外資系企業動向

駐車場のデータプラットフォームを開発・提供する英国企業・Parkopediaが東京都に日本法人を設立

2021年04月02日

Parkopedia(パーコペディア)社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは2007年に設立され、英国ロンドンに本社を持つ。同社は「パーキングサービスプロバイダー」であり、目的地に最も近く、最も安い駐車場を検索し、料金や予約状況を見ることができる。消費者は駐車場に着く前後の好きなタイミングでカーナビを通じて支払いを行い、駐車場に直接移動することが可能。同社の駐車場サービスはApple Mapsに導入されているほか、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲングループのドライバーがすでに利用している。世界89ヵ国15,000都市で利用可能で、7,000万台以上の駐車場をカバー済み。

設立年月
2021/01
進出先
東京都

  • ICT
  • サービス
  • 英国

トヨタ、ホンダ、マツダ、スバル等の日本の主要OEMブランドがすでに世界各地でParkopediaと提携していることから、同社の日本における自動車事業の持続的な成長のため、2021年1月にパーコペディアジャパン株式会社を東京に設立した。駐車場探しから駐車までの一連の流れを円滑に進めたいというドライバーの需要の高まりに対応するため、日本向けの駐車場データ収集チームを社内に導入し、日本市場で高品質・高精度のデータを提供する。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、コンサルテーション(労務)を提供した。

カーナビ画面の表示例


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信