【特集】アジア・オセアニアの新興都市

特集「アジア・オセアニアの新興都市」では、独自の発展を遂げつつもまだまだ日本では知られていないアジア、オセアニア地域の都市にフォーカスを当て、日本企業のビジネスチャンスを探ります。 特別リポート「プーチン流政策輸入代替の功罪」では、対ロシア制裁による経済打撃に苦しむ一方、国内産業の多様化に着手しようとするプーチン大統領の経済政策を解説します。さらに、地方創生を図る佐賀県と有田焼企業の海外への挑戦を11月、12月号の2回に分けてお伝えします。その他、コートジボワール・アビジャン、ナイジェリア・ラゴスの物価情報(物価ウオッチング)、米国・サンフランシスコの生活(国柄・土地柄・暮らしぶり)、兵庫県の企業の海外進出の歩みをご紹介します。


ジェトロ 編
発行日:2016年10月15日
価格(税込):1,015円

【特集】覚醒! メコン つながる・作る・売る

アジア最後のフロンティアとして注目を集めるメコン地域。域内諸国間の物理的、制度的な「つながり」の強まり
が新たな商機を提供する。域内人口2 億人超の有望な潜在市場と低廉な労働力を持つことも魅力だ。メコン5 カ国に
進出する日本企業の数は年間300 社のペースで拡大している。しかし、それら地域で企業が活動を本格化させるに
つれ、人材や産業インフラ、物流、また企業活動を支える法令面での課題も明らかになってきた。製造拠点として、
また市場としてメコンはどこへ向かうのか。
本特集では覚醒への助走期を迎えたメコンを語る上でのキーワード「つながる」「作る」「売る」に着目し、この地
域の今を総点検し将来の展望を試みる。

本特集は、国際ビジネス情報番組『世界は今』でも取り上げており、ポイントを映像でご覧いただけます。


ジェトロ 編
発行日:2015年08月15日
価格(税込):1,015円


ASEAN・南西アジアの最新ビジネス投資環境を知るのに最適な一冊。生産拠点としてだけでなく、消費市場としても注目されるASEAN諸国。中東・アフリカ展開を見据えた進出先としても注目されるインドなど南西アジア。これら13カ国に進出している日系企業に対してジェトロが行ったアンケート調査をもとに、投資上のメリットと注意点をまとめた。

※デジタル版もあります。
若松 勇・小島 英太郎 編著
発行日:2014年07月28日
価格(税込):2,700円


ラオス計画投資省顧問として投資環境の改善に取り組み、労働勲章勲三等を授与された、ラオス研究の第一人者である鈴木基義教授による書下ろし。基礎データだけでなく、ラオスの政府関係者とともに投資促進に尽力したなかでの深掘りした情報が満載。
鈴木基義 著
発行日:2009年03月23日
価格(税込):1,728円

理想と現実
本書では、1986年の「チンタナカーン・マイ」(新思考)を再検討したうえで、社会主義の「理想」と国民国家建設の「現実」との間で試行錯誤する現在のラオスの姿を描いている。
山田紀彦 編
発行日:2011年10月27日
価格(税込):4,860円

出版物についてのお問い合わせ先

ジェトロ出版物について

ジェトロ海外調査計画課

Tel:03-3582-3518
Fax:03-3582-5309
E-mail:books@jetro.go.jp

アジア経済研究所出版物について

アジア経済研究所出版企画編集課
Tel:043-299-9735
Fax:043-299-9736