外資系企業動向

ドイツの爆発保護及び圧力開放の製品メーカー、REMBE® GmbH Safety + Controlが神奈川県に日本法人を設立

2021年03月17日

REMBE® GmbH Safety + Control外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(以下REMBE®)は1973年にドイツ中西部の街ブリーロンにて設立された。ラプチャーディスク(破裂板)をはじめとする爆発保護および圧力解放のための製品を開発・製造している。同社の製品は全てドイツで製造され、国際的な規制条件を満たす。顧客は石油、ガス、食品、木材、化学、製薬など幅広い業界にあり、あらゆる種類のプラントや設備に対して製品提供が可能であるほか、それを補完するコンサルティングやエンジニアリングのサービスも提供している。

これまで代理店を通して日本の顧客に製品を届けてきたが、日本市場での存在価値を高めるために、2020年10月に神奈川県・横浜市にアジアで3番目となる子会社、REMBE株式会社を設立した。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、コンサルテーション(登記、ビザ、税務、労務)や市場情報の提供、サービスプロバイダー(税理士)の紹介、PR支援を行った。

設立年月
2020/10
進出先
神奈川県

  • その他
  • ドイツ

IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信