【特集】アジア・オセアニアの新興都市

特集「アジア・オセアニアの新興都市」では、独自の発展を遂げつつもまだまだ日本では知られていないアジア、オセアニア地域の都市にフォーカスを当て、日本企業のビジネスチャンスを探ります。 特別リポート「プーチン流政策輸入代替の功罪」では、対ロシア制裁による経済打撃に苦しむ一方、国内産業の多様化に着手しようとするプーチン大統領の経済政策を解説します。さらに、地方創生を図る佐賀県と有田焼企業の海外への挑戦を11月、12月号の2回に分けてお伝えします。その他、コートジボワール・アビジャン、ナイジェリア・ラゴスの物価情報(物価ウオッチング)、米国・サンフランシスコの生活(国柄・土地柄・暮らしぶり)、兵庫県の企業の海外進出の歩みをご紹介します。


ジェトロ 編
発行日:2016年10月15日
価格(税込):1,015円

【特集】南西アジア ここから世界に羽ばたけ

特集「南西アジア ここから世界に羽ばたけ」では、南西アジアのインド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカの4カ国を取り上げます。内需ばかり注目されがちな同地域が持つ、欧州、アフリカなどへの輸出拠点としての魅力や可能性を展望します。特別リポート「アフリカの商機を探る-TICAD VIを前に-」では、TICAD VI(第6回アフリカ開発会議)が8月にアフリカで開催されるのを機に、同地域の可能性や課題、日本企業の取り組み、第三国による対アフリカ戦略などにつき解説します。その他、インドのシリコンバレーと呼ばれるインド・ベンガルールの生活、カナダ・トロント、米国・アトランタの物価情報、鹿児島と世界をつなぐ地域密着型商社の取り組みをご紹介します。


ジェトロ 編
発行日:2016年08月15日
価格(税込):1,015円


「新・新興国」バングラデシュ。その成長の源泉は製造業にある。世界第2のアパレル以外にも芽吹き始めた医薬品、造船、ライト・エンジニアリング、食品、皮革、IT、小売等、各産業の現状と課題を分析する。
村山真弓・山形辰史編
発行日:2014年12月04日
価格(税込):5,832円


ASEAN・南西アジアの最新ビジネス投資環境を知るのに最適な一冊。生産拠点としてだけでなく、消費市場としても注目されるASEAN諸国。中東・アフリカ展開を見据えた進出先としても注目されるインドなど南西アジア。これら13カ国に進出している日系企業に対してジェトロが行ったアンケート調査をもとに、投資上のメリットと注意点をまとめた。

※デジタル版もあります。
若松 勇・小島 英太郎 編著
発行日:2014年07月28日
価格(税込):2,700円


アジアは大きく変化しています。『アジア動向年報』は変動するアジアの動向を一次資料にもとづいて分析し、アジア情勢理解のために基礎的な資料と分析を広く社会に提供することを目的にするものです。
2014年版では、アジアの24の国・地域を網羅し、新聞、雑誌等の現地資料、現地調査にもとづき、2013年の動向を政治、経済、対外関係にわたって分析しております。また、各国・地域編に加え、「主要トピックス編」で、アジア・アメリカ関係、南沙問題、朝鮮半島の南北関係をとりあげ、アジア情勢の総合的な把握も行っております。

発行日:2014年05月30日
価格(税込):6,804円

【特集】 ASEAN・南西アジアのビジネス環境 -企業が直面する課題は-
日本企業のビジネス展開先として、ASEAN 地域への関心がかつてなく高まっている。消費市場の拡大、経済統合やインフラ整備の進展などにより、魅力度が大幅にアップしたホットスポットとなっている。ASEAN から西のインドを中心とした南西アジア地域も潜在力ある市場としてますます注目を集める。しかし、その一方で、新興国ゆえのビジネス環境は変化しており、進出時あるいは進出後に思わぬトラブルに巻き込まれるケースも少なくない。本特集では現地調査によって浮かび上がった、ASEAN、南西アジア主要13ヵ国におけるビジネスチャンスとリスクの実態に迫る。
ジェトロ
発行日:2014年06月15日
価格(税込):1,015円


韓国からアフガニスタンにわたる24カ国・地域の2012年の動向を新聞・雑誌等の現地資料、現地調査に基づき、政治、経済、対外関係にわたって分析しております。各国・地域編に加え「主要トピックス」編で「アメリカとアジア―『アジア回帰』のなかでの政治変動」をとりあげアジア情勢の総合的な分析も行っております。


発行日:2013年05月28日
価格(税込):6,804円


新たな投資先として注目されるCLM(カンボジア、ラオス、ミャンマー)、南西アジア(バングラデシュ、パキスタン、スリランカ)の投資環境や制度を、一覧表により横断比較。6カ国の投資規制や金融関連制度、税制などの整備状況に加え、その運用実態についても、ケーススタディーを交えながら紹介する。
ジェトロ 編
発行日:2013年04月24日
価格(税込):2,700円

【特集】 2012年総決算 世界のFTAは今 アジアに向かうFTAネットワーク
本特集では、各地域のFTAのトレンドを総検証する。欧米を含めて世界のFTAネットワークがアジア太平洋に向かう潮流を捉えるとともに、普段あまり取り上げられない地域の動向をも盛り込んだ。コラムではFTAを有効に機能させるビジネス環境整備小委員会の実例(ベトナム)や投資協定、原産地規則、日本のFTA利用率向上のヒントについても取り上げた。
ジェトロ
発行日:2012年11月15日
価格(税込):1,015円

【特集】 BOPビジネス 鍵はパートナーにあり
世界の貧困層の生活改善事業に積極的に取り組む日本や欧州の企業は、多様な関係者とどのようなパートナーシップを構築しビジネス化を目指しているのか。企業のパートナーとなるNGOや財団、援助機関は何を求め、どのように事業を行っているのか。今回は、「パートナーシップ」に焦点を当てた。


発行日:2012年07月15日
価格(税込):1,015円


本書はアジアの動向を一次資料にもとづいて分析し、アジア情勢理解のために基礎的な資料と分析を広く社会に提供することを目的とする。2012年版では、アジアの24の国・地域を網羅し、新聞、雑誌等の現地資料、現地調査にもとづき、2011年の動向を政治、経済、対外関係にわたって分析している。

発行日:2012年05月25日
価格(税込):6,804円

明日の市場を探る
アジアの消費市場を産業別に見た成長市場(通信機器・通信サービス、自動車、サービス業)、拡大が予想される主要国の消費市場(中国・農村市場、韓国・高齢者市場など)、BOP市場の開拓事例(インド、バングラデシュ、ベトナム)の3つの視点で解説。
大木博巳 編著
発行日:2011年01月17日
価格(税込):2,592円

【特集】 新生ブラジル ルセフ政権で脱皮できるか
持続的経済成長に向け新政権が取り組むべき課題を取り上げる。レアル高やさまざまな高コスト体質が重荷となっている「産業競争力」に焦点を当て、輸入品との競合や政府、産業サイドの対応状況、日本企業のビジネス機会の可能性を探った。以下、インフラ整備、ローンバブルが懸念される消費市場、資源・エネルギー開発と環境保護の両立、通商政策などのテーマで現状を分析した。
ジェトロ(日本貿易振興機構)
発行日:2011年11月15日
価格(税込):1,015円

【特集 保存版】アジア発!世界のFTAネットワーク
ASEAN域内の関税撤廃(無税化)はアジア全域の貿易自由化を促すだけにとどまらない。米欧などとのFTAと呼応して世界大のFTA網形成への一歩となり得る。
アジア域内外、両ベクトルでのネットワーク構築への一大潮流はビジネス環境をどう変えるのか。徹底検証する。
ジェトロ(日本貿易振興機構)
発行日:2010年05月15日
価格(税込):1,015円

出版物についてのお問い合わせ先

ジェトロ出版物について

ジェトロ海外調査計画課

Tel:03-3582-3518
Fax:03-3582-5309
E-mail:books@jetro.go.jp

アジア経済研究所出版物について

アジア経済研究所出版企画編集課
Tel:043-299-9735
Fax:043-299-9736