外資系企業動向

スウェーデンに本拠を置くフロープレートの世界的サプライヤー、Cell Impact ABが東京都に日本法人を設立

2021年04月22日

Cell Impact AB外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは1999年に設立され、スウェーデンに本社を置く先進的なフロープレート(※)を燃料電池メーカーに提供する世界的なサプライヤー。同社は、特許取得済みの独自の高速成形法であるCell Impact Forming™を開発した。これにより、従来と比較して、より高度なデザインのフロープレートを製造することが可能となり、コストとエネルギー効率に優れた燃料電池の発展に寄与している。

設立年月
2021/02
進出先
東京都

  • 環境・エネルギー
  • 機械・半導体
  • スウェーデン

同社は2021年2月に東京にセルインパクトジャパン株式会社を設立。これは、日本政府による2050年までのカーボンニュートラル宣言の結果、日本の大規模な自動車産業の中でますますの高度な技術革新が行われ、190億ドルを超える水素技術への投資が加速する近い将来に向けて、同社の日本でのプレゼンスを確保するためである。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、コンサルテーション(登記、税務、労務)、市場情報の提供、サービスプロバイダー(行政書士、税理士、不動産会社)の紹介、PR支援、地方自治体(山梨県、福島県)との面談アレンジ、テンポラリーオフィスの貸与を行った。

  1. フロープレート:燃料電池の各セルの間に挟んで,燃料ガスや空気を遮断する役割を果たす板状の部品。各セルに対し、ガスが流れる流路を作りこんで,燃料ガスや空気を送り込む機能を担う。

フロープレート


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)

この情報はお役にたちましたか?

送信