中心に自由貿易協定で繋がる現在、労働力の需要と供給における相互依存が高まっている。東アジア各国の移民労働者に関する法制度・政策を分析し、経済統合における労働市場のあり方を問う。 
山田美和編
発行日:2014年03月28日
価格(税込):3,888円

高度経済成長期を迎え、ベトナムの農村も急速に変容しつつある。しかしそれは工業化にともなう農村経済の衰退という単純な図式ではない。ベトナム農業・農村経済の構造的変化を明らかにする。


坂田正三 編
発行日:2013年12月13日
価格(税込):3,132円

アジアでは国を跨がる国際分業が進化し、国際物流も変貌した。本書ではアジアにおける最大の輸送手段である海上輸送を検討し、中国・韓国・台湾の港湾の現状と課題を取り上げた。


池上 寛編
発行日:2013年11月26日
価格(税込):2,916円

その記録と教訓
タイの2011年洪水は日本にも大きな打撃を与えた。本書はこの自然災害を学際的な観点から概説する。洪水発生の原因や状況、タイの経済や社会への影響などを記録し、タイ政府が進める洪水対策について説明する。
玉田芳史・星川圭介・船津鶴代  編
発行日:2013年09月27日
価格(税込):2,052円

「調和」の次に来るもの
2012年秋の共産党大会、2013年春の全国人民代表大会を経て習近平政権が本格始動した。習政権は、直面する内外の課題を克服して中国を世界第2の大国に押し上げ得るのか。多面的に分析を試みる。



大西康雄編
発行日:2013年08月09日
価格(税込):1,620円

韓国からアフガニスタンにわたる24カ国・地域の2012年の動向を新聞・雑誌等の現地資料、現地調査に基づき、政治、経済、対外関係にわたって分析しております。各国・地域編に加え「主要トピックス」編で「アメリカとアジア―『アジア回帰』のなかでの政治変動」をとりあげアジア情勢の総合的な分析も行っております。


発行日:2013年05月28日
価格(税込):6,804円

何が中国の経済発展をもたらしたのか。
本書は中国の奇跡的発展を「政府の主導」ではなく,
「政府の退出」をキーワードとして説明する。
中国の発展は,政府が経済活動への関与をやめ,
民間が経済的自由を取り戻していった結果なのである。
中国経済の発展と課題をわかりやすく説いた中国経済入門書。

岡本信広
発行日:2013年03月06日
価格(税込):1,296円

1980年代末同時期に経済改革・開放を始めたミャンマーとベトナム。両国の経済発展経路を大きく分けることになった移行戦略を金融,輸入代替・輸出志向工業,農業を例に比較・考察する。
久保公二編
発行日:2013年03月19日
価格(税込):2,376円

政治制度に焦点を当てて各章で域内先進5カ国を比較した類例のない概説書。国ごとの差異を一貫した論理で説明する。政治学と各国研究の知見を接合して新たな地域観を提示。
中村正志編
発行日:2012年09月10日
価格(税込):2,052円

2012年台湾総統選挙の結果とその影響
台湾では2012年1月に総統選挙がおこなわれ、国民党の馬英九が民進党の蔡英文を破って再選を果たした。馬の再選はなぜ可能だったのか。台湾と中国の関係を軸に、政党の構造や戦略にも分析を加えながら読み解く。また、この選挙結果は東アジアの国際情勢にいかなる影響を与えるのか。台湾と中国およびアメリカとの関係を中心に展望する。
小笠原劤幸・佐藤幸人編
発行日:2012年05月31日
価格(税込):1,296円

出版物についてのお問い合わせ先

ジェトロ出版物について

ジェトロ海外調査計画課

Tel:03-3582-3518
Fax:03-3582-5309
E-mail:books@jetro.go.jp

アジア経済研究所出版物について

アジア経済研究所出版企画編集課
Tel:043-299-9735
Fax:043-299-9736